馬太傳第十一章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 新約聖書(ヘボン訳) > 馬太傳福音書
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

この翻訳には差別語が含まれていますが、歴史的著作物であることを考慮し、原文のまま掲載いたします。

第十一章[編集]

[1] 耶穌その十二のでしにをしへおはりしとき そのむらくにおいてみちををしへひろめんためにこゝをさりぬ
2 さてヨハンネひとやにおいてキリストのわざをきゝ そのでしふたりをつかはして
3 かれらにいひけるは きたるべきものはあなたなるか あるひはほかのものをまたんか
4 耶穌かれらにこたへていひけるは きゝみるところのことをゆきてヨハンネにしめすべし
5 しひはあしなへはあゆみ らいべうはきよく つんぼはきこえ したるものはよみがへり まづしきものにはふくいんをきかせり
6 われによりてつまづかざるものはさいはひなり
7 かれらかへりしのち耶穌ヨハンネについて人〴〵にいひいでけるは なにをみんとてにいでしや かぜにうごかさるゝあしなるか
8 なにをみんとていでしや やはらかきころもをきたる人なるか みよ やはらかきころもをきるものはわうたちのいへにあり
9 なにをみんとていでしや よげんしやなるか げにもなんぢらにつげん よげんしやよりすぐれたるものなり
10 それみよ われ汝のまへにみちをそなふるわがつかひを汝のまへにおくるとしるされたるものはこれなればなり
11 まことに汝らにつげん 女のうみたるものゝうちにいまだせんれいをなすヨハンネよりおほひなるものおこらず しかしながらてんこくのちいさきものはこれよりおほひなるものなり
12 せんれいをなすヨハンネのときより今にいたるまでてんこくははげみてとられ はげむものはこれをとるべし
13 それすべてのよげんしやおきてヨハンネときまでよげんせしなればなり
14 もし汝らわがことばをうくるをこのまば きたるべきところのヱリアはこれなり
15 きくみゝあるものはきくべし
16 われこのをなにゝたとへんや わらべいちしてそのともをよびて
17 汝らにふえをふけどもおどらず 汝らになげゝども汝らむねうたずといふにたり
18 それヨハンネくはのまずしてきたれば 人はおににつかれしものといへり
19 人のくひのみしてきたれば 人は みよ しよくをたしみさけをのむものにて みつぎとりおよびつみあるものとともなりといへり されどもさときはそのどもにてよしとせられり
20 そのとき耶穌おほくのふしぎなるわざをなしたまひたるむら〳〵くひあらためざるによつていましめいひいでけるは
21 わざはひなるかな コラジン わざはひなるかなベツサイダ それ汝らのうちになしたるふしぎのわざをタイロシドンになされしならば とくよりあさはいにかけてくひあらたむべきものを
22 されどもわれ汝らにつげん さばきの日にタイロシドンは汝らよりもなほやすかるべし
23 てんよ あげられたるカペナオムよ 汝よみぢにおとさるべし いかにとなれば汝になしたるふしぎのわざをソドマになせしならばけふまでたもつべきものを
24 されどもわれ汝らにつげん さばきの日にソドマは汝らよりなほやすかるべし
25 そのとき耶穌こたへていひけるは てんちしゆたる父よ このことをかしこきとさときものにかくおさなごにあらはしたまふをしや
26 ちゝよ げにもしかり それかくのごとき父のおもひにかなひしことなればなり
27 ばんもつはわが父よりあづけられたり 父の外をしるものなく またと子に父をあらはされしものゝ外父をしるものなし
28 すべてつかれたるものまたおもきをおふたるものはわれにきたれ われ汝らをやすますべし
29 わがくびきおふてわれにまなべ それわれはこゝろにおいてにうわにしてへりくだるものなり されば汝らのこゝろにやすきをうべし
30 それわがくびきはやすく わがはかろければなり