高速自動車国道の路線を指定する政令の一部を改正する政令 (昭和46年政令第179号)

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


 高速自動車国道の路線を指定する政令の一部を改正する政令をここに公布する。

御名御璽
昭和四十六年六月八日

内閣総理大臣 w:佐藤栄作佐藤栄作

政令第百七十九号

高速自動車国道の路線を指定する政令の一部を改正する政令

 内閣は、高速自動車国道法(昭和三十二年法律第七十九号)第四条第一項の規定に基づき、この政令を制定する。

 高速自動車国道の路線を指定する政令(昭和三十二年政令第二百七十五号)の一部を次のように改正する。

別表中

北海道縦貫自動車道室蘭岩見沢線 室蘭市 岩見沢市 北海道幌別郡登別町 苫小牧市 千歳市 札幌市 江別市

」を「

北海道縦貫自動車道室蘭旭川線 室蘭市 旭川市 登別市 苫小牧市 千歳市 恵庭市 札幌市 江別市 岩見沢市 三笠市 美唄市 砂川市 滝川市 深川市

」に改め、

同表東北縦貫自動車道の項中

「矢板市」を「矢板市 黒磯市」に改め、

同表中

東北横断自動車道仙台寒河江線 仙台市 寒河江市 宮城県柴田郡村田町 山形市

」を「

東北横断自動車道 横手秋田線 横手市 秋田市 大曲市
仙台寒河江線 仙台市 寒河江市 宮城県柴田郡村田町 山形市

」に、

常磐自動車道三郷石岡線 埼玉県北葛飾郡三郷町 石岡市 流山市 柏市 土浦市
東関東自動車道千葉成田線 千葉市 成田市 佐倉市

」を「

常磐自動車道三郷いわき線 埼玉県北葛飾郡三郷町 いわき市 流山市 柏市 土浦市 石岡市 水戸市 日立市 高萩市 北茨城市
東関東自動車道市川潮来線 市川市 茨城県行方郡潮来町 船橋市 習志野市 千葉市 佐倉市 成田市 佐原市

」に改め、

同表中央自動車道の項中

「東京松本線」を「長野線」に、

「松本市」を「長野市」に、

「塩尻市」を「塩尻市 松本市 更埴市」に改め、

同表東海自動車道の項中

「厚木市」を「厚木市 伊勢原市」に、

「御殿場市」を「御殿場市 裾野市」に、

「豊田市」を「豊田市 尾張旭市」に改め、

同表北陸自動車道の項中

「直江津市」を「上越市」に、

「金沢市」 を「金沢市 松任市」に改め、

同表中

東海北陸自動車道一宮白鳥線 一宮市 岐阜県郡上郡白鳥町 各務原市 岐阜市 関市 美濃市

」を「

東海北陸自動車道 一宮白鳥線 一宮市 岐阜県郡上郡白鳥町 各務原市 岐阜市 関市 美濃市
城端砺波線 富山県東礪波郡城端町 砺波市

」に改め、

同表近畿自動車道の項中

「三重県一志郡久居町」を「久居市」に、

「泉佐野市」を「泉佐野市 泉南市」に改め、

同表中

中国縦貫自動車道 吹田市 下関市 豊中市 池田市 伊丹市 川西市 宝塚市 西宮市 神戸市 兵庫県美嚢郡吉川町 同県加東郡滝野町 加西市 同県佐用郡佐用町 津山市 新見市 庄原市 三次市 広島県山県郡千代田町 島根県鹿足郡六日市町 山口県都濃郡鹿野町 山口市 美祢市

」を「

中国縦貫自動車道 吹田市 下関市 豊中市 池田市 伊丹市 川西市 宝塚市 西宮市 神戸市 兵庫県美嚢郡吉川町 同県加東郡滝野町 加西市 同県佐用郡佐用町 津山市 新見市 庄原市 三次市 広島県山県郡千代田町 島根県鹿足郡六日市町 山口県都濃郡鹿野町 山口市 美祢市
山陽自動車道 姫路廿日市線 姫路市 広島県佐伯郡廿日市町 竜野市 相生市 赤穂市 備前市 岡山市 倉敷市 笠岡市 福山市 尾道市 三原市 広島県賀茂郡西条町 広島市
岩国山口線 岩国市 山口市 下松市 徳山市 新南陽市 防府市

」に、

四国縦貫自動車道 徳島脇線 徳島市 徳島県美馬郡脇町
川之江小松線 川之江市 愛媛県周桑郡小松町 伊予三島市 新居浜市 西条市
四国横断自動車道 高松川之江線 高松市 川之江市 坂出市 丸亀市 善通寺市 観音寺市
南国須崎線 南国市 須崎市 高知市 土佐市

」を「

四国縦貫自動車道 徳島池田線 徳島市 徳島県三好郡池田町 徳島県美馬郡脇町
川之江松山線 川之江市 松山市 伊予三島市 新居浜市 西条市
四国横断自動車道 高松川之江線 高松市 川之江市 坂出市 丸亀市 善通寺市 観音寺市
大豊須崎線 高知県長岡郡大豊村 須崎市 南国市 高知市 土佐市

」に改め、

同表九州縦貫自動車道の項中

「宮崎県西諸県郡えびの町」を「えびの市」に改める。

 この政令は、公布の日から施行する。

運輸大臣  橋本登美三郎

建設大臣  根本 龍太郎

内閣総理大臣  佐藤   栄作

この著作物は、日本国著作権法10条2項又は13条により著作権の目的とならないため、パブリックドメインの状態にあります。同法10条2項及び13条は、次のいずれかに該当する著作物は著作権の目的とならない旨定めています。

  1. 憲法その他の法令
  2. 国若しくは地方公共団体の機関、独立行政法人又は地方独立行政法人が発する告示、訓令、通達その他これらに類するもの
  3. 裁判所の判決、決定、命令及び審判並びに行政庁の裁決及び決定で裁判に準ずる手続により行われるもの
  4. 上記いずれかのものの翻訳物及び編集物で、国若しくは地方公共団体の機関、独立行政法人又は地方独立行政法人が作成するもの
  5. 事実の伝達にすぎない雑報及び時事の報道

この著作物は、米国政府、又は他国の法律、命令、布告、又は勅令等(Edict of governmentも参照)であるため、ウィキメディアサーバの所在地である米国においてパブリックドメインの状態にあります。“Compendium of U.S. Copyright Office Practices”、第3版、2014年の第313.6(C)(2)条をご覧ください。このような文書には、“制定法、裁判の判決、行政の決定、国家の命令、又は類似する形式の政府の法令資料”が含まれます。