馬太傳第十五章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 新約聖書(ヘボン訳) > 馬太傳福音書
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「単語ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

この翻訳には差別語が含まれていますが、歴史的著作物であることを考慮し、原文のまま掲載いたします。

第十五章[編集]

[1] ときにヱロソルマのがくしやとパリサイの人と耶穌にきたりていひけるは
2 あなたの門徒でしはいにしへの人のつたへをおかすはなんぞや そはしよくするときにそのをあらはざればなり
3 こたへてかれらにいひけるは 汝らはまた汝らのつたへによりて神のいましめをおかすはなんぞや
4 それ神いましめて父母をうやまへ また父母をのゝしるものはころすべしとのたまへり
5 されどもなんぢらいひけるは すべて人父母にむかひて あなたをやしなふべきものはそなへものなりといひて
6 すなはち父母をうやまはずともよしとす かくて汝らはつたへにより神のおきてをむなしくせり
7 僞善ぎぜんしやよ ヱザヤはよく汝らについて預言よげんをしていひけるは
8 このたみくちにてわれにちかづき くちさきにてわれをうやまへども そのこゝろはわれにとほざかり
9 人のいましめををしへとなして いたづらにわれをはいすと
10 耶穌人をよびてかれらにいひけるは きゝてさとれよ
11 くちにいるゝものは人をけがさず くちよりいづるものはこれこそ人をけなすなれ
12 こゝにでしきたりて耶穌にいひけるは パリサイの人このことばをきゝてつまづかるゝをしりたまへるか
13 こたへていひけるは わがてんの父がうゑざるものはみなぬかるべし かれらをすておけ めくらのびきするめくらなり
14 もしめくらがめくらをひきせば ふたりともにみぞにおつべし
15 ペテロ耶穌にこたへていひけるは このたとへをわれらにときたまへ
16 耶穌いひけるは 汝らもいまださとらざるか
17 すべてくちにいるものははらをとほりてかはやにおとさるゝをいまだしらざるか
18 くちよりいづるものはこゝろよりいづ これ人をけがすものなり
19 いかにとなればこゝろよりいづる惡念あくねん凶殺ひとごろし姦淫かんいん好色こうしよく攘竊ぬすみいつはりそしり
20 これらは人をけがすものなり されどもをあらはずしてくらふは人をけがさず
21 耶穌こゝをさりてタイロシドン土地とちにゆけり
22 みよ その土地とちカナヽヤのをんないで かれによばゝりていひけるは しゆダビデのすゑ われをあはれみたまへ わがむすめきびしくおににつかれたり
23 耶穌一言ひとこともかれにこたへざりしかば そのでしきたりこふていひけるは かれらのあとよりよばゝるゆゑに これをさらせたまへ
24 こたへていひけるは イスラエルいへのまよひしひつじのほかにわれはつかはされず
25 をんなきたりてこれをはいしていひけるは しゆよ われをたすけたまへ
26 こたへていひけるは どものぱんをとりていぬになぐるはよからず
27 をんな しゆよ さなりといふ されどいぬもそのしゆぜんよりおちたるくづをくらふといへり
28 耶穌こたへていひけるは をんなよ 汝の信仰しんかうはおほひなり ねか[が]ふごとく汝になるべし すなはちそのむすめこのときよりいえたり
29 耶穌こゝをさりてガリラヤうみべにそふて山にのぼりてせり
30 おほくの人あしなへ めしひ おし かたわ またさまのやまひあるものをともなひきたり 耶穌のあしもとにおきしかば すなはちこれをいやしたまへり
31 こゝにおいておしはものいひ かたわはいえ あしなへはあゆみ 目しひはみゆるを 人みてあやしみ イスラエルの神をあがめたり
32 耶穌そのでしをよびていひけるは 人すでに三日みつかわれとともにゐてくらふものなきゆゑにかれらをあはれみ おそらくは途中とちうにてなやまんとて かれらをうやしてさらすことをこのまず
[33] そのでしかれにいひけるは にていづこよりかくおほくの人にあかさんほどのぱんをえんや
34 耶穌かれらにいひけるは ぱんいくつあるや こたへけるは なゝつとちひさきうをすこしあり
35 にすはれと人]にめいじて
36 ぱんとうををとり しやしてこれをわりでしにあたへ でしはひとにあたへり
37 みなくらふてあきたり あまりのくづをなゝつのかごにみつるほどひろへり
38 くらひしものはをんなとどものほかに四千人なり