馬太傳第八章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 新約聖書(ヘボン訳) > 馬太傳福音書
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「単語ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

この翻訳には差別語が含まれていますが、歴史的著作物であることを考慮し、原文のまま掲載いたします。

第八章[編集]

[1] 耶穌山をくだりしとき おほくの人〴〵これにしたがへり
2 みよ 癩病らいべうのものきたり はいしていひけるは しゆ もしこゝろにかなはゞ われをきよくしたまふべし
3 耶穌をのべかれにつけて こゝろにかなふ きよくなれといへり すなはちその癩病らいべうやがてきよくなれり
4 耶穌かれにいひけるは つゝしんで人にいはず たゞゆきておのれを祭司さいしにみせ またかれらに證據しやうこのためモーセがめいぜしところのそなへものをさゝげよ
5 カペナオムにいりしとき 百夫ひやくにんかしらかれにきたりねがふて
6 いひけるは しゆわたしもべ癱瘋ちうぶにていへにうちふし はなはだいためり
7 耶穌かれにいひけるは われゆきてこれをいやさん
8 百夫ひやくにんのかしらこたへていひけるは しゆよ われはあなたをわが家屋やねしたにいらするにもたらず たゞことばをいひたまふのみにてわがしもべはいゆべし
9 それわれは權威けんいしたにあるものなり わがしたにもまたつはものあり これにゆけといへは[ば]ゆき かれにきたれといへばきたる わがしもべにこれをせよといへばなす
10 耶穌きゝてあやしみ したがふものどもにいひけるは まことになんぢらにつげん イスラヱルのうちにてもいまだかくのごときおほひなる信にあらず
11 われなんぢらにいふ おほぐ[く]のひと〴〵ひがしより西にしよりきたり 天國てんこくにおいてアブラハム イサク ヤコブとともに
12 くにどもはそとのくらきにおひいだされ そこにてかなしみ はがみをなすことあるべし
13 耶穌百人ひやくにんのかしらに ゆけ なんぢしんずるごとく なんぢになるべしといひければ そのときにそのしもべはいえたり
14 耶穌ペテロいへにいり そのしうとめ熱病ねつびやうにてふしたるをみて
[15] そのをさはり すなはちねつさめたり をんなおきてかれらをもてなせり
16 くれたるとき 人〴〵おににとりつかれたるおほくのものをつれてかれにきたれば 耶穌ことばにておにをおひいだし やまひあるものをこと〴〵くいやせり
17 預言者よげんしやヱザヤが かれみづからわれらのわづらひをひきうけ われらのやまひをおふといひしにかなふためなり
18 さて耶穌おのれをめぐれるおほくの人〴〵をみて むかふのきしにゆけとめいぜし
19 ひとりがくしやきたりてこれにいひけるは よ いづれへゆきたまふともわれしたがはん
20 耶穌これにいひけるは きつねはあなあり そらとりはねぐらあり されど人のまくらするところなし
21 またそのでしのひとり耶穌にいひけるは しゆ われまづゆきて父をはうむることをゆるせ
22 耶穌かれにいひけるは われにしたがへ したるものにそのしたるものをはうむらせよ
23 耶穌ふねにのりしに そのでしたちこれにしたがふ
24 みよ ふねなみにておほはれんとするか[が]ごときおほひなるはやておこれり しかるに耶穌はいねたり
25 そのでしたちきたり かれをおこしていひけるは しゆ われらをすくひたまへ ほろびんとす
26 耶穌かれらにいひけるは しんうすきものよ なんぞおそるゝや つひにおきてかぜうみとをいましめておほひにおだやかになれり
27 人〴〵あやしみていひけるは 風もうみもかれにしたがふはこれいかなる人ぞや
28 耶穌むかふのきしゲルゲセンにいたるに おににとりつかれたるふたりのもの はかよりいでゝこれをむかふ はなはだたけくして人そのみちをすぐることあたはず
29 みよ さけんでいひけるは かみ耶穌よ あなたわれらにおいてなんぞあづからんや ときいたらざるにわれらをせめんとてこゝにきたるや
30 ぶたのおほくむらがりたるが かれらよりはるかにはなれてしよくせり
3[31] おに耶穌にねがひていひけるは もしわれらをおひいださば ぶたのむれにいることをゆるせ
32 かれらにゆけといへるに おにいでゝぶたのむれにいりぬ みよ ぶたのむれはさかよりうみにかけおちてみづしぬ
33 かふものどもにげてむらにいり このことゝおににとりつかれしものゝありしことをつげぬ みよ むらのものこぞつて耶穌をにいで かれをみてこのさかひをいづるをねがへり