Page:Kokkaron1905.djvu/73

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページは校正済みです


律が却て社會の指導者となり、之を導くこと少からず。例へば少年禁烟令の如き、戶籍上妾を認めざる如き、皆社會の指導者となり、其の弊風を打破せんとするに外ならず。又刑法に於て父母に對する罪は一切宥恕するなきが如きも消極的に孝の重んず可きを示す所以なり。凡そ此れ等の塲合に於ては法律が社會に一步を進むるなれども此の如きを實行するには適當の時期を撰ばざる可らず。社會が未だ此の法令を實行するに不適當なる時ならんか却て多くの弊害を伴生すベし。由是觀之。法令の實行は社會の人情を以て標準となす者なり。是れ實に根本原浬なりと