Page:Textbook of Japanese History for Elementary School on 1943 vol 2.pdf/84

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページはまだ校正されていません


大義を說いて幕府を非難し、重い刑罰に處せられました。しかし、ひとたびもえあがつた火は、幕府の力でおさへきることができないのです。やがて光格天皇の御代には、高山彥九郞・蒲生君平が出て、ともに、その一生を尊王の大事にささげました。

彥九郞が御所を伏し拜む
彥九郞が御所を伏し拜む

彥九郞は、上野にうまれ、十三歲の時、太平記を讀んで、尊王の熱意にもえたちました。大きくなるにつれて、忠誠の心はいよいよ深く、諸國をまはつて、大義名分を說きました。途中京都を通る時は、かならず