Page:Arai hakuseki zenshu 4.djvu/797

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページは校正済みです


シリゾけらる、

カステイリヤ〈カステイラともいふ、漢に譯して、キヤスイランといふ、むかし、我國に聞えしカステアンといふこれ也、〉イスパニヤの東南にありて、共にこれ與國也といふ、

按ずるに、此國むかしより、我に通ぜし事聞えず、但し、我國に始て天主敎を弘めし、フランシスクス、サベイリウスといひしは、此國の人也といふ、

ガアリヤ〈またラテンの語に、フランガレキスとも、フランガレンギヨムともいふ、そのレキス、レンギヨムといふは、國といふがごとしといふ也、また、イタリヤの語には、フランスヤとも、フランガレイキともいひ、ヲヽランドの語には、フランスといふ、漢に譯してフツランチヤツといふ、むかし我俗ガリヤンといひしは、ガアリヤの轉訛せし歟、〉ヱウロパ西海の上にありて、イターリヤ、イスパニヤ、ヲヽランデヤ等の地に相接す、またソイデ、アメリカの地を倂せ、新たに國を開きて、ノーワ、フランスヤと號すといふ、

按ずるに、此國の商舶、むかしはこゝに來れりといふ、其事いまだ詳ならず、或人の說に、大明の書に、フランキイコと見えしは、フランキイとも、ハツランキイとも、〉ポルトガル也といふ、心得られず、漢に譯して、ホウルオワアル〈萬國坤輿圖に〉ホウロトヲキヤル〈武備志に〉ブリトキヤ〈世法錄に、〉といふがごときは、すなはちポルトガル也、佛郞機は、フランガレイキ、フランガレキス等、をアヤマリヤクせしに似たり、〈フランガレイキ等を、佛郞機と譯せしは、ポルトガルを譯して蒲麗都家といひ、カステイリヤを譯してキヤスイランといふがごとし、〉亦按ずるに、西洋人、大明に通ぜし事は、武宗正德十二年佛郞機國の入貢を始とすと見えたり、其正德十二年は、本朝永正十四年に當りぬれば、番舶始て我國に來りし天文十年よりは前なる事、廿四年におよべり、

ゼルマア二ヤ、〈ヲヽランドの語には、ホーゴドイチとも、ドイチともいふ、漢にジユルマアニイヤアともジユルマアニイヤアとも譯す、〉ヱウロパ地方の大國にて、國都をば、ビエンナ〈或ウエエンチナ〉といふ、此方諸國相推して、其君をインペラドールと稱す、これに屬せしホルトス七人あり、〈インペラドール、ホルトス、等の事、下に見ゆ、七人のホルトスといふは、たとへば、七諸侯などいふがごとしといふ、ヲヽランド人の說には、其君をばケイヅルと稱して、ホルトス九人ありといふ、孰是なる事を知らず、〉民物富庶にして、兵馬最强し、しかれども、兵を動かすに、たやすからず、ホルトス一人も議アワざれば、事決せざるが故也、また國北に近く、地寒くして、鹽硝を產ぜず、常に給る事をヲヽランド人に取るといふ、

ブランデブルコ〈フランデボルコともいふ、漢譯、いまだ詳ならず、〉ゼルマアニヤの東北、ホタラーニヤの西北にあり