馬太傳第二十一章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 新約聖書(ヘボン訳) > 馬太傳福音書
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

この翻訳には差別語が含まれていますが、歴史的著作物であることを考慮し、原文のまま掲載いたします。

第二十一章[編集]

[1] さてヱロソルマにちかづきかんらんざんベツパゲにいたるとき 耶穌ふたりのでしをつかはして
2 かれらにいひけるは 汝らのむかへるむらにゆけよ つなげるろばとそののともにあるにやがてあはん それをときてわれにひききたれ
3 もし汝になにとかいふものあらば しゆにうやうなりといふべし さすればたゞちにこれをつかはすべし
4 よけ[げ]んしやのことばに みよ 汝のわうにうわにしてろばにのり 汝にきたるとシヲンむすめにつげよと
5 いひしにかなふやうにかくなれり
6 でしゆきて耶穌のめいぜしごとくなし
7 ろばとその子をひききたり おのれがころもをそのうへにおき 耶穌をこれにのらしむ
8 人〴〵おほくそのころもをみちにしき あるひはのえだをきりてみちにしき
9 かつまへにたち あとにしたがふ人〴〵よびていひけるは ダビデ ホザナよ しゆの名によりてきたるものはほまるべし いたつてたかきところにホザナよ
10 耶穌ヱロソルマにいるときみやここぞりてさはだちいひけるは これはたれぞや
11 人〴〵これはガリラヤ ナザレのよげんしや耶穌なりといへり
12 耶穌神のみやにいり 殿のうちにうりかいするものをおひいだりやうがへやだいまたはとをうるものゝこしかけをたをし
13 かれらにいひけるは わがいへいのりのいへととなへらるべしとしるされたり しかるを汝らこれをとうぞくとなせり
14 めしひあしなへの人〴〵みやに耶穌にきたれば かれらをいやせり
15 さいしのをさたちとがくしやたちそのなせしふしぎなること またこどもみやにてよばゝりて ダビデホザナよといふをていかりをふくみて
11[16] 耶穌にいひけるは これらのいふところをきくや 耶穌かれらにいひけるは しかり をさなごまたちのみごくちよりほむるをそなへしとしるされしをいまだよまざるか
17 すなはちこれらをはなれみやこをいで ベタニヤにゆきそこにやどれり
18 よくあさみやこにかへるときうえければ
19 みちのほとりにひとつのいちじくを見てこゝにきたるに のみにてになにもみえざりければ いまよりのちいつまでもをむすぶことかなふまじとにいひければ いちじくたちどころにかれぬ
20 でし見てあやしみいひけるは いちじくのかれしことはいかにもすみやかなり
21 耶穌こたへてかれらにいひけるは まことに汝らにつげん もししんありてうたがはずんば このいちじくにおけるがごときのみならず この山にうつりうみにいれといふともなるべし
22 かつ汝らいのるときにしんじてねがはゞ こと〴〵くべし
23 耶穌みやにいりてをしゆるとき さいしのをさたちおよびたみとしよりなどきたりていひけるは なにのけんいをもてこのことをするや たれがこのけんいを汝にあたへたるか
24 耶穌こたへてかれらにいひけるは われもひとこと汝らにとはん われにそのことをつぐるならば われもなにのけんいをもつてこれをなすといふことを汝らにいはん
25 ヨハンネせんれいはいづれよりぞや てんよりか人よりか かれらたがひにろんじていひけるは もしてんよりといはゞ さらばなんぞこれをしんぜぬやといはん
26 もし人よりといはゞわれらたみをおそる これみなヨハンネをよげんしやとおもへばなり
27 すなはち耶穌にこたへて しらずといへり 耶穌かれらにいひけるは われもなにのけんいをもつてこれをなすを汝らにかたらず
28 汝らいかゞおもふや ある人ふたりありしが あににきたりていひけるは 子や けふわがぶどうばたけにゆきてはたらけよ
29 こたへて われはほつせす[ず]といひしが のちにくひてゆきし
30 また弟にもまへのごとくいひけるにこたへて しゆ われゆくべしといひしかどもゆかざりし
31 このふたりのものいづれが父のむねをなせしや かれらいひけるは 兄なり 耶穌かれらにいひけるは まことに汝らにつげん みつぎとりおよびあそびは汝らよりさきに神のくににいるべし
32 これヨハンネはたゞしきみちより汝らにきたりしに これをしんぜず みつぎとりおよびあそびはこれをしんぜり 汝らこれをみてもかれをしんずるやうに のちにくひあらためざりし
33 またほかのたとへをきけ あるいへのあるじどうばたけをうえまがきをめぐらし そのうちにさかぶねをほりものみをたて のうふにかしてえんほうへゆきしが
34 みのるときちかづきければ そのをとらんためにのうふのもとへしもべをつかはせり
35 農夫どもそのしもべをとらへ ひとりをむちうち ひとりをころし ひとりをいしにてうてり
36 またほかのしもべをまへよりもおほくつかはせしに かれらにもまへのごとくなせり
37 つひにはわがをばうやまふなるべしといひて そのをかれらにつかはせしが
38 のうふどもそのを見てあひたがひにいひけるは これはあとつぎなり いでこれをころしてそのはたちをもとるべしと
39 すなはちこれをとらへ ぶどうばたけよりおひいだしてころせり
40 ぶどうばたけのあるじきたらんときに そののうふになにをせんや
41 耶穌にいひけるは このはなはだしきものどもをはなはだしくうちほろぼして ぶどうばたけをみのるとき そのをおさむるほかののうふにかすべし
42 耶穌かれらにいひけるは せいしよいへつくりのすてたるいしいへのすみのおやいしとなる これしゆのなしたまふことにして われらのにあやしむことなりとしるされしをいまだよまざるや
43 ゆゑにわれ汝らにつげん 神のくには汝らよりうばゝれ そのをむすぶたみにあたへたまはるべし
44 このいしのうへにたをるゝものはくだかれ このいしそのうへ におちなば そのものをおしつぶさん
45 さいしのをさたちおよびパリサイの人がかれのたとへをきゝ おのれらをさしていへるをしりて
46 耶穌をとらへんとほつすれども 人〴〵かれをよげんしやとするによりておそれしなり