Page:Bukyō shitisyo.pdf/14

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページは検証済みです

敵をして必ず勝つべからしむること能はず、故に曰く勝つことを知るべくして爲すべからず。勝つべからざるはまもるなり。勝つべきはせむる也、守れば則ち足らず、攻むれば則ちあまりあり。善く守る者は九地の下にかくる、善くせむる者は九天の上に動く。故に能く自ら保つて全く勝つ也。勝を見ること衆人の知る所に過ぎざるは、善の善なるものに非ざる也。戰勝つて天下善しといふは善の善なるものに非ざる也。故に秋毫しうがうぐるは多力たりよくとせず、日月を見るは明目めいもくとせず、雷霆らいていを聞くは聰耳そうじとせず。古の所謂いはゆるく戰ふ者は、勝ち易きに勝つ者也。故に善く戰ふ者の勝つや、智名ちめいなく勇功ゆうこうなし。故に其のたゝかひつことたがはず、たがはざる者は其の勝をく所已に敗るゝに勝つ者也。故に善く戰ふ者は、敗れざるの地に立つて敵の敗るゝを失はざる也。此の故に勝兵は先づ勝つて後ちに戰を求む、敗兵は先づ戰うて後に勝を求む。善く兵を用ふる者は道ををさめて法をたもつ、故に能く勝敗のまつりごとを爲す。兵法に一に曰く、二に曰くりやう、三に曰くすう、四に曰くしよう、五に曰くしよう。地、を生じ、度、りやうを生じ、量、すうを生じ、數、しようを生じ、稱、しようを生ず、故に勝兵はいつを以てしゆはかるが如し、敗兵はしゆを以ていつはかるが如し。勝つ者の戰ふや、積水を千仞せんじん谿たにくるがごとき者はかたち也。