馬太傳第六章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 新約聖書(ヘボン訳) > 馬太傳福音書
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第六章[編集]

[1] なんぢらのたゞしきをひと〴〵にみせんために人のまへになすことをつゝしめよ もししからずんばてんにましますなんぢらの父よりのむくひをえじ
2 ゆゑにほどこしをなすときに人よりあがめをえんとてくわいどうやまちにてぎぜんしやのふいてうするごとくなすことなかれ われまことになんぢらにつげん かれらはそのむくひをうる
3 なんぢらほどこしをなすに みぎのなすことをひだりにしらするなかれ
4 さすればなんぢらのほと[ど]こしはかくるべし かくれたるをみたまふなんぢの父はあらはになんぢにむくひたまはん
5 いのるときにぎぜんしやのごとくなるなかれ いかにとなればかれらは人にみられんためにくわいどうやまちのかどにたちていのるをこのむ われまことになんぢらにつげん かれらはそのむくひをうる
6 なんぢいのるときにへやにいりとぢこもりて かくれたるにいますなんぢの父にいのれ かくれたるにみたまふなんぢの父はあらはになんぢにむくひたまはん
7 いのるにいほうじんのごとくくりかへしごとをいふことなかれ いかにとなればかれらはことばおほければきかれんとおもへばなり
8 ゆゑにかれらにならふことなかれ いかにとなれは[ば] なんぢらの父はねがはざるさきに なんぢらのなくてかなはざるものをしりたまへり
9 ゆゑにのごとくなんぢらいのるべし てんにましますわれらのちゝよ ねがはくはみなをあがめさせたまへ
10 みくにをちかづかせたまへ みこゝろてんになすごとく にもなさしめたまへ
11 われらの〴〵のかてこんにちもさづけたまへ
12 われらがひとのつみをゆるすごとく われらのつみをもゆるしたまへ
13 われらをこゝろみらるゝことにみちびきたまはず かへつてあくよりすくひいだしたまへ くにちからいくわうとはあなたのかぎりなくたもちたまふものなればなり あゝめん
14 いかにとなればもしなんぢらひとのつみをゆるさば てんにましますなんぢらの父もなんぢらをゆるしたまはん
15 しかれどももし人のつみをゆるさずば なんぢらの父もなんぢらのつみをゆるしたまはじ
16 なんぢらだんじきするとき ぎぜんしやのこ[ご]とくうきさまをするなかれ いかにとなればかれらはだんじきを人にみせんためにかほいろをそこなふなり われまことになんぢらにつげん かれらはそのむくひをうる
17 さりながらなんぢだんじきするときにかしらにあぶらをつけ かほをあらふべし
[18] さすれば人になんぢのだんじきはあらはれずして かくれたるにましますなんぢの父にあらはれん またかくれたるにみたまふなんぢの父あらはになんぢにむくひたまふべし
19 にたからをたくはふることなかれ すなはちしみくひさびくさり ぬす人うがちてぬすむところなり
20 てんにこそたからをたくはふべけれ すなはちしみくひさびくさり ぬす人うがちてぬすまざるところなり
21 いかにとなれば なんぢらのたからのあるところにこそ こゝろもまたあるべけれ
22 のひかりはなり ゆゑになんぢのもしあきらかならば なんぢのぜんしんあきらかなるべし
23 なんぢのもしあしからば ぜんしんくらかるべし ゆゑになんぢのうちにあるひかりもしくらからば いかばかりぞや
24 人はふたりのしゆにつかふることあたはず いかにとなればこれをにくみかれをいつくしみ これをしたしみかれをうとむべければなり なんぢら神とたからにかねつかふることあたはず
15[25] このゆゑにわれなんぢらにつげん いのちのためになにをくらひなにをのみ またはのためになにをんとおもひわづらふなかれ いのちはかてよりまさり ころもよりまされるものにあらさ[ざ]るか
26 そらのとりをおもひみよ いかにとなればかずからず くらにたくはへず されどもなんぢらのてんの父はこれをやしなひたまふ なんぢらはそれよりいとすぐるゝものにあらずや
27 なんぢらのうちたれかおもひわづらふて そのいのちせきすんもよくのぶるご[こ]とをえんや
28 またなにゆゑにころものことをおもひわづらふや ゆりのいかにそだつかよくみよ それはつとめずつむがす[ず]
29 されどわれなんぢらにつげん ソロモンだにもそのすべてのさかえにこのはなのひとつほどもよそはざりき
30 神はけふにありてあすになげいれらるゝくさだにもかくよそはせたまへば ましてなんぢらをや あゝなんぢしんかううすきものよ
31 ゆゑになにをくらひ なにをのみ なにをんとておもひわづらふことなかれ
32 これみないほうじんのもとむるものなればなり なんぢらてんちゝはみなそのものをなくてかなはざるものとしりたまへばなり
33 なんぢらまづかみくにとそのたゞしきとをもとめよ さすればみなそのものをなんぢらにくはへらるべし
34 ゆゑにあすのことをおもひわづらふなかれ いかにとなればあすはあすのことをおもひわづらふべし いちにちのあしきはいちにちにたれり