Page:Iki-no-Kozo.djvu/136

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページは検証済みです

さうして變位が餘り大に過󠄃ぐるときは下品の感を起󠄃させる。なほこの關係は勝󠄃絕より黃鐘を經て盤涉に至るときの黃鐘にも、平󠄃調󠄃より双調󠄃を經て黃鐘に至るときの双調󠄃にも現はれる。また平󠄃調󠄃より神󠄃仙を經て盤涉に至る旋律の下行運󠄃動にあつても、神󠄃仙の位置に同樣󠄂の關係が見られる。

 リズムに就て云へば、伴󠄃奏器󠄃樂がリズムを明示し、唄はそれによつてリズム性を保有するのであるが、わが國の音󠄃樂では多くの場合に於て唄のリズムと伴󠄃奏器󠄃樂のリズムとが一致せず、兩者󠄃間に多少の變位が存在するのである。長唄に於て「せりふ」に三絃を附したところでは兩者󠄃のリズムが一致してゐる。その他でも兩者󠄃のリズムの一致してゐる場合には、多くは單調󠄃を感