Page:Kyoosantoo-Sengen.pdf/17

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページは検証済みです

民主主義文󠄃庫』の中に、一つの新しいデンマーク譯がある。一八八六年、パリの『社󠄃會主義者󠄃』にまた一つ新しいフランス譯が出た。そのフランス譯からしてスペイン譯がつくられ、一八八六年マドリッドで出版された。ドイツにおける飜刻󠄂は數へきれないほどで、少くとも十二種はあつた。アルメニヤ譯は數月前、コンスタンチノープルで出版されるはずであつたが、發行者󠄃はマルクスの名を冠した書籍を出すことを恐󠄃れ、譯者󠄃はまたそれを自分の著󠄃述󠄃とすることを拒んだので、たうとう世に出ることが出來なかつたといふ。以上のほか、更󠄃に他の國語に譯されたものもあると聞いてゐるが、私はまだ見たことがない。かくてこの『宣言』の歷史は、大體において、近世勞働運󠄃動の歷史を反映してゐる。そして今日においては、この『宣言』こそ疑ひもなく、あらゆる社󠄃會主義の文󠄃書中、最も廣く世に行はれた、最も國際的な產物であつて、シベリヤからカリフォルニヤまでの幾百萬の勞働者󠄃によつて承認された共通󠄃の綱領である。