Page:Gunshoruiju18.djvu/339

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページは校正済みです


廿四日。講師むまのはなむけしにいでませり。ありとあるかみしもわらはまでゑひしれて。一文字をだにしらぬものしが。あしは十文字にふみてぞあそぶ。

廿五日。かみのたちより。よびにふみもてきたなり。よばれていたりて。日ひとひ夜ひとよ。ふかくあそぶやうにてあけにけり。

廿六日。なほかみのたちにてあるにイあるじしのゝしりて。郞等までに物かづけたり。からうた聲あげていひけり。やまとうた。あるじもまらうどもこと人もいひあへりけり。からうたはこれにえかゝず。やまとうた。あるじのかみのよめりける。

 都いてゝ君にあはんとこしものをこしかひもなく別ぬる哉

となんありければ。かへるさきのかみのよめりける。

 白砂のなみちを遠くゆきかひて我ににへきは誰ならなくに

こと人々のもありけれど。さかしきもなかるべし。とかくいひて。さきのかみいまのも。もろともにおりて。いまのあるじもさきのも。手とりかはして。ゑひごとにこゝろよげなることして。いてさイりにけり。

廿七日。おほつよりうらとをさしてさしてこぎいづ。かくあるうちに。京にてうまれたりしをんなこイくにイにてにはかにうせにしかば。このごろのいでたちいそぎをみれど。なにごともいはず。京へかへるに。をむなごのなきのみぞかなしびこふる。ある人々もえたへず。このあひだにある人のかきていだせるうた。

 都へと思ふもものゝ悲しきはかへらぬ人のあれはなりけり

またあるときには。

 ある物と忘れつゝ猶なき人をいつもとこふそ悲しかりける

といひけるあひだに。かこのさきといふところに。かみのはらから。またこと人これかれ。