馬太傳第二十六章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 新約聖書(ヘボン訳) > 馬太傳福音書
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

この翻訳には差別語が含まれていますが、歴史的著作物であることを考慮し、原文のまま掲載いたします。

第二十六章[編集]

[1] さてまた耶穌このさま〴〵のことばをいひおはりて そのでしにいひけるは
2 ふつかのゝちにはすぎこしのまつりならんと汝らしれるなり またひとじうじかにつけられんためにわたさるゝなりと
3 そのときさいしのをさたちとがくしやたみとしよりたちカヤパといへるさいしのをさのやしきのにはにあつまり
4 たばかりをもつて耶穌をとらへころさんととも〴〵にはかり
5 いひけるは たみのうちにらんのおこらんことをおそるゝゆゑに まつりの日にはすべからず
6 それ耶穌ベタニヤらいべうシモンいへにをるときに
7 あるをんなろうせきうつはにあたへたかきもつやくを耶穌にもちきたり 耶穌しよくするときにそのかうべにかけしかば
8 そのでしていかりをふくみ このつひえのことはなにゆゑぞや
9 それこのもつやくうらば おほくのきんをえてまづしきものにほどこさるべきものをといひけるを
10 耶穌しりてかれらにいひけるは よきことをわれになせしに なにゆゑにこのをんなをなやまするや
11 まづしきものはつねに汝らとともなるに われはつねにともならず
12 かれこのもつやくをわがにかけしは われのはうむりのためになせり
13 まことに汝らにつげん あめしたいづくにてもこのふくいんのひろめらるゝところに このをんなのなせしこともそのかたみのためにいひつたへらるべし
14 そのとき十二でしのひとりイスカリオテユダといへるもの さいしのをさたちにゆきて
15 われかれを汝らにわたさば なにをあたふるやといひければ ぎん三十とかれにやくせり
16 このときより耶穌をわたさんと をりをうかゞへり
17 たねいれぬぱんのまつりのはじめの日に でし耶穌にきたりていひけるは あなたすぎこしのまつりにしよくじせんとて われらあなたのためにそなふるはいづくにせんとほつするや 耶穌いひけるは
18 じやうかにいりなにがしにいたりて いへるは わがときちかづけば われでしとともにすぎこしのしよくじを汝のいへになすべしといへ
19 でし耶穌のめいぜしごとくして すき[ぎ]こしのしよくじをそなへたり
20 日く[ぐ]れに耶穌十二でしとともにせきしたり
21 しよくするときいひけるは まことに汝らにつげん 汝らのうちのひとりはわれをわたさん
[22] かれらいとうれひ おの〳〵耶穌にいひいでけるは しゆや われなるか
23 こたへていひけるは われとともにはちをつくるもの これわれをわたさん
24 人のはおのれについてしるされしごとくゆかん しかれども人のをわたすその人こそわざはひなれ その人うまれざりしかばかれのさいはひなるものを
25 かれをわたすのユダこたへていひけるは ラビや われなるか かれにいひけるは 汝のいへるごとし
26 かれらしよくするとき 耶穌ぱんをとりしゆくしいのりてでしにあたへていひけるは とりてくらへ これはわが身なり
27 またさかづきをとりしやしてかれらにあたへていひけるは 汝らみなこのさかづきよりのめよ
28 そはこれしんやくのわがにして 罪をゆるさんとておほくの人のためにながさるゝものなればなり
29 われ汝らにつげん 今よりのち汝らとともにこれをあらたにわが父のくににのまん日まで ふたゝびこのぶどうにてつくれるものをのむまじ
30 かれらうたをうたひてのちかんらんざんにゆけり
31 そのとき耶穌かれらにいひけるは こんや汝らみなわれについてつまづかされん そはわれかふものをうたんに むれめんようちらされんとしるされしなればなり
32 されどわれよみがへりしのち 汝らにさきだちてガリラヤにゆくべし
33 ペテロこたへて耶穌にいひけるは みなあなたについてつまづかさるゝとも われかならずつまづかされまじ
34 耶穌かれにいひけるは まことに汝らにつげん 今夜にはとりなかざるまへに汝たびわれをしらずといはん
35 ペテロかれにいひけるは われはしゆとともにすともあなたをしらずといはじ でしもみなかくいへり
36 その耶穌かれらとともにゲツセマネといへるところにいたりて われかしこにゆきいのるまでこゝにをれとでしたちにいへり
37 ペテロゼベダイのふたりのをつれてうれひかなしみをもよふし
38 そのときかれらにいひけるは わがこゝろいたくうれふることぬるばかりなり こゝにまちてわれとともにをさましをれ
39 すこしすゝみうつぶしていのりいひけるは わが父よ もしなるべくはこのさかづきをはならせたまへ されどわがこゝろのまゝになすにあらず みこゝろのまゝにまかするなり
40 しかしてでしにきたりそのいねたるを ペテロにいひけるは かくもわれとともに一ときもをさますことのあたはざるか
41 まどひにいらぬやうにめをさましかついのれ たましひはほつすれどもにくたいよはきなり
42 ふたゝびゆき またいのりていひけるは わが父よ もしこのさかづきをのまずしてわれをはなるゝことあたはずんば みこゝろにまかすべし
43 またきたりて かれらのいねたるをみる そはそののつかれしゆゑなり
44 かれらをはなれてまたゆき 三たびめもおなじことをいひていのれり
45 ついにそのでしにきたりていひけるは 今はいねてやすめよ みよ 時ちかし 人のつみ人のにわたさるゝなり
46 おきよ われらゆくべし みよ われをわたすものちかづけりと
47 いふうちに みよ 十二の一人ユダやいばつえとをもちたるおほくの人〴〵とともにさいしのをさとたみとしよりよりきたれり
48 耶穌をわたすもの かれらにあいづをしめして わがキツスせんものこそそれなれ これをとらへよといへり
49 たゞちに耶穌にきたりて ラビ やすきやといひて かれにキツスせり
50 耶穌かれにいひけるは ともよ なんのためにきたるや こゝにおいてかれらすゝみ を耶穌にかけてとらへたり
51 みよ 耶穌とともにをるものゝひとり 手をのばしけんをぬきさいしのをさのしもべをうち そのみゝそぎおとせり
52 こゝにおいて耶穌かれにいひけるは 汝のけんをもとにおさめよ いかにとなればすべてけんをとるものはけんにてほろぶべし
53 われ今十二まんつかひをわれにたまはんことをわが父にねがふことあたはずとおもふか
54 しからばいかでせいしよおうずべきや いかにとなればかくあらねばならぬなり
55 そのとき耶穌人〴〵にいひけるは やいばつえとをもちてぬすびとをとらゆるごとくにわれをとらへにきたるや われ日〴〵に汝らとともにみやしてをしゆといへども 汝らわれをとらへざりし
56 さりながらこれみなよげんしやのしるされしにかなふやうになれり こゝにおいてでしみな耶穌をはなれてにげたり
57 耶穌をとらへしものがくしやとしよりのあつまりしところのさいしのをさカヤパへこれをひきゆけり
58 ペテロとほくはなれてさいしのをさのにはまで耶穌にしたがひていり そのなりゆきをんとてしもべとともにしたり
59 さいしのをさたちとしよりぜんこうくわいと 耶穌をころさんといつはりのしやうこをもとむれどもえず
60 おほくのいつはりのしやうこにんきたれども またえず のちにいつはりのしやうこにんふたりきたりていひけるは
61 この人 われよく神のみやをこぼちて みつかのうちにこれをたてんといひしことあり
62 さいしのをさたちて耶穌にいひけるは こたふることなきや この人〴〵汝のしやうこをたつるはなんぞや
63 耶穌もくねんたり さいしのをさこたへてかれにいひけるは 汝キリスト神のなるやいなやいけるかみになんぢをちかはせてわれらにつげしめん
64 耶穌かれにいひけるは 汝いへるごとし されども汝らにつげん このゝち汝らは人のけんせいの右にして天のくもにのりてきたるをみるべし
65 こゝにおいてさいしのをさ そのころもさきていひけるは この人けがすことをいへり なんぞほかのしやうこをもとめんや みよ 汝らも今そのけがせることをきけり
66 いかにおもふぞや 人〴〵こたへて かれはにあたれりといへり
67 こゝにおいてかれらそのかほにつばきし またこぶしにてうち ある人もかれをたゞ[ゝ]きいひけるは
68 キリストよ 汝をうつものはたれぞとわれらによげんせよ
69 ペテロにはせしに ひとりのげじよかれにきたりていひけるは 汝もガリラヤの耶穌とともなりし
70 ペテロすべての人のまへにこばみていひけるは 汝なにをいふか しらずと
71 いでゝかどぐちにいたるに またひとりのげじよかれを そこにをるものにいふには この人もナザレの耶穌とともなりし
72 ペテロ われこの人をしらずとまたちかひてこばめり
73 しばらくしてかたへにたちしものすゝみよりペテロにいひけるは まことに汝もそのともがらのひとりなり いかにとなれば汝のくになまり汝をあらはせばなり
74 こゝにおいてペテロのゝしりかつちかつて われその人をしらずといへるに にはとりやがてなきしかば
75 ペテロ耶穌のことばに にはとりなかざるまへに汝たびわれをしらずといはんといはれしをおもひ そとにいでゝかなしみなきぬ