Page:Gunshoruiju18.djvu/525

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページは校正済みです


硯とりいでてかきつけてたてまつる歌。

 祈るそよわか思ふこと鳴海かたさしイひく汐も神のまに

 なるみかたわかの浦かさ隔てすはおなし心に神もうくらん

 みつ汐のさしてそきつる鳴海かた神やあはれとみるめ尋て

 雨風も神の心にまかすらんわか行さきのさはりあらすな

なるみのかたをすぐるに。しほひのほどなれば。さはりなくひがたを行。折しも濱千鳥いとおほくさきだちて行も。しるベがほなる心地して。

 濱千鳥啼てそさそふ世中に跡とめむとは思はさりしを

すみだ川のわたりにこそありと聞しかど。みやこどりといふ鳥のはしとあしとあかきは。此うらにもありけり。

 こととはむ觜と足とはあかさりし我こし夫かたの都鳥かも

二むら山をこえて行に。山も野もいととをくて。日もくれはてぬ。

 はると二村山を行過て猶すゑたとる野への夕やみ

八橋にとゞまらんといふ。くらさにはしもみえずなりぬ。

さゝかにのくもてあやうき八橋を夕くれかけて渡りかねぬる集

廿一日。八はしをいでて行に。いとよくはれたり。山もととをきはら野を分行。ひるつかたになりて。もみぢいとおほき山にむかひてゆく。風につれなき所々。くちばにそめかへてけり。ときは木どもゝ立まじりて。あをぢのにしきを見る心ちす。人にとへば宮ぢ山といふ。

 時雨けり染る千入のはては又紅葉の錦色かはるまて

此山までは昔みしこゝちするに。ころさへかはらねば。

 待けりな昔もこえし宮地山おなし時雨のめくりあふよを

山のすそ野にたけのある所に。かややの一みゆる。いかにしてなにのたよりに。かくてすむらんとみゆ。

 ぬしや誰山の裾野に宿しめてあたりさひしき竹の一村

日は入はてゝなを物のあやめも分ぬほどにわ