Page:Gunshoruiju18.djvu/32

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページは校正済みです


 しくれかもなにゝぬれたる袂そと定めかねてそ我も詠むる

とて。まことや。

 紅葉はゝ夜はの時雨にあらしかし昨日山へをみたらましかは

と有けるを御覽して。

 そよやそよなとて山へをみさり劔けさは悔れと何のかひなし

とて。はしに。

 あらしとは思ふ物から紅葉はのちりや殘れるいさ尋ね見ん

とのたまはせたれは。

 移はぬ常盤の山も紅葉せはいさかしゆきてのととみむ

をこならんかたにそ侍らむとて。ひとひおはしましたりしに。さはることありて。聞えさせぬそと申しをおほしいてゝ。

 高瀨舟はや漕出よさはることさし歸りにしあしまわけたり

と聞えさせたるを。おほしわすれたるにや。

 山へには車にのりて行へきをたかせの舟はいかゝよるへき

とあれは。

 紅葉はのみにくる迄もちらさらは高瀨の舟のいかゝ焦れん

とて。その日も暮ぬ。おはしましたるに。こなたのふたかりたれは。れいのいとしのひてゐておはします。此ころは四十五日の御方たかへさせ給とて。御いとこの三位兼隆の家におはします。れいならぬ所にさへあれは。みくるしと聞ゆれと。しゐておはしまして。御車なから人もみぬくるまやとりに曳たてゝ入せ給ぬれは。おそろしう思ふに。人しつめてそおはしまして。御くるまにたてまつりて。よろつの事をのたまはせける。心えぬとのゐ人のおのこともそめくりありく。れいの右近のせうこのわらはなとそちかくさふらふ。あはれに物のおほさるゝまゝに。をろかなるさまは。過にし方さへくやしうおほしめさるゝもあなかちなり。あけぬれは。やかてゐておはしまして。人のおきぬさきにと急きかへらせ給。つとめて。

 ねぬるよのね覺の夢にならひてそ伏見の里をけさは起つる

御返し。