馬太傳第二十七章

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 新約聖書(ヘボン訳) > 馬太傳福音書
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第二十七章[編集]

[1] よあけ[旦]になりて すべてさいしのをさたちとたみとしよりは耶穌につきて これをころさんとてともにはかれり
2 すでにかれをしばひきほうはくポンテヲ ピラトにわたせり
3 こゝにおいて耶穌をわたせしユダにさだめられしをくやみ そのぎん三十をさいしのをさたちととしよりにかへして
4 いひけるは つみなきをわたして われつみをなせり かれらいひけるは われ〳〵においてなんぞや みづからかへりみよ
5 ユダぎんみやになげすてゝさりゆきてみづからくびれ
[6] さいしのをさたちこの銀をとりていひけるは これはのあたへなればさいせんばこにいるべからずとて
[7] ともにはかり このぎんをもつてたびびとをはうむるためにやきものしのはたけをかひたり
[8] ゆゑにそのはたけをいまにいたるまでのはたけとなづけられたり
9 こゝにおいてよげんしやイエレミヤによりていはれしことばに かれらはねづもられしもの すなはちイスラエルよりねづもられしものゝあたへのぎん三十まいをとりて
[10] しゆのわれにめいぜしごとくやきものしのはたけをかふためにこれをあたへしといへるにかなへり
11 さて耶穌ほうはくのまへにたつ ほうはく耶穌にとふていひけるは 汝はユダヤびとわうなるか 耶穌これにいひけるは 汝がいへるごとし
[12] さいしのをさたちとしよりとかれをせめうつたふるに なにもこたへず
[13] こゝにおいてピラトかれに この人〴〵汝にいかやうなるしやうこをたつるときこえざるかといひしに
[14] ほうはくいとあやしめるまでに耶穌ひとこともかれにこたへざりし
15 さてこのまつりの日にはほうはくのねがひにまかせてひとりの罪人をゆるすのためしあり
[16] そのときバラバといへるひとりのきこえしつみびとありければ
[17] たみあつまりしときピラトかれらにいひけるは バラバかあるひはキリストといへる耶穌なるか 汝らたれをゆるさんとほつするや
[18] これねたみによりて耶穌をわたせしとしれは[ば]なり
19 ほうはくぎんみしよせしとき そのつまいひつかはしけるは そのたゞしきものになにもかゝはることなかれ いかにとなればけふいめにこの人によりおほくうれひたればなり
[20] さいしのをさたちとしよりバラバをゆるし 耶穌をころすをねがへとたみにすゝめたり
21 ほうはくこたへてかれらにいひけるは ふたりのうちわれいづれを汝らにゆるすをほつするや かれらバラバなりといひければ
[22] ピラトいひけるは さらばキリストといへる耶穌にわれなにをなすべきや みなじうじかにつけよといへり
23 ほうはくいひけるは かれなにのあしきことをなせしや かれいよ〳〵十字架につけよとさけびいひければ
24 ピラトそのかひなくして かへつてさはぎにならんとするを みづをとりてひと〴〵のまへにをあらひいひけるは このたゞしきものにはわれはつみなし 汝らみづからこれをかへりみよ
25 民みなこたへていひけるは そのはわれらとわれらのすゑにかゝるべし
26 こゝにおいてバラバをかれらにゆるし 耶穌をむちうちて十字架につけられんためにわたせり
27 こゝにおいて方伯のつはもの耶穌をこうてうにひきつれてくみぢうをかれによびよせ
28 そのころもをはぎてむらさきのうはをきせ
29 いばらのかむりものをあみてそのかうべにかむらしめ またよしを右のにもたせ かつそのまへにひざまづきてうろうしていひけるは ユダヤびとわうやすかれよ
30 またかれにつばきし そのよしをとりてそのかうべをうてり
31 かれをてうろうしおはりて そのうはぎをはぎ もとのころもをきせじうじかにつけんとてかれをひきゆけり
32 いづるときクレネの人シモンといへるものにあひ かれにしひてその十字架をおはせり
33 かれらゴルゴタといへるところ これをとけされかうべのところにきたれは[ば]
34 をあはせて耶穌にのませんとせしに なめてのむをこのまざりし
34[35] さて耶穌を十字架につけしのちによげんしやのことばに かれらたがひにわがころもをわかち わがうはぎくじにすといはれしにかなふて 䦰びきしてそのころもをわかちぬ
36 つはものこゝにして耶穌をまもれり
37 またこれはユダヤ人のわう耶穌なりと ざいしやうがきをそのかうべのうへにたてり
38 そのときふたりのぬすびと ひとりは耶穌の右 ひとりは左にともにじうじかにつけられたり
39 わうらいするもの耶穌をけがし くびをふりていひけるは
40 みやをこぼちてみつかにこれをたつるものや みづからをたすけよ 汝神のならば十字架よりをりよ
41 さいしのをさたちがくしやとしよりともまたおなし[じ]くてうろうしていひけるは
[42] 人をたすけしがわがをたすくることあたはず もしイスラエルわうたるものならばいま十字架よりくだるべし さらばわれらかれをしんぜん
43 かれは神にまかせり われは神のなりといひしうへは 神かれをいつくしまばいまたすけたまふべし
44 ともに十字架につけられしとうぞくもおなじく耶穌をのゝしれり
45 ひる十二より三までそのとちみなくらくなりぬ
46 三ころ耶穌おほごゑによばゝりて ヱリ ヱリ ラマ サバクタニといへり これをとけば わが神 わが神 なんぞわれをすてたまふやとなり
47 かたはらにたちしものきゝて かれはヱリヤをよぶなりといへり
48 やがてそのうちのひとりはしりゆきて うみわた[絨]をとりをふくませ よしにつけて耶穌にのませたり
49 そのほかのものいひけるは まてよ ヱリヤきたりてかれをたすくるやいなやを
50 耶穌またおほこゑによばゝりてそのたまをはなちぬ みよ
51 みやとてううへ よりしたまでさけてふたつになり またふるひいはさけ
52 はかひらけ すでにいねたるしんじやおほくよみがへり 耶穌のよみがへりしのち
53 はかをいでみやこにいりておほくの人にあらはれたり
54 ひやくにんかしらとともに耶穌をまもるものぢしんおよびありしことを見ていとおそれて これはまことに神のなりといへり
55 ガリラヤより耶穌にしたがつてつかへしおほくのをんなはるかにのぞみてゐたり
56 そのうちにマグダラマリアヤコブ ヨセはゝマリア ゼベダイはゝとありし
57 日くれてアリマタヤとめる人 すなはちでしなるヨセフと名つくるものきたれり
58 かれはピラトにゆき耶穌のしかばねをこひしに ピラトしかばねをわたせとめいぜり
59 ヨセフしかばねをとりて きよきぬのにつゝみ
60 これをいはにほりしおのれのあたらしきはかにおき はかもんにおほひなるいしをまろばしてさりぬ
61 マグダラマリアとほかのマリアはかのむかふにしてそこにたり
62 まつりのそなへ日のよくじつさいしのをさたちとパリサイの人ピラトにつどいひきていひけるは
63 しゆや かのいつはりものいけるとき みつかのちよみがへらんといひしをおもふに おそらくはそのでしよるきたり これをぬすみてたみせしよりよみがへりといはん
64 ゆゑにめいじて三日まではかをかためさせよ さなくはのちのまどはしはさきよりいやますべし
65 ピラトかれらにいひけるは 汝らにまもるものあり ゆきておもふまゝにかためさせよ すなはちかれらゆきていしふういんし まもるものをしてはかをかためさせし