Page:Kyoosantoo-Sengen.pdf/94

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページは検証済みです

であつた。しかるにブルジョアジーが產業的および政治的支配權を握れば、一方には資󠄄本の集中のために、一方には革命的プロレタリヤの發生のために、この階級が確かに沒落する恐れがあつた。そこで『眞󠄃正社󠄃會主義』は、彼らにとつて一石二鳥を仆すもののごとく見えた。從つてそれが流行病のやうに蔓延󠄅した。

 更󠄃にこのドイツ社󠄃會主義は、空󠄃想の蜘蛛の網で織󠄂られ、修辭の花で緣を取られ、濃やかな感情󠄃の露に浸された、浮󠄃世ばなれのした衣の中に、その哀れげな『永久の眞󠄃理』を包󠄃んだので、右の人々の間におけるこの商品の賣れ行きは、いよいよ盛んなものになつた。

 かくてドイツ社󠄃會主義は、次󠄄第々々に、この特許市民階級の立派󠄄な代表者として、自己の使命を認󠄃識󠄂した。

 彼らはドイツ國民をもつて模範的國民となし、ドイツの小市民をもつて模範