Page:EkiToJinsei.djvu/16

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページは検証済みです

のもある。夫から食物を解釋した者もあり戰を解釋したものもある、又物を贈る受るといふことを解釋したものもある又困難若くは逆境に處することを解釋したものもあり或は順境に處したことを書いたものもある。其他言はなくとも大槪想像が付くと思ふけれどもそういふ工合にヒユウマンライフの各方面を解釋した者と見ると六十四卦全体を考へても此の如き意味が出て來ることと思ふのである。夫であるから更に斯ういふやうに縮めて學理的にヒユウマンライフといふ者を分析する、其れが十になり或は二十になる。其處へ持て來て六十四卦を排列すると完全なる周易六十四卦の系統が立つと自分は考へた。ソコでスツカリ順序を直して分類したが其分類が果して精密であるかどうかは疑問である。分け方が必ずしも一致することが出來まいと思ふ。夫が一つ困る点である。も一つはそういふ學理的の分類の仕方で排列した處で、一卦が兩方に關係したのがある。此困難を許す