馬太傳第十三章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 新約聖書(ヘボン訳) > 馬太傳福音書
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「単語ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第十三章[編集]

[1] その日耶穌いへをいでゝうみべにせり
2 おほくのひと〴〵かれにあつまりきたりければ 耶穌ふねにのりてし すべての人〴〵はきしにたてり
3 耶穌たとへをもつて人〴〵にさま〴〵のことをかたりていひけるは みよ たねまくものまきにいでたり
4 まくときにあるたねはみちのほとりにおちたれば とりきたりてつひばみつくせり
5 あるたねはつちすくなき磽地いしぢにおち つちうすければたゞちにもえいで
6 日いでゝやかれ なければかれたり
7 またあるたねはいばらのなかにおちて いばらそだちこれをふさげり
8 またあるたねはよきにおちてあるひは百倍ひやくばいあるひは六十ばいあるひは三十ばいみのれり
9 きくみゝあるものはきくべし
10 門徒でしたちきたりてかれにいひけるは なにゆゑにたとへをもてかれらにかたるや
11 こたへていひけるは 汝らに天國てんこく奥義おくぎをしらせたまはれども かれらにはしらせたまはざればなり
12 それもつものはあたへられてなほあまりあるべし もたぬものはまたもつものまでもとらるべし
13 かれらはてみえず きゝてきこえず さとらざるゆゑに われたとへをもつてかれらにいへり
14 ヱザヤのよげんに 汝はみゝにきけと[ど]もさとらず 目にみれどもみえず
15 それこのたみのこゝろはふとくなりて みゝはとほく 目はとぢたり これその目にて みゝにてきゝ こゝろにてさとり あらためてわれかれらをいやさんことをおそると かくいへるにかなへり
16 汝らの目はみ 耳はきく ゆゑにさいはひなり
17 いかにとなればまことに汝らにつげん おほくの預言者よげんしやとたゞしき人は汝らがみるところをみんとほつすれども みることをえず 汝らがきくところをきかんとほつすれども きくことをえざりき
18 ゆゑに汝らたねまきのたとへをきけ
19 天國てんこくのをしへをきゝてさとらざるものは あしきものきたりてそのこゝろにまかれたるものをうばふ これみちのほとりにまきたるものなり
20 いしにまかれたるものは これをしへをきゝ すみやかにこれをよろこびてうくるものなり
21 しかしながらおのれになくしてしばらくなるものなれば をしへのために難義なんぎあるひはせめらるゝことのおこるときには すみやかにみちにつまづくものなり
22 またいばらのなかにまかれたるものは これをしへをきけども こののこゝろづかひ またたからにあざむかるゝことがをしへをふさぎてみのらざるものなり
23 よきにまかれたるものは これをしへをきゝてさとり 百倍ひやくばいあるひは六十倍あるひは三十倍もみのるものなり
24 またたとへをかれらにしめしていひけるは 天國てんこくはたけによきたねをまく人にたり
25 人〴〵いねたるうち そのあだきたりむぎのなかにからすむぎをまきてされり
26 なへしやうじてみのりたるとき からす麦もまたあらはれたり
27 あるじのしもべきたりていひけるは しゆよ はたけにはよきたねをまかざりしか からす麦あるはいづこよりぞや
28 しもべにいひけるは あだびとこれをなせりと しもべあるじにいひけるは しからばわれらゆきてくさぎることをほつするや
29 いな おそらくは汝らからすむぎをくさぎりて麦もまたともにぬかん
30 かりいれまでふたつながらそだておくべし かりいるゝとき われかるものにまづからすむぎをとりあつめてやくやうにつかね 麦をばわがくらにおさめよといはん
31 またたとへをかれらにしめしいひけるは 天國てんこくは人芥種からしだねをとりてそのはたけにまけるがごとし
32 よろづのたねよりちいさきものといへども そだつときはほかのくさよりおほひなるものにして そらのとりきたりてそのえだにやどるほどのとなれり
33 またたとへをかれらにかたりけるは 天國てんこくをんな三斗のにとりいりてまつたくふくらしたるかうじのごとし
34 耶穌たとへをもて人〴〵にすべてこのことをかたりたまへり たとへにあらざればかれらにかたりたまはず
35 これよげんしやによりていはれたることばに われたとへをまうけてくちをひらき のはじめよりかくれたることをいひいでんといひしにかなへんためなり
36 つひに耶穌人〴〵をかへしていへにいれり そのでしこれにきたりていひけるは はたけのからすむぎのたとへをわれらにときたまへ
37 こたへてかれらにいひけるは よきたねをまくものは人のなり
38 はたけはこの世界せかいなり よきたねはこれ天國てんこくどもなり からすむぎは惡魔あくまどもらなり
39 それをまくあだ惡魔あくまなり かりいれはのおはりなり かるものはてんのつかひたちなり
40 からすむぎはあつめて火にやかるゝごとく この世のおはりにおいてもかくのごとくなるべし
41 人の子そのつかひたちをつかはして そのくにのうちよりすべてつまづかするものとそむくことをなす人とをあつめて
42 これをの火になげいるべし そこにてかなしみまたがみすることあるべし
43 そのときたゞしき人はそのちゝくににおいて火のごとくかゞやくべし きくみゝあるものはきくべし
[44] また天國てんこくははたけにかくれたるたからのごとし 人これをいだせばかくして よろこびによりてゆき そのもてるものをみなうりてそのはたけを
[45] また天國てんこくはよき真珠しんじゆをもとめんとするあきうどのごとし
[46] ひとつのあたへたかき真珠をいだせば ゆきてそのもてるものをみなうりてこれをへり
47 また天國てんこくうみにうちてさま〴〵のうををとりたるあみのごとし
[48] すでにみちたるときはきしにひきあげ すはりてよきものをうつはにいれ あしきものをすてたり
49 のおはりにおいてもかくのごとくなるべし てんのつかひたちいでゝたゞしきものゝうちよりあしきものをとりわけ
50 の火にこれをなげいるべし そこにてかなしみとがみすることあらん
51 耶穌かれらにいひけるは みなこのことをさとりしや かれにいひけるは しゆ しかり
52 耶穌かれらにいひけるは しかればすべて天國てんこくについてをしへられたるがくしやは あたらしきものとふるきものをそのくらよりいだすいへのあるじのごとし
53 さて耶穌このたとへをいひおはりて こゝをされり
54 そのふるさとにいたりてその會堂くわいどうにおいて人〴〵のあやしむばかりにをしへたまひければ 人〴〵いひけるは この人はこの智慧ちゑとふしぎなるわざはいづれよりぞや
55 これたくみにあらずや そのはゝマリアその兄弟はヤコブ ヨセ[フ] シモン ユーダといはずや
56 その姊妹しまいみなわれらとともならずや しかるにこの人はすべてこれらのことはいづれよりぞや
57 つひにかれにつひてつまづけり 耶穌かれらにいひけるは よげんしやはそのふるさとまたそのいへのほかにたつとまれざることなし