Page:Bukyō shitisyo.pdf/21

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページは検証済みです

を屈する者は害を以てし、諸侯を役する者は業を以てし、諸侯をはしらしむる者は利を以てす。故に兵を用ふるの法、そのたらざるをたのむなかれ、吾が以て之れを待つ有るをたのめ。其の攻めざるを恃むなかれ、吾が以て攻むべからざる所あるを恃め。故に將に五あり、必死は殺すべし、必生はとりこにすべし、忿いかりすみやかなるは侮るべし、廉潔なるははづかしむべし、民を愛するはわづらはすべし。凡そ此の五つの者は將のあやまちなり、兵を用ふるのわざはひなり、軍をくつがへへし將を殺すは必ず五を以てす、察せずんばあるべからざるなり。


行軍第九

 孫子曰く、凡そ軍にをりて敵をるに、山を絕ち谷に依り、せいを視て高きにれ、たかきに戰うて登ることなかれ、是れ山にるの軍なり。水をてば必ず水に遠ざかれ。客、水をつて來るときは之れを水內に迎ふるなかれ、半ば渡らしめて之れを擊てば利あり。戰はんと欲する者は水に附いて客を迎ふるなかれ、生を視て高きにり水流を迎ふることなかれ、此れ水上にるの軍なり。斥澤せきたくたるには惟だすみやかに去つて留まるなかれ、若し軍を斥澤せきたくの中に交ふれば、必ず水草に依つて衆樹しうじゆにせよ、此れ斥澤に居るの軍なり。平陸には易にり、高きを右背みぎうしろにし、死を