馬太傳第二十章

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 新約聖書(ヘボン訳) > 馬太傳福音書
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

この翻訳には差別語が含まれていますが、歴史的著作物であることを考慮し、原文のまま掲載いたします。

第二十章[編集]

[1] それてんこくあさはやくぶどうばたけにはたらくものをやとひにいでたるあるじたり
2 はたらくものにはいちにちきんひとつをあたへんとやくそくしてこれらをどうばたけにつかはせり
3 またいつゝはんごろいでゝ まちにひまにてたちたるものをみて
4 かれらに 汝らもまたどうばたけにゆけ さうとうのあたひをあたへんといひければ これまたゆけり
5 またこゝのつどきやつはんごろいでゝ まへのごとくなせり
6 なゝつはんごろいでゝ ほかにひまにてたちたるものにあひ かれらにいひけるは しうじつひまにてこゝにたつはなんぞや
7 かれらいひけるは われらをやとふものなきゆゑなりと かれらにいひけるは 汝もまたどうばたけにゆきてさうとうあたひをうべし
8 くれにぶどうばたけのあるじそのいへのをさにいひけるは はたらくものどもをよびて あとのものをはじめとしてさきなるものまでこれにあたへをはらふべしと
[9] なゝつはんごろにやとはれしものどもきたりて きんひとつづゝをうけたり
[10] はじめのものどもきたりて われらはおほくうくるならんとおもひしに またきんひとつをうけたり
[11] これをうけてあるじにつぶやきていひけるは
[12] このあとものはひとゝきばかりはたらきしに しうじつくろうあつさにあひたるわれらとひとしくこれをなせり
[13] そのひとりにこたへていひけるは ともよ われ汝にむりをなさず われときんひとつのやくそくをなさゞりしや
[14] 汝のものをとりてゆけ われまた汝のごとくこのあとのものにもあたふべし
15 わがものをもつておもふごとくになすはよからずや われよきによつて汝のあしきか
16 かくのごとくあとのものはさきになり さきのものはあとになるべし それよばるゝものはおほしといへども ゑらまるゝものはすくなし
17 耶穌ヱロソルマにのぼるとき とちうにて人をさけて 十二でしをともなひかれらにいひけるは
18 みよ われらヱロソルマにのぼり 人のさいしのをさとがくしやにわたされて かれらこれをしざいにさだめ
19 なぶりむちうち じうじかにつけんためにいこくじんにわたされん またみつかめによみがへるべし
20 そのときゼベダイたちのはゝそのたちとともに耶穌にきたり はいしてかれにもとむることあり
21 耶穌かれにいひけるは なにをほつするや かれにいひけるは このふたりのわがをあなたのくににおいて ひとりはあなたの右 ひとりは左にすることをねがふ
22 耶穌こたへていひけるは 汝らはねがふところをしらず 汝らはわがのまんとするさかづきをのみ またわがうけんとするせんれいをうくべきや かれら耶穌にいひけるは よくすべし
23 耶穌かれらにいひけるは 汝らじつにわがさかづきをのみ またわがうくるせんれいをうくべし しかしながらわがみぎび[ひ]だりすることはわれよりあたゆるにあらず たゞわが父よりゑらまれたるものにあたへらるべし
24 十人のでしこれをきゝて ふたりの兄弟をいきどほれり
25 耶穌かれらをよびていひけるは いほうれうし[ゆ]はそのたみをつかさどり おほひなるものどもはけんをもつてかれらをしはい
26 しかしながら汝らのうちはさにあらじ 汝らのうちおほひならんとほつするものは 汝らのつかふものとなるべし
27 また汝らのうちかしらにならんとほつするものは汝らのしもべとなるべし
28 人のも人をつかふためにあらず かへつて人につかはれ またそのせいめいをすてゝおほくの人にかはりてあがなはんためにきたれるがごとし
29 かれらエリコをいでたるとき おほくの人〴〵耶穌にしたがへり
30 さて みよ みちのほとりにすはりたるふたりのしひ 耶穌のすぐるときゝさけびていひけるは しゆダビデ われらをあはれみたまへ
31 人〴〵 だまるべしとかれらをいましめたり されどもなほおほひにさけんでいひけるは しゆダビデ われらをあはれみたまへ
32 耶穌たゝずみこれをよびていひけるは われ汝らになにをなさんとねがふや
33 耶穌にいひけるは しゆや われらの目のひらかんことをねがふ
34 耶穌おもひやりてその目にをつけしに すなはちその目ひらきければ 耶穌にしたがへり