Page:Gunshoruiju27.djvu/149

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページは校正済みです


に淚を押拭て申されけるは。子細もしらぬ田舍夷共の左右なく參候て。らうぜき仕候けること返々不可思議に候。さて剩尊躰を是まで入まいらせ候條。其恐不少候。今度若無爲に令上洛候はゞ。最前に參上仕候て。生死の一大事を歎申べきの由。深心中に挾存ながら。此忿劇にさゝへられて。今に無其儀候つるに。不思議に御目にかゝり候事。しかるべき三寶の御はからひかと存候。就夫候ては。如何してか生死をばはなれ候べき。又如此の物沙汰に聊も私なく。理の儘にをこなひ候はば。罪にはなるまじきにて候やらんと云々。上人答給けるは。すこしきも理にたがひて振舞人は。後生までもなく。今生に頓て滅ならひ也。それは不申。たとひ正理の儘に行ひ給とも。分々の罪まぬかれぬ事は有べし。生死のたすけとならん事は。おもひよらぬ事也。山中にうそぶく僧侶すら。猶佛法の深理に不叶ば輪回暫免がたし。况や俗塵の堺に心を發して。雜念にほだされて。佛法といふ事をもしらずして。あかしくらさん人をや。世に大地獄といふものゝ現ずるは。唯其等の御樣なる人の墮てにへかへらん料にてこそ候へ。無常の殺鬼は弓箭にも不恐。刀杖にも不惶者也。只今とイても引づり奉てゆかむ時は。いかゞし給べき。げに生死をまぬかれんと思ひ給はゞ。暫く何事をも打捨て。まづ佛法といふことを信じて。その法を能々わきまへて後。せめては正路に政道をもをこなひ給はゞ。をのづから宜しき事も候べしと云々。泰時大に信仰の躰に住して。更におもひ入たる樣也。扨御輿用意して召せ奉りて。門の際まで自送出し奉ける。其後世聊靜りて。常に此山に參詣して法談申されけり。イ別行の歲義時朝臣逝去して彼イ