馬太傳第二十三章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 新約聖書(ヘボン訳) > 馬太傳福音書
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

この翻訳には差別語が含まれていますが、歴史的著作物であることを考慮し、原文のまま掲載いたします。

第二十三章[編集]

[1] そのとき耶穌人〴〵とでしにつげていひけるは
2 がくしやとパリサイの人はモーセくらゐ
3 ゆゑにかれらすべて汝らにいふことをまもりておこなふべし されどかれらのおこなひのごとくなすことなかれ いかにとなればかれらはとなふるのみにしておこなふことなければなり
4 またかれらはおもくしてかつぎがたきをくくりて人のかたにかつがすれども おのれはひとつのゆびにてこれをうごかすをこのまず
5 かれらのおこなひはすべて人にみられんためにおこなひ そのまもりふだをはゞひろくし そのころもすそをおほきくし
6 またふるまひのしやうざ くわいどうかうざ
7 いちまちのあいさつ人より ラビ ラビととなへらるゝなどをこのむ
8 汝らはラビのとなへをうくることなかれ いかにとなれば汝らのしゆはひとり すなはちキリストなり 汝らはみな兄弟なり
9 またにあるものを父ととなふることなかれ 汝らの父はひとり すなはちてんにいますものなり
10 またしゆのとなへをうくることなかれ いかにとなれば汝らのしゆはひとり すなはちキリストなり
11 みづからをたかぶるものはひくゝなるべし
[12] またみづからをひくゝするものはたかくなるべし
13 あゝ 汝らわざはひなるかな がくしやとパリサイの人ぎぜんしやよ いかにとなればそれてんこくを人のまへにとぢて おのれもいらずして いらんとするものをもゆるしいれざればなり
14 あゝ 汝らわざはひなるかな がくしやとパリサイの人ぎぜんしやよ いかにとなればやもめをんないへへいどんし いつはりてながきいのりをなす これによりて汝らもつともおもきつみをうくべければなり
15 あゝ 汝らわざはひなるかな がくしやとパリサイの人 ぎぜんしやよ いかにとなればわがしうしにひとりでもひきいれんためにかいりくをめぐり かれすでにひきいるれば 汝らよりなほばいしてこれをぢごくとなせり
16 あゝ 汝らわざはひなるかな めしひなるひきよ そのことばに たれにてもみやをさしてちかふものはちかひとせず みやこがねをさしてちかふものはそむくべからずといへり
17 おろかにしてめしひなるものよ たつときものはこがねなるか 金をしやう〴〵にするのみやなるか いづれぞや
18 またたれにてもまつりだんをさしてちかふものはちかひとせず そのうへのそなへものをさしてちかふものはそむくべからずといへり
19 おろかにしてめしひなるものよ たつときものはそなへものか そなへものをしやう〴〵にするまつりだんなるか いづれぞや
20 ゆゑにまつりのだんをさしてちかふものは まつりのだんおよびすべてそのうへにあるものをさしてちかふなり
22[21] またみやをさしてちかふものは みやおよびそのうちにいますものをさしてちかふなり
22 またてんをさしてちかふものは神のみくらゐおよびそのうへにするものをさしてちかふなり
23 あゝ 汝らわざはひなるかな がくしやとパリサイの人 ぎぜんしやよ いかにとなればはくか うききやう まきんじゅうぶんいちをとりておさめ おきてのもつともおもんずべきものじんしんとは汝らこれをすつ これもおこなふべきものなり かれもまたすつべからざるものなり
24 めしひのひきよ ぼうふりをこしいだらくだをのむものなり
25 汝らさかづきさらそとをきよくし うちにはしへたげたるものといんよくなるものにてみてり
26 めしひなるパリサイの人よ さかつきさらのそとをきよくなさんために まづそのうちをきよくすべし
27 あゝ 汝らわざはひなるかな がくしやとパリサイの人 ぎぜんしやよ いかにとなればしろくぬりたるはかににたり そとはうつくしくみえ うちはがいこつとさま〴〵のけがれにてみてり
28 かくのごとく汝らもまたそとには人にたゝ[ゞ]しくえ うちにはぎぜんふはうにてみてり
29 あゝ 汝らわざはひなるかな がくしやとパリサイの人 ぎぜんしやよ いかにとなれは[ば]よげんしやのはかをたて ぎじんせきひをかざり
30 またいふに われもしせんぞのときにありしならば よげんしやをながすにかたんせざりしものをと
31 されば汝らはよげんしやをころせしものゝすゑなることを 汝らみづからにそむきてしやうこするなり
32 汝らのせんぞますめをみたせよ
33 へびまむしのたぐひぞ 汝らいかでぢごくけいばつをまぬかれんや
34 このゆゑに みよ よげんしやとちしやがくしやを汝らにつかはすに あるひはころしじうじかにつけ あるひはくわいどうにむちうち むら〳〵においておひくるしめん
35 かくあるアベルより みやとまつりのだんのあひだにてころせしバラキアなるザカリヤまで つちにながせしあるものゝはみな汝らにむくひきたるべし
36 まことに汝らにつげん このことみなこのにむくひきたるべし
37 あゝ ヱロソルマヱロソルマか よげんしやをころし 汝につかはされしものをいしにてうつものなるぞ めんどりひなをつばさのしたにあつむるごとく われ汝のどもをあつめんとほつせしこといくたびぞや されど汝はこのまず
38 みよ 汝らのあれやは汝らにのこるなり
39 われ汝らにつげん しゆによりてきたるものはさいはひなりといはるゝときにいたるまで いまよりのちふたゝびわれをみざるべし