Page:AkashiKaijin-Shadow2-Iwanami-2012.djvu/19

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページは検証済みです

 秋涼


里ちかく生れいでては法師蟬月の無常に魘されもする


ことごとく髪ふり乱す島に来てかたみに白き名残をくだく


夢に見るもののかたちのせつなさは古き仏のにもさやりぬ


けだものら已にけはひて青草の宵のいきれにわが血はにごる


甘藍は鉛のごとく葉をたれぬ暮れてひさしき土のほてりに


あかつきの干潟の砂はなめらかに不意にするどい狂気の懼れ


天地の虔󠄀しむなかをまぐはひつつ日月は黄金きんの谺に響けり (日蝕)


襲ひ来る翳あはただし天地にいやはての日の莫しと言はなくに