馬太傳第二章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 新約聖書(ヘボン訳) > 馬太傳福音書
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第二章[編集]

[1] さて耶穌はヘロデ王のとき ユダヤベツレヘムにうまれたまひしが みよ はかせたちひがしのかたよりヱロソルマにきたりて
[2] いひけるは ユダヤ人の王とてうまれたまひしものはいづこにゐますや こはわれらひがしのかたにてそのほしをみれば かれをはいせんとてきたれりと
3 ヘロデ王これをきゝていためり またヱロソルマたみもみなしかり
4 すべてのさいしのをさとたみのがくしやらをあつめてそれにとひけるは キリストのうまるべきところはいづこなるや
5 かれにいひけるは ユダヤベツレヘムなり そはよげんしやのしるされしことばに
[6] ユダヤの地ベツレヘムよ なんぢはユダヤぐんちうにていたつてちいさきものにあらず いかにとなればわがイスラヱルたみをやしなふべききみそのうちよりいでんといへり
7 こゝにおいてヘロデひそかにはかせたちをよび ほしのあらはれしときをくはしくとひて
[8] かれらをベツレヘムへつかはさんとていひけるは ゆきてをさなごのことをくはしくたづねて これにあはゞわれもまたゆきてこれをはいせんためにわれにつけ[げ]よ
9 彼ら王のおほせをきゝてゆける みよ ひか[が]しのかたにてほしかれらにさきだち をさなのをるところまでゆきてそのうへにとゞまりぬ
10 かれらこのほしをみてよろこびにたえず
11 すでにいへにいり をさなごのそのはゝマリアとともにをるをみてひれふし をさなごをはいし そのたからのはこをひらき れいもつわうごんにうかうもつやくをさゝげたり
[12] はかせゆめにヘロデへかへるなかれとのつげをかうむりて ほかのみちよりそのくににかへれり
[13] かれらさりてのち みよ しゆのつかひヨセフのゆめにあらはれていひけるは ヘロデをさなごをさがしころさんとするゆゑ おきてをさなごとそのはゝとをたづさへ アイグプトへにげさり わがなんぢにしめさんまでかしこにとゞまれよ
14 ヨセフおきてよるをさなごとそのはゝとをたづさへ アイグプトにゆき
15 ヘロデの死するまでそこにとゞまれり これはよげんしやによつてしゆの われわがアイグプトよりよびいだせりとのたまひしにかなへんためなり
16 こゝにヘロヲ[デ]はかせにあさ[ざ]むかれたるをしり おほひにいかり 人をつかはし はかせにくはしくたづねたるときにしたがつてベツレヘムとそのさかひのうちなるをさなごをにさいよりいかのものをこと〴〵くころせり
17 これよげんしやヱレミヤのいはれたる
18 なげきかなしみいたくうれふるこゑきこゆ ラケルそのどものをなげき またそのどものなきによりてなぐさまずといひしにかなへり
19 ヘロデしたれば みよ しゆのつかひアイグプトにてゆめにヨセフにあらはれていひけるは
20 おきてをさなこ[ご]とそのはゝをたづさへて イスラヘルにゆけ をさなごのいのちをもとむるものははやせり
21 すなはちおきておさなごとそのはゝとをたづさへ イスラヘルにいたるに
22 アルケラヲその父ヘロデにかはりてユダヤわうたりときゝ そこへゆくをおそれり またゆめにつげをかうむりてガリラヤのうちにさけ
23 ナザレといへるむらにいたりてこゝにをる ナザレびととなづけられんとよげんしやによつていはれしことにかなふためなり