馬太傳第二十二章

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 新約聖書(ヘボン訳) > 馬太傳福音書
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第二十二章[編集]

[1] 耶穌またたとへをとりてかれらにこたへていひけるは
2 てんこくはあるわうたる人そののためにこんれいをなすがごとし
3 こんれいにまねきしものをむかへんためにそのしもべをつかはせども きたるをこのまず
4 またほかのしもべをつかはしていひけるは みよ わがふるまひそなはり わがうしこえたるけものもほふりてこと〴〵くそなはりたれば こんれいにきたるべしとまねきしものにいへ
5 されどかれらかへりみずしてさり ひとりはおのれのはたにゆき ひとりはおのれのしやうばいにゆけり
6 そのほかのものどもはしもべをとらへ はづかしめてころせり
7 わうこれをきゝていかり ぐんぜいをつかはしてそのころせしものをほろぼし またそのむらやきたり
8 そのときそのしもべにいひけるは ふるまひすでにそなはれども まねきしものはきやくとするにたらざるものなれば
9 ちまたにゆき あふほどのものをふるまひにまねけよ
10 そのしもべみちにいで よきものにもあしきものにもかゝはらず あふほどのものこと〴〵くあつめければ ふるまひのきやくじうまんせり
11 わう客をみんとてきたりけるに そこにひとりのれいふくざる人をみて
12 ともや いかんぞれいふくをきずしてこゝにいるやといひければ もくねんたり
13 ときにわうしもべに かれの手足をしばりてそとのくらきになげいだせ そこにてかなしみまたがみすることあるべしといへり
14 それよばるゝものおほしといへども ゑらまるゝものすくなし
15 そのときパリサイの人いで いかにしてかかれをいひあやまらせんとあひはかりて
16 そのでしとヘロデのともがらをつかはしていはせけるは や われらあなたはまことあるものにしてまことに神のみちををしへ またたれにもよらざるをしれり これ人のかたちを見ざればなり
17 さればにんぜいをカヒサルにおさむるはよきやあしきや なんぢいかゞおもへるや われらにつげたまへ
18 耶穌そのあしきをしりていへるは ぎぜんしやよ なんぞわれをこゝろむるや
19 にんぜいの金子をわれにみせよといひければ ぎんせんひとつを耶穌にもちきたれり
20 かれらにいひけるは このゑすがたしるしはたれぞや
21 カヒサルのなりとかれにいへり すなはちかれらにいひけるは さらばカイサルのものはカイサルにかへし また神のものは神にかへすべし
22 かれらこれをきゝてあやしみ 耶穌をさけてされり
23 その日によみがへることはなしといひならはすサドカイの人耶穌にきたり とふて
24 いひけるは モーセのいへるに 人なくしてぬれば その兄弟そのつまをめとりうませ 兄弟のあとをたつべしと
25 それわれらのなかに兄弟七人ありし あになるものめとりてなければそのつまを弟におくれり
26 その二 その三 その七までみなしかせり
27 のちつひにをんなもまたせり よみがへるときは七人のうちたれのつまとなるべきや これみなかれをめとりしものなればなり
29 耶穌こたへてかれらにいひけるは なんぢらせいしよをも神のちからをもしらざるによりてあやまれり
30 それよみがへるときはめとらずとつがず 神の天にあるつかひたちのごとし
31 せしものゝよみがへることは 汝らに神のつげたまひしことばに
32 われはアブラハムの神 イサクの神 ヤコブの神なりとあるをいまだよまざるか そも〳〵神は死せしものゝ神にあらず いけるものゝ神なり
33 人〴〵きゝてそのをしへにおどろきたり
34 パリサイの人耶穌のサドカイの人をへいこうさするをきゝてひとつところにあつまりしに
35 そのうちきやうぼうしなるものひとり 耶穌をこゝろみんためにとふていひけるは
[36] や おきてのうちおほひなるいましめはいづれぞや
37 耶穌かれにいひけるは 汝こゝろをつくし せいしんをつくし ちゑをつくし 汝の神なるしゆあいすべし
38 これは第一にしておほひなるいましめなり
39 第二もこれにおなじく すなはちわがのごとく汝のとなりあいすべし
40 すべてのおきてまたよげんはこのふたつのいましめによれり
41 パリサイの人あつまりたるとき 耶穌かれらにとふていひけるは
42 汝らキリストについていかにおもふや たれのなるや かれら耶穌にいひけるは ダビデなり
43 かれらにいひけるは さらばダビデみたまかんじてこれをしゆととなゆるはいかんぞ ダビデのいひけるに
44 しゆ わがしゆにいひけるは われ汝のしうてきを汝のあしだいとするまでわがの右にすべしと
[45] さればダビデこれをしゆととなへたれば いかゞしてそのにあるや
46 ひとりでもいちごんも耶穌にこたゆるあたはずして またその日よりもはやあへてかれにとふものあらず