Page:Textbook of Japanese History for Elementary School on 1943 vol 1.pdf/36

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページは校正済みです


二百年の間、三十數回も使節を送つて來ました。その使節の一行は、今のポシエット灣またはせいしん附近から、つるがへ向かふ航路を取り、日本海の荒波をしのいで來たのであります。朝廷では、いつも使節をあつくおもてなしになり、またわが國からも、たふれいの使節をおつかはしになりました。

このやうに、奈良の御代御代には、東亞の國々がしたしく交つて、きようえいの喜びを分つてゐました。しかし、わが國は、その間でも、決して國のまもりをおろそかにしなかつたのです。

喜び勇んで

喜び勇んで

都や地方の役人たちは、御代の榮えをことほぎながらも、いつたん事があれば、いつさいを捨てて、大君のために死ぬ覺悟をきめてゐました。大伴氏・さへき氏のやうに「海行かばづくかばね、山行かば草むす屍、大君のへにこそ死なめ。」と、世々にいひ傳へいひ續けて來た武人の家もありました。かうした氣持は、ただに文武の役人だけでなく、國民全體の心でありました。

つくしの防備に當る兵卒の防人にも、忠義の心は滿ちあふれてゐました。かれらは、生まれ故鄕の東國から、父母に分れ妻や子を置いて、はるばる筑紫へくだつて行きました。二度と歸らぬ覺悟をきめ、大君のために、喜び勇んで旅立つたかれらは、來る日も來る日