Page:Kyoosantoo-Sengen.pdf/68

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページは検証済みです

ただその獲得によつて、他の勞働を屈服させる、その力を奪ふのである。

 ある者󠄃󠄃は反對していふ。私有財產が廢絕されるなら、それとともに一切の活動が廢絕され、從つて一般的怠惰に陷るであらう、と。

 もしさうとするなら、ブルジョア社󠄃󠄃會は疾くの昔、怠惰のために滅亡󠄃󠄃してゐるはずである。ブルジョア社󠄃󠄃會では、働く者󠄃󠄃は儲からないし、儲ける者󠄃󠄃は働かないではないか。だからこの反對論は結局、資󠄄󠄄本がなくなれば賃銀勞働がなくなるといふ、分󠄃󠄃りきつた重複語を、別の意味で使つたに過󠄃󠄃ぎない。

 物質的產物に對する、共產主義的の獲得方法および生產方法に向けられたすべての攻擊は、更に精󠄃󠄃神󠄃󠄃的產物の獲得および生產にまで延長されてゐる。階級的財產の廢絕が、ブルジョアにとつて、生產そのものの廢絕であるのと同じく、階級的文化の廢絕は、彼らにとつて一般文化の廢絕と同意義である。

 彼らがしかくその消󠄃󠄃滅を悲󠄃󠄃しんでゐる、その文化なるものは、大々多數の人