馬太傳第二十五章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 新約聖書(ヘボン訳) > 馬太傳福音書
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第二十五章[編集]

[1] そのときてんこくはともし火をとりてはなむこをむかへにいづる十人のむすめになぞらふべし
2 そのうち五人かしこく五人おろかなり
[3] おろかなるものはそのともし火をとるにあぶらをたづさへす[ず]
4 かしこきものはそのともし火とともにうつはにあぶらをたづさへり
5 はなむこ者はおそければみなかりねにいれたり
6 よるなかばに みよ はなむこきたりぬ むかひにいでよとのこゑありければ
7 このむすめともみなおきてそのともし火をとゝのへぬるに
8 おろかなるものかしこきものにいひけるは われらのともし火きえんとすれば 汝らのあぶらをわれらにわけあたへよ
9 かしこきものこたへていひけるは おそらくはわれらと汝らとにたるまじ むしろうるものにゆきておのれのために
10 かれらかひにゆきしときはなむこきたりければ すでにそなへしものはかれとともにこんれいにいりしかば もんはとぢられたり
11 かゝるのちにそのほかのむすめきたりて しゆしゆや われらにひらきたまへといへば
12 こたへて まことに汝らにつげん われ汝らをしらざるなりといへり
13 されば人のきたる日とときをもしらざるがゆゑにつゝしめよ
14 人のたびにたつ人のごとし おのがしもべをよびてそのしんしようをこれらにあづけ
15 おの〳〵そのきりやうによりて ひとりにはきん五千 ひとりには二千 ひとりには一千をあたへて やがてたびだちぬ
16 五千の金をうけしものはゆきてこれをはたらかし またべつに五千をまうけたり
17 二千をうけしものもまたべつに二千をまうけたり
18 しかるに一千をうけしものはゆきてをほり そのしゆの金をかくせり
19 ほどへてのちそのしもべのあるじかへり これらとかんじやうをなしけるに
20 五千の金をうけしもの そのほかに五千金をもちきたりて しゆや われに五千の金をあづけしに みよ そのほかに五千の金をまうけたりといひければ
21 そのあるじかれにいひけるは あゝ ぜんかつちうなるしもべぞ 汝わづかなることにおいてちうになせり われ汝におほきものをつかさどらせん 汝のあるじのよろこびにいれよ
22 二千の金をうけしものきたりて しゆや われに二千の金をあづけしに みよ そのほかに二千の金をまうけたりといふ
23 そのあるじかれにいひけるは あゝ ぜんかつちうなるしもべぞ 汝わづかなることにおいてちうになせり われ汝におほきものをつかさどらせん 汝のあるじのよろこびにいれよ
24 また一千の金をうけしものきたりていひけるは しゆや 汝はきびしき人にて まかざりしところよりかりとりちらさゞりしところよりあつむる人なるをわれしりぬれば
25 われおそれ ゆきてしゆの一千の金を地にかくせり みよ あなたはあなたのものをえたり
26 そのあるじこたへてこれにいひけるは あしくしてかつおこたるしもべぞや われはまかざりしところよりかり ちらさゞりしところよりあつむるとしるか
27 しからばわが金をばりやうがへやにあづけおくべきなり さすればわがかへりしときにもときんりそくとをうけとるべし
28 よつてかれの一千の金をとりて十千の金あるものにあたへよ
29 いかにとなればそれもつものにはあたへてなほあまりあらしめ あらざるものにはそのもつものまでもとるべしとなればなり
30 いたづらなるしもべをそとのくらきにおひやれ そこにてかなしみがみすることあるべし
31 さて人のおのれのいくわうにてもろ〳〵のせいなるつかひをつれきたるときには その威光あるくらゐに
32 くに〳〵のたみをそのまへにあつめ ひつじかふものめんようやぎとをわかつごとくにかれらをしなわけし
33 綿羊をその右 山羊をひだりにおかん
34 つひにわう右にをるものにいはん わが父にめぐまるゝものよ きたりてのはじめよりこのかた 汝らのためにそなへられしくにつげ
35 いかにとなればうえしときにわれにくはかわきしときにわれにのませ たびせしときにわれをやどらせ
36 はだかなりしときにわれにやみしときにわれをみまひ ひとやにありしときにわれにきぬればなり
37 こゝにおいてたゞしきものかれにこたへていはん しゆや いつしゆうえしをみてくはせ またかわきしにのませしや
38 いつしゆたびせしをみてやどらせ またはだかなりしにせしや
39 いつ主のやみまたひとやにありしをみてしゆにきたりしや
40 わうこたへてかれらにいはん まことに汝らにつげん 汝らすでにわがこの兄弟のいたつてちいさきものゝひとりにおこなへるは すなはちわれにおこなひしなり
41 つひにまたひだりにをるものにいはん つみせらるべきものよ われをはなれて あくまとそのつかひのためにそなへしきえざる火にいれよ
42 いかにとなればうえしときにわれにくはせず かわきしときにわれにのませず
43 たびせしときにわれをやどらせず はだかなりしときにわれにせず やみまたひとやにありしときにわれをみまはざればなり
44 こゝにおいてかれらまたこたへていはん しゆや いつしゆうゑ またかわき またたびし またはだか またやみ またひとやにありしをしゆにつかへざりしや
45 そのときにわうこたへてかれらにいはん まことに汝らにつげん このいとちいさきものゝひとりにおこなはざりしは すなはちわれにもおこなはざりしなり
46 これらはかぎりなきけいばつにいり たゞしきものはかぎりなきいのちにいるべし