馬太傳第二十八章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 新約聖書(ヘボン訳) > 馬太傳福音書
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「単語ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第二十八章[編集]

[1] 安息日あんそくにちすぎ ひとまはりのはじめの日 あけどきにマグダラマリアとほかのマリアとそのはかを見んとてきたりしに
2 みよ おほひなる地震ぢしんありし これしゆのつかひあまくだりきて いしもんよりまろばしてそのうへにすればなり
3 その容貌ようぼういなづまのごとく そのころもゆきのごとくしろし
4 まもるものかれをおそるゝによりてわなゝき せしものゝごとくなりぬ
5 つかひこたへて女にいひけるは 汝らはおそるゝなかれ 十字架につけられし耶穌をたづぬるをわれしればなり
6 かれはこゝにいまさず いかにとなればそのいひしごとくによみがへり きたりてしゆのおかれしところを
7 またとくゆきてそのでしに よりよみがへり みよ 汝にさきだちてガリラヤにゆき かしこにて汝らはかれをんとつげよ
8 みよ 汝らにつげしぞ をんなおそれながらもいとよろこび とくはかをさり そのでしにつげんとてはしりゆけり
9 門徒でしにつげんとゆきしときに みよ 耶穌かれらにあふて やすかれよといひけるに をんなすゝみそのあしをいだきはいせり
10 こゝにおいて耶穌かれらにいひけるは おそるゝなかれ さりてガリラヤにゆけ かしこにてわれをみんとわが兄弟につげよ
11 をんなゆくとき みよ まもるもののうち城下みやこにいたり すべてありしことを祭司さいしのをさたちにつげしかば
12 かれらと長老としよりあつまりてともにはかり おほくのぎん士卒しそつにあたへて
13 いひけるは われらいねしとき そのでしよるきたりてかれをぬすめりといへよ
14 このこと方伯ほうはくにきこえなば われらかれにすゝめて汝らにはこゝろづかひなからしめん
15 かれらぎんをとりて いひふくめられしごとくせり このはなしユダヤ人のうちに今日こんにちにいたるまでいひひろめられたり
16 十一のでしガリラヤにゆき 耶穌のかれらにめいぜられし山にいたり
17 耶穌をはいしたり されどもうたがひしものもありき
18 耶穌すゝみてかれらにかたりていひけるは てんのうちのうへのすべてのけんをわれにたまはれり
19 ゆゑにゆきて ちゝ聖靈せいれいの名にかれらに洗禮せんれいをほどこし
20 わがすべて汝らにめいぜしことをまもれとをしへて 萬國ばんこくたみ門徒でしとせよ みよ われ末期おはりまでつねになんじらとともにあるなり 亞孟あゝめん