馬太傳第十七章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 新約聖書(ヘボン訳) > 馬太傳福音書
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第十七章[編集]

[1] むいかのち 耶穌ペテロ ヤコブまたその兄弟ヨハンネをともなひ 人をさけてたかき山にのぼりたまひて
2 かれらのまへにおんすがたかはれり おんかほのごとくかゞやき おんころもひかりのごとくしろくなれり
3 みよ モーセヱリヤ耶穌とともにかたりて かれらにあらはれたり
4 ペテロこたへて耶穌にいひけるは しゆよ われらこゝにあるはよし みこゝろにかなはゞ われらにひとつはしゆのため ひとつはモーセのため ひとつはヱリヤのためにみつのいほりをこゝにつくらせたまへと
5 かくいふほどに みよ かゞやきたるくもかれらをおほひぬ みよ くもよりこゑありていひけるは これはわがこゝろにかなふわがあいしなり 汝らこれにきくべしと
6 でしこれをきゝうつむきにたをれ おほひにおそれし
7 耶穌きたりてかれらにさはりて おきよ おそるゝなといひければ
8 その目をあぐるに たゞ耶穌のほかひとりも
9 山をくだるほどに耶穌かれらにめいじて 人のよみがへるまで汝らのみしことを人につぐべからずといへり
10 そのでしとふていひけるは さらばなんぞがくしやヱリヤさきにきたるべしといふや
11 耶穌こたへていひけるは じつヱリヤはさきにきたりてばんし[じ]をあらたむべし
12 しかしながらわれ汝らにつげん エリヤはもはやきたりしに 人これをしらずしてたゞおもふまゝをこれになせり また人のもおなじく人よりくるしめられんとす
13 こゝにおいてでしせんれいをなすヨハンネをさしていはれしをさとれり
14 かれらはおほくの人〴〵にきたるに ある人耶穌にきたりひざまづいて
15 いひけるは しゆよ わがをあはれみたまへ いかにとなればてんかんにてをり〳〵にもみづにもたをれて はなはだくるしめり
16 これをあなたのでしにつれゆけども いやすことあたはず
17 耶穌こたへて あゝ しんなきひか[が]みたるぞ いつまでわれなんぢらとともにをらんや いつまでわれ汝らをしのばんや
18 われにそれをつれきたれといへり 耶穌おにをいましめたまへり すなはちおにかれよりいでゝ そのこのときよりいえたり
19 そのときでしひそかに耶穌にきたりいひけるは われらそれをおひいだすことあたはざるはなんぞや
20 耶穌かれらにいひけるは 汝らしんなきゆゑなり いかにとなればまことに汝らにつげん もしからしだねほどのしんずることあらば この山にこゝよりかしこへうつれといふともうつるべし また汝らにあたはざることなかるべし
21 しかしながらこのたぐひはいのりとだんじきにあらざればいづることなし
22 ガリラヤをめぐるとき 耶穌でしに 人の人のにわたされんとす
23 ころされてみつかめによみがへるべしといひければ でしはなはだかなしめり
24 カペナオムにきたるとき みつぎをうけとるものどもペテロにきたりていひけるは 汝らのほうなうきんをおさめざるか
25 しからずといひてペテロいへにいりしとき 耶穌まづかれにいひけるは シモン 汝はいかにおもふや せかいわうたちはうんじやうにんぜいをたれよりとるや おのれのどもよりか またほかのものよりか
26 ペテロかれにいひけるは ほかの人よりとる 耶穌かれにいひけるは さらばどもはじゆうなり
27 しかしながらかれらをつまづかせざるために なんぢうみにゆきてへりをたれ さきにつるうををとりてそのくちをひらかば かねひとつをうべし これをとりてわれと汝のためにかれらにおさめよ