馬太傳第五章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 新約聖書(ヘボン訳) > 馬太傳福音書
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第五章[編集]

[1] 耶穌おほくの人をみて山にのぼりしたまひしに そのでしたちかれにきたりぬ
2 すなはちくちをひらき かれらにをしへけるは
3 こゝろのうちへりくだるものはさいはひなるものなり いかにとなればその人のくにてんこくなればなり
4 かなしむものはさいはひなるものなり いかにとなればその人はなぐさめをうくべきものなれは[ば]なり
5 にうわなるものはさいはひなるものなり いかにとなればその人はちきうをあひつぐべきものなればなり
6 うゑかはくこ[ご]とくたゞしきをしたふものはさいはひなるものなり いかにとなればその人みてらるべきものなればなり
7 あはれむものはさいはひなるものなり いかにとなればその人はあはれみをうくべきものなればなり
8 こゝろのうちいさぎよきものはさいはひなるものなり いかにとなればその人かみにまみゆべきものなればなり
9 わぼくをすゝむるものはさいはひなるものなり いかにとなればその人はかみととなへらるべきものなればなり
10 たゞしきことのためにせめらるゝものはさいはひなり いかにとなればその人のくにてんこくなればなり
11 わがためになんぢらをのゝしりせめ またいつはりてさま〴〵のあしきことをいはるゝときになんぢらさいはひなるものなり
[12] よろこびよろこべ いかにとなればてんになんぢらのむくひおほければなり なんぢらよりさきのよげんしやのせめられだ[た]りしもかくのごとくなればなり
13 なんぢらはのしほなり もししほそのあぢはひをうしなはゞ いかでかそのしほにかへらん そののちはたゞそとにすてられ 人にふまるゝのほかなにもやくにたゝず
14 なんぢらはのひかりなり 山のうへにたてたるしろもかくるゝをえず
15 あかりをともしてこれをますのしたにおくものなし しょくだいにおきていへにあるすべてのものをてらすなり
16 かくのごとくひと〴〵のまへになんぢらのひかりをか〴〵やかせ さすればひと〴〵なんぢらのよきおこなひをみて てんにましますなんぢらの父をあがむべし
17 われおきてとよげんをすつるためにきたれりとおもふことなかれ すつるにあらず かへつてかなへんためにきたれり
18 まことになんぢらにつげん てんちのつきざるうちに おきてその一てんいつかくとげつくさずしてすつべからず
19 ゆゑにこのいましめのいたつてちひさきひとつをやぶりてかく人にをしゆるものは てんこくにおいていたつてちひさきものといはれん およそおこなふて人にをしゆるものは てんこくにおいてこれをおほひなるものといはるべし
20 われなんち[ぢ]らにつげん なんぢらのたゞしさ ことがくしやとパリサイの人のたゞしきよりもすぐれずんば かならずてんこくにいるゝことかなふまじ
21 いにしへの人にころすなかれ またころすものはさばきにあづからんといひしこと なんぢらのきゝしところなり
22 さりながらわれなんぢらにつげん すへ[べ]てゆゑなくその兄弟をいかるものはさばきにあづかるべし またその兄弟をラカといふものはへんぜうにあづかるべし またたはけものよといふものはぢこ[ご]くの火にあづかるへ[べ]し
23 ゆゑになんぢもしそなへものをだんにたづさへ そこにて兄弟のなんぢについてことありしをおもひいださば
24 かしこにだんのまへにそなへものをおきゆきて まづなんぢの兄弟とあひ やはらぎ すなはちきたりてなんぢのそなへものをあげよ
25 なんぢをうつたふるものとつれだちてゆくとき はやくやはらげよ おそらくはうつたふるものなんぢをしらべやくにわたし しらべやくなんぢをしたのやくにんにわたして なんぢはひとやにいれられん
26 まことになんぢにつげん ぶんりんまでもつくのはずんば かならずそこをいづることならす[ず]
27 いにしへの人にいんするなかれといひしことなんぢらのきゝしところなり
28 しかしながらわれなんぢらにつげん およそしきし[じ]やうをもよほしてをんなをながむるものは こゝろのうちはやいんせしなり
29 右のなんぢをつみにおとさば ぬきいだしてこれをすてよ いかにとなれば ごたいのひとつをうしなふはぜんしんぢごくになげいれられんにはまされり
30 もし右のなんぢをつみにおとさば これをきつてすてよ いかにとなればごたいのひとつをうしなふはぜんしんぢごくになげいれられんにはまされり
31 また人そのつまをいださば それにりゑんじようをあたふべしといへり
32 されどわれなんぢらにつげん いんじのゆゑならずして そのつまをいだすものはこれにいんじあらしむるなり またいだされたるをんなをめとるものもいんじをなすなり
33 またいつはりのちかひをなすことなかれ しゆになんぢのちかふところをとぐべしといにしへの人のいひしをなんぢらきゝしところなり
34 されどわれなんぢらにつげん さらにちかふことなかれ てんをさしてちかふなかれ これかみのみくらゐなればなり
35 をさしてちかふなかれ これかみあしだいなればなり ヱロソルマをさしてちかふなかれ これだいわうのみやこなればなり
36 なんぢのかしらをさしてちかふなかれ これひとすぢのだにもくろくしまたしろくするあたはざればなり
37 なんぢらのことばを しかり〳〵 いな〳〵とこれよりすぐるはあしきよりいづるなり
38 にて目をつくのひ にて歯をつくのへといひしをなんぢらきゝしところなり
39 されどわれなんぢらにつげん あしきにてきたいするなかれ 人なんぢの右のほゝをうたば 左のほゝもかれにさしむけよ
40 なんぢをうつたへて したをとらんとするものには うはもまたかれにとらせよ
41 人なんぢにいちりこうやくしひなば かれとともににりゆけよ
42 なんぢにもとむるものはあたへよ からんとするものにはいなむなかれ
43 となりをいつくしみてあだ人をうらむべしといひしをなんぢらきゝしところなり
44 されどわれなんぢらにつげん なんぢらのあだ人をいつくしみ なんぢらをのろふものゝためにさいはひをねがへ なんぢらをうらむるものによきことをなし なんぢらにさからふものとせむるものゝためにいのれ
45 さすればてんにましますなんぢらのちゝなるべし いかにとなればその日をよきものにもあしきものにもてらし あめをたゞしきものとたゞしからざるものとにふらしたまふ
46 なんぢらもしいつくしむものをいつくしまば なんのむくひあらんや みつぎとりもかくなさゞらんや
47 もしあんひを兄弟のみにとはゞ なんのまされることあらんや みつぎとりもかくなさゞらんや