Page:Chiba-machi annai (Shinkichi Masujima, 1911).pdf/12

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページはまだ校正されていません

地誌

△位置廣滾 縣の中央部西隅千葉郡の中に在って西は袖ヶ浦一帶の海に面し、 東は都村に隣し更科を經、北部は都賀村に隣し馬渡を經て共に印幡郡に接して居り。東南は譽田村に隣し白井を經て山武郡に、南は蘇我野を經て生實濱野村 から市原郡に、西は檢見川町に接し津田沼を經て東葛飾郡に界して居る。而して廣滾は東西六里十八丁南北七里十五丁。面積は十八方里四十三丁を占めてゐる。

△市街 市街を大別して五つとし、中央部及び北部は都賀村東部は都村の境迄を總て大字千葉と云ひ、檢見川町に接して町の西北部に當る海邊の地を、大字登戸及び黒砂と云ひ、大橋の左右から南に向ひ蘇我町に迄走れる地を大字寒川 と云ひ、寒川の濱に平行した東方の丘地を大字千葉寺區と云ふ。中て登戸區は