馬可傳第四章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 新約聖書(ヘボン訳) > 馬可傳福音書
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第四章[編集]

[1] 耶穌またうみべにおいてをしへをはじめしに おほくのひと〴〵かれにあつまりしゆゑ かれふねにのぼりてしけれは[ば] おほぜいひと〴〵はうみのきしにそふてありし
2 かれはおほくのことをたとへをもつてかれらにをしへていひけるは
3 きけよ たねまきがまきにいでたり
4 まくうちにあるたねはみちのほとりにおちしが そらのとりきたりてこれをくらへり
5 あるたねはつちうすきいしぢにおちしが つちふかゝらぬゆゑたゞちにはえいでたり
6 されどもいでゝやかれ 根なきゆゑかれし
7 あるたねはいばらのなかにおちしが いばらそた[だ]ちこれをふさぎければ をむすばざりし
8 またあるたねはよきつちにおちしが そのなへはえいではびこりて むすぶこと あるひはさんじうばいあるひはろくじうばいあるひはひやくばいなりし
9 またかれらにいひけるは きこゆるみゝあるものはきくべし
10 耶穌さびしきとき ともにありしものじうにのでしとこのたとへをとひけるに
11 かれらにいひけるは かみくにおくぎをしることをなんぢらにたまはり そとにあるものにはみなたとへをもつてなされたり
12 これかれらこゝろをあらためてそのつみゆるされざるやうに にみてもみえず みゝにきひてもきこえざるためなり
13 またかれらにいひけるは なんぢらこのたとへをしらざるか さればいかゞしてすべてのたとへをしるべきや
14 それまくものはをしへをまくなり
15 をしへをきかれたるところの路ばたにあるものは それ人ををしへそきくとたゞちにサタナきたりてそのこゝろにまかれたるおしへをうばひとるなり
16 またいしぢにまきたるものは それひとをしへをきくときたゞちによろこびてこれをうけとる
17 されどもじしんなきゆゑに たゞざんし[じ]のものにて のちにをしへのためになんぎあるひはくるしめらるゝときはたゞちにうろたゆるものなり
18 ほかのはいばらのなかにまきたるものなり これらはをしへをきくものなり
19 しかしながらこのしんろうたからのまどひと またものごとのよくしんはいりてをしへをふさぎ つひにをむすばざるものなり
20 ひとをしへをきゝてこれをうけとり あるひはさんじうばいあるひはろくじうばいあるひはひやくばいをむすぶものはこれよきにまきたるものなり
21 またかれらにいひけるは ともしびをみちきたりて ますのした ねどこのしたにおくべきものか これしよくだいのうへにおくべきにあらずや
22 それかくれたるものはあらはれ つゝまれたるものはあらはれざることなければなり
23 もしきこゆるみゝあるものならばきくべし
24 またかれらにいひけるは きくところをつゝしめよ なんぢらなにのはかりをもつてはかる そのはかりをもつてなんぢらもはからるべし きゝたるなんぢらにはなほくはふべし
25 それもつものにはなほあたへ もたざるものにはかれがもつものまでもとらるべし
26 またいひけるは かみくにひとにたねをまき
27 にちやおきふしするうちにたねはえそだてども そのしかるゆゑんをしらざるがごとし
28 それはおのづからをむすぶものにしてはじめにはなへ つぎにはいで つひにほのうちにじゆくせしこくをむすふ[ぶ]なり
[29] すでにみのればかるときいたるによつて たゞちにかまをいれさするなり
30 またいひけるは かみくにはなにゝににせ またなにのたとへをもつてこれをたとふべきや
[31] ひとつぶからしたねのごとく それにまくときはよろづのたねよりちいさなるものなり
32 されどもまけばそだちてよろづのやさいよりはおほきく またおほひなるえだをいだしてそらのとりそのかげにすまるゝほどにもなるなり
33 かれらのきゝうるにまかせて おほくかゝるたとへをもつてをしへをかれらにかたりし
34 たとへにあらざればかれらにかたらず 耶穌とそのでしあひたひしてをるとき こと〴〵くかれらにとききかせり
35 さてそのゆふか[が]た 耶穌かれらにいひけるは むかふのきしにわたるべし
36 かれらあつまりしひと〴〵かへらせて 耶穌のふねにあるまゝにして これとともにわたりし またほかのこぶねもともにありし
37 おほかぜおこり なみうちこんで ふねほとんどみてり
38 耶穌ふねのともにまくらしていねたりしが でしかれのをさましていひけるは われらのおぼるゝをもかまひたまはざるか
39 耶穌すなはちおきてかぜをいましめ またうみにだまれ おだやかになれといひければ かぜやみておほいなるなぎになれり
40 耶穌かれらにいひけるは なんぞかやうにおそるゝや なんぢらなんぞしんなきや
41 かれらはなはだしくおそれてたがひにいひけるは かぜうみさへもかれにしたがふはこれたれぞや