馬太傳第二十四章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 新約聖書(ヘボン訳) > 馬太傳福音書
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第二十四章[編集]

[1] 耶穌みやよりいでゝゆきけるに そのでしみやかまへをかれにみせんとてきたれば
2 耶穌かれらにいひけるは このものをみなざるか まことに汝らにつげん いしのうへの石もくず[圮]れずにはこゝにのこるまじ
3 耶穌かんらんざんするとき でし人をさけてきたりいひけるは いつそのことあらんや またしゆきたると よのおはりのしるしはいかなることあらんや われらにつげたまへ
4 耶穌こたへてかれらにいひけるは 人汝らをあざむかぬやうにつゝしめよ
5 いかにとなればおほくの人わがによりてきたり われはキリストなりといひておほくの人をあざむくべし
6 また汝らいくさといくさのふうぶんをきくべしなれども おそれざるやうにつゝしめよ これみなやむことをえざるものなればなり さりながらおはりいまだいたらず
7 いかにとなればたみは民をせめ くには國をせめ ききん ゑきべう ぢしん しよ〳〵にあるべければなり
8 これみなわざはひのはじめなり
9 そのとき人汝らをなやみにわたしころすべし また汝らわがのためにばんみんにくまるべし
10 そのときおほくのものつまづかされ たがひにわたし たがひにうらむべし
11 にせよげんしやおほくおこり おほくの人をあざむくべし
12 ふほうかさなるによりておほくの人のあいじやうひやゝかなるべし
13 されどおはりまでしのぶものはこれすくはるべし
14 またてんこくのこのふくいんばんみんしやうこをなさんためにあまねくてんかにいひひろめられん しかるのちおはりいたらん
15 ゆゑにあらすにくむべきもの すなはちよげんしやダニエルによりていはれしところのものせいしよにたつをば 「よむものよくかんがへよ」
16 そのときユダヤにをるものは山ににけ[げ]よ
17 やねのうへにをるものはそのいへのものをとりにおりるなかれ
18 たはたにをるものはそのころもをとりにかへるなかれ
19 わざはひなるはその日はらめるものとをのまするをんななり
20 汝らふゆまたあんそくにちにぐることなきやうにいのれ
21 いかにとなればそのときのおほひなるなやみはのはじめより今にいたるまでかくのごときはなかりき またのちにもあるまじければなり
22 もしその日をみじかくせられずんば ひとりもすくはるゝものなかるべし さりながらゑらまるゝものゝためにその日をみじかくせらるべし
23 もしそのとき みよ キリストこゝにあり かしこにありと汝らにいふものありとも しんずるなかれ
24 いかにとなればにせキリストにせよげんしやたちおこりてしとげらるゝならば ゑらまれしものをもあざむくやうにおほひなるしるしとふしぎなることをなさん
25 みよ われ汝らにあらかじめつげおきぬ
26 ゆゑに みよ キリストにありといふものありともいづるなかれ みよ へやにありといふものありともしんずるなかれ
27 いかにとなればいなづまひがしよりいでにしにまでひらめくごとく 人ののきたるもかくのごとくなればなり
28 それしかばねのあるところにわしあつまるべし
29 その日のなやみののち たゞちに日はくらく つきはひかりをうしなひ ほしはそらよりおち てんのいきほひふるはるゝべし
30 そのとき人のしるしてんにあらはれ またちし[じ]やうにあるしよぞくなげき 人の子けんいとおほひなるくわうめうありて てんくもにのりきたるをみるべし
31 またらつぱのおほひなるこゑをしてそのつかひをつかはし そのゑらまれしものを天のこのはてよりかのはてまでしほうよりあつむべし
32 それ汝らいちじくによりてたとへをまなべ そのえだすでにやはらかにしてめぐめば なつのちかきをしる
33 かくのごとくまた汝らすべてこのことをるときに これはちかくかどぐちにいたるとしれ
34 まことに汝らにつげん このことこと〴〵くなるまでは このたみうせざるべし
35 てんちはうせん されどわがことばゝうせじ
36 さりながらその日そのときをわが父のほか天のつかひだにもたれもしらず
37 ノアのときのごとく 人ののきたるもまたしからん
38 それくわうずいのまへノアはこぶねにいる日まで 人〴〵のみくひとつぎめとりなどして
39 洪水きたり こと〴〵くみなほろぼすまでしらざるがごとく 人ののきたるもまたかゝるべし
40 そのときふたりはたにあるに ひとりはとられ ひとりはのこされ
41 ふたりのをんなうすひくに ひとりはとられ ひとりはのこされん
42 ゆゑに汝らのしゆいづれのとききたるかしらざれば おこたらずまもれよ
43 いへのあるじぬすびといづれのとききたらんことをしらば まもりてそのいへをやぶらせざらんことをよくこゝろえよ
44 このゆゑに汝らもまたかくごせよ いかにとなればおもはざるときに人のきたらん
45 ときによりてかてをかれらにあたふるために しゆじんがそのかないのものゝうへにおきたるちうぎにしてかしこきしもべはたれなるや
46 そのしゆじんきたりてかくつとむるをば そのしもべはさいはひなり
47 われまことに汝らにつげん そのしんだいみなこれにつかさどらせん
48 そのあしきしもべはおのがこゝろに わがしゆじんのきたるはおそからんといひて
49 そのほうばいをむちうち さけにゑひたるものどもといんしよくをしそめなば
50 そのしもべのしゆじんはおもはざるの日しらざるのときにきたりて
[51] かれをきりころし ぎぜんしやぶんをおなじふしてつみせん そこにてかなしみがみすることあるべし