馬太傳第一章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 新約聖書(ヘボン訳) > 馬太傳福音書
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「単語ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第一章[編集]

[1] アブラハムのすゑ ダビデのすゑ 耶穌イエスキリストの系譜けいづ
2 アブラハム イサクをうみ イサク ヤコブをうみ ヤコブ ユーダとその兄弟をうみ
3 ユーダ タマルのはらに パレスザラをうみ パレス ヱスロンをうみ ヱスロン アラムをうみ
4 アラン アミナダブをうみ アミナダブ ナーソンをうみ ナーソン サルモンをうみ
5 サルモン ラカブのはらにボーズをうみ ボーズ ルツのはらにヲベデをうみ ヲベデ イヱツサイをうみ
6 イヱツサイ ダビデわうをうみ ダビデわう ウリヤつまのはらにソロモンをうみ
7 ソロモン ロボアムをうみ ロボアム アビアをうみ アビア アサフをうみ
8 アサフ ヨサパテをうみ ヨサパテ ヨラムをうみ ヨラム ヲジヤをうみ
9 ヲジヤ ヨアタムをうみ ヨアタム アカズをうみ アカズ エセ[ゼ]キヤをうみ
10 エゼキヤ マナセをうみ マナセ アモンをうみ アモン イヨシアをうみ
11 バブロンにうつされたるとき イヨシア イヱコニアとその兄弟をうみ
12 バブロンにうつされたるのち イヱコニア サラチエルをうみ サラチエル ゾロバベルをうみ ゾロバベル アビウデをうみ アビウデ エリアキンをうみ ヱリアキン アゾルをうみ
14 アゾル サドクをうみ サドク アキンをうみ アキン ヱリウデをうみ
15 ヱリウデ エリアザルをうみ エリアザル マツタンをうみ マツタン ヤコブをうみ
16 ヤコブ マリアをつとヨセフをうみ このマリアよりキリストととなふる耶穌イエスうまれたまへり
17 かくアブラハムよりダビデまでの歴代れきだいすべて十四代 またダビデよりバブロンにうつるまで十四代 またバブロンにうつりてよりキリストまで十四代なり
18 それ耶穌キリストのうまれたまふことさのごとし そのはゝマリアヨセフ契約けいやくしていまだともにをらざるに 聖靈せいれいかんじてはらみしことあらはれしが
19 そのをつとヨセフはたゞしき人なれば これをはづかしむることをほつせず ひそかに離縁りゑんせんとおもへり
20 かくてこのことをかんがへけるに みよ しゆのつかひかれのゆめにあらはれていひけるは ダビデのすゑヨセフよ なんぢのつまマリアをめとるをおそるゝな いかにとなればかれにはらみしものは聖靈せいれいによるなり
21 かれをうまん そのを耶穌となつ[づ]くべし かれそのたみをそのつみよりすくはんとすればなり
22 すべてこのことは預言者よげんしやによりてしゆのいひたまひしことばに
23 みよ むすめはらみてをうまん そのヱンマヌエルととなふべしといひしにかなへんためなり そのをとけば かみわれらとともにあるとのいみなり
24 ヨセフさめておき しゆのつかひのめいぜしごとくにしてそのつまをめとりしが
25 初子ういごのうまるゝまで交合まじはりもせざりき しかしてそのを耶穌ととなへり