馬太傳第三章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 新約聖書(ヘボン訳) > 馬太傳福音書
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「単語ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第三章[編集]

[1] そのころ洗禮せんれいをさづくるヨハンネきたり ユダヤにふれしめして
[2] いひけるは 天國てんこくはちかきにあれば くひあらためよ
3 これはしゆのみちをそなへ そのみちをなほくせよと によべる人のこゑありとよげんしやヱザヤがいはれしはこの人なり
4 このヨハンネにらくだのごろもを こしかはのおびをむすび その食物しよくもついなご野蜜のみつなり
5 そのときにおいてヱロソルマまたユダヤこぞつてまたヨルダン四方しほうより人]いでゝヨハンネにいたり
6 そのつみを懺悔さんげし かれによつてせんれいをヨルダンにてうけたり
7 そのせんれいにパリサイおよびサドカヒの人]おほくきたるをみて それにいひけるは まむしのたぐひ おこらんとするいかりをさくるをたれか[が]なんぢらにしめしたるぞや
8 さればくひあらたむるにかなふべきをむすべよ
9 われらの先祖せんぞアブラハムありといはるゝことをこゝろにおもふなかれ いかにとなればわれなんぢらにかたらん かみはよくこのいしをもつてアブラハムの子となせばなり
10 今をのにおかる すべてよきをむすばぬはきられてになげいれらる
11 われはなんぢらのくひあらたむるについてみづをもつてなんぢらにせんれいをさづく われよりのちにきたらんものはわれにまされり われはそのくつをとるにもたらず その人は聖靈せいれいと火をもつてなんぢらにせんれいをさづけん
12 そのをそのにもつてそのをきよめ そのむぎをあつめてくらにいれ そのからをきえざる火にてやくべし
13 このとき耶穌ヨハンネによりて洗禮せんれいをうけんためにガリラヤよりヨルダンにきたりたまへり
14 ヨハンネいなみていひけるは われはしゆよりせんれいをうくべきものなるに かへつてわれにつきたまはんや
15 耶穌こたへていひけるは いまゆるせよ かくのこ[ご]とくわれらすべてのたゞしきことはつくさゞるべからず こゝにおいてヨハンネかれにゆるせり
16 耶穌せんれいをうけ たゞちに水よりあがりしに みよ てんかれにひらけ かみみたま鴿はとのごとくにして そのうへにきたるをみたり
17 またみよ てんよりこゑありて これはわがこゝろにかなひたるわが愛子あいしなりといふ