馬太傳第九章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 新約聖書(ヘボン訳) > 馬太傳福音書
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「単語ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

この翻訳には差別語が含まれていますが、歴史的著作物であることを考慮し、原文のまま掲載いたします。

第九章[編集]

[1] 耶穌ふねにのり わたりてふるさとにいたれり
2 みよ ひと〴〵癱瘋ちうぶにてとこにふしたるものをかききたる 耶穌かれらのしんずるをみて癱瘋ちうぶのものにいひけるは よ こゝろやすかれ なんぢのつみゆるされたり
3 みよ あるがくしやたちこゝろのうちにこの人はけがすことをいふとおもへり
4 耶穌そのおもはくをしりていひけるは なんぢらはいかなればこゝろにあしきをおもふや
5 それなんぢのつみゆるされたりといふことゝ おきてあゆめといふことといづれかやすきや
6 そも〳〵人のにおいてつみをゆるすのちからあるをしらせんとて つひに癱瘋ちうぶのものにいへり おきてとこをとり なんぢのいへにゆけ
7 かれすなはちおきてそのいへにゆけり
8 ひと〴〵みてあやしみ かくのごときちからを人にたまひしかみをあがめり
9 耶穌こゝよりすゝみてマタイとなづくる人税関みつぎどころするをみて われにしたがへといひければ たちてしたがへり
10 耶穌いへしよくするとき みよ 税吏みつぎとりつみある人おほくきたりて耶穌とそのでしとともにせり
11 パリサイの人これをみてそのでしにいひけるは なんぢらのはいかなればみつぎとるものつみある人とともにしよくするや
12 耶穌きゝてかれらにいひけるは すこやかなるものは醫師いしやのたすけをたのまず たゞやまひあるもののみ
13 われあはれみをほつしてまつりをほつせずとはこれいかなるこゝろか ゆきてまなぶべし それわれはたゞしきものをまねくためにきたらず つみあるものをくひあらためさせんためなり
14 そのときにヨハンネのでし耶穌にきたりていひけるは われらとパリサイの人とはをり〳〵禁食だんじきするに のでし禁食だんじきせざるはいかにぞや
15 耶穌かれらにいひけるは 新娶はなむこのをるうちにそのともかなしむことあたはず 新娶はなむこかれらにひきわけらゝ日きたらん そのときにこそ禁食だんじきすべけれ
16 ふるきころもをあたらしきぬのにてつくろふものなし いかにとなればそのつくろふものはころもをさくゆゑに そのやぶれなほあしくなれり
17 またふるき革袋かはふくろにあたらしきさけをいるゝものなし もしいれなばふくろはりさけさけもいでゝ ふくろもまたむなしからん かへつてあたらしきふくろにあたらしきさけをいれてふたつながらたもてるものなり
18 耶穌かれらにこのことをいふとき みよ あるつかさきたりはいしてかれにいひけるは わがむすめいまはやせんとす きたりてかれにをつけたまはゞいくべし
19 耶穌たちてそのでしとともにかれにしたがへり
20 みよ 十二年血漏ちろうをわづらひたるをんなうしろにきたりてそのころものすそにさはりぬ
2[21] いかにとなればもしころもにだにもさはらば いへんとおもへばなり
22 耶穌ふりかへりをんなをみていひけるは むすめや こゝろやすかれ 汝のしんなんぢをいやせり すなはちをんなこのときよりいえたり
23 耶穌そのつかさのいへにいるとき ふえをふくものと人〴〵のさわがしきをみて
24 かれらにいひけるは 退のけよ それむすめはするにあらず たゞいねたり 人〴〵耶穌をあざわらへり
25 人〴〵いだされしのちいりて そのをとりしに 少女をとめおきたり
26 このきこえあまねくその土地とちにひろまれり
27 耶穌こゝをさるときふたりのしひしたがひ よびていひけるは ダビデのすゑや われらをあはれみたまへ
28 さていへにいるに目しひきたりければ 耶穌かれらにいひけるは これはわがなしうることゝしんずるか かれにいひけるは しゆ さなり
29 すなはちかれらの目にをつけていひけるは なんぢらのしんずるごとくになれと
30 すなはちそのあけられたり 耶穌かれらにきびしくいましめていひけるは 人のしらぬやうにつゝしめよ
31 されどもかれらいでゝあまねくその土地とちに耶穌の名をひろめし
32 かれらいづるとき みよ 人〴〵おににとりつかれたる喑唖おしをつれてかれにきたる
33 おにおひいだされて喑唖おしものいへり 人〴〵あやしみいひけるは イスラヱルのうちにいまだかゝることはみえざりきと
34 パリサイの人かれはおにのかしらによりておにをおひいだせりといへり
35 耶穌あまねくむらざとをめぐり その會堂くわいどうにてをしへ 天國てんこく福音ふくいんをひろめ たみのうちすべてのやまひ すべてのわづらひをいやせり
36 人〴〵をみてあはれみぬ かれらはかふものなきひつじのごとく なやみまたちり〴〵になりしゆゑなり
37 そのときでしたちにいひけるは まことにかりいれはおほくしてはたらくものはすくなし ゆゑにかりいれのしゆにそのかりいれにはたらくものをつかはすことをねがふべし