Page:Textbook of Japanese History for Elementary School on 1943 vol 2.pdf/24

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページはまだ校正されていません


した。また、工夫をこらした催しを、次から次へとお目にかけて、お慰め申しあげました。

そののちも、秀吉は皇居を御增築申しあげ、都の町なみをもよく整へましたので、朝廷の御有樣も、京都のやうすも、見違へるほど、りつぱになりました。

やがて天正十八年、軍を關東へ進めて北條氏を平げ、奧羽の伊達氏らも、秀吉の威風になびいて、こころよく從ひました。ここに、全