馬可傳第六章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 新約聖書(ヘボン訳) > 馬可傳福音書
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第六章[編集]

[1] 耶穌こゝをさりてふるさとにいたりければ そのでしもかれにしたがひたり
2 あんそくにちになりてくわいどうにてをしへはじめければ きくひとあやしみて このことはいづくよりこのひとにありや かくふしぎなるわざをもかれにてなすようにかれにさづかりしちゑはなにぞや
3 これはマリアにてたくみにあらずや これはヤコブ ヨセ ユダシモンきやうだいにあらずや そのしまいもこゝにわれらとともにあらずやといひて ひとは耶穌のためにうろたへたり
4 耶穌かれらにいひけるは よげんしやはそのふるさとにおいてそのしんるいとそのいへほかたつとまれざるものなし
5 わづかのわづらふものにをつけていやせしほかそこにふしぎなるわざをなすことあたはず
6 またかれらのしんせ[ぜ]ざるをあやしみ むらをめぐりてをしへし
7 耶穌じうにでしをよびて かれらをふたりづゝにてつかはしはじめ あくきをおひいだすのけんいをかれらにさづけ
8 またかれらに たびよういつえいつほ[ぽ]んのほかはたびふくろしよくもつまたどうまきかねをもなにももつべからず
9 たゞぞうりをはき ふたつのころもをきるなかれとめいじけり
10 またかれらにいひけるは どこにてもひといへいるならば そのところをさるまではそこにをれ
11 またおよそなんぢらをうけず なんぢらにきかざるものにおいては そのところをさるとき かれらにしようこのためになんぢらのあししたちりをはらへ まことにわれなんぢらにつげん さばきソドマゴモラけいはこのむらよりなほやすかるべし
12 じうにでしいでゝ ひとくいあらたむべきことをときひろめ
13 またおほくのあくきをおひいだし またおほくのやみたるものにあぶらをつけていやせり
14 耶穌のひろがりければ わうヘロデスこれをきゝていひけるは せんれいをなせしヨハンネよみがへりし それゆゑにふしぎなるわざをなすなり
15 あるひとこれはヱリヤスなりといひ あるひはよげんしやまたよげんしやのひとりのごとしといふ
16 ヘロデスこれをきゝていひけるは これわがくびきりヨハンネなり かれよみがへりたり
17 かねてヘロデスみづから人をつかはし ヨハンネをとらへてらうやにつなぎし これヘロデヤスといふそのきやうだいヒ[ピ]リッホ[ポ]のつまのことによりてなり いかにとなれば ヘロデスこのをんなをめとりけるに
18 ヨハンネ ヘロデスなんぢきやうだいつまをいるゝことはよろしからずといひしゆゑ
19 ヘロデス かれにうらみをふくみてころさんとほつすれども あたはざりし
20 ヘロデス ヨハンネにしてかつぜんなるひととしりておそれ これをまもれり またかれのおほくのをしへをきゝておほくのことをおこなひ かつかんふくしてきゝし
[21] をりよきとうらいしてヘロデスそのたんじやうにちしよだいしんせんにんのてうおよびガリラヤのおもだちたるひとにふるまひをなせしとき
[22] ヘロデヤスのむすめざし[じ]やうにきたりおどりて ヘロデスにあるひとをたのしませければ わうそのむすめにいひけるは なんぢほつするものはなににてもわれにねがへよ なんぢにあたふべし
23 またかれにちかひなんぢおよそほつするものはわがりやうぶんなかばにいたるまでもなんぢにあたふべし
24 むすめいでゝそのはゝなにをねがふべきやといひければ はゝすなはちせんれいをなすヨハンネくびといへり
25 むすめたゞちにいそぎわうにきたり ねがふてせんれいをなすヨハンネくびぼんにのせて すみやかにわれにたまんことをほつするなりといへり
26 わうはなはだうれひけれどもちかひかつどうせきのものゝゆゑにこれをこばむことをほつせず
27 たゞちにわうあしがるをつかはし ヨハンネくびをもちきたれとめいじけれは[ば] かれゆきてらうやにおいてこれをくびきり
28 そのくびぼんにのせ もちきたりて むすめにあたへければ むすめこれをそのはゝにあたへし
29 ヨハンネでしこのことをきゝ きたりてそのしかばねをとり はかにはうむりたり
30 さてしと耶穌にあつまりてなせしことゝ をしへしことゝをことくかれにつげたり
31 耶穌かれらにいひけるは なんぢらとひとをさけてさびしきところにゆきて しばらくきうそくせんと これわうらいするものおほくしてしよくじのひまもなければなり
32 かれらさけてふねにてさびしきところにゆけり
33 ひとはかれらのゆくを おほく耶穌をしりてむらよりかちにてかしこにはしり かれらにさきだち耶穌にあつまりきたれり
34 耶穌いでゝひとのおほくあつまりしを そのかふものなきひつじのごときものなるによつてこれをあはれみて かれらにおほくのことををしへかゝりし
35 すて[で]にときよほどすぎて そのでしかれにきたりいひけるは こゝはひとなきところにして 時もはやおそし
36 ひとしよくもつなきゆゑに かれらをいだしてじぶんしよくもつかふためにあたりのむらにゆかしめたまへ
37 耶穌こたへて かれらにしよくもつをあたへよといひければ でしかれにいひけるは われらゆきぎんにひやくをもつてぱんかひ かれらのしよくもつにあたふべきか
38 耶穌かれらにいひけるは ぱんいくつあるか ゆきてみよ かれらしりていつつとうをふたつなりといへり
39 耶穌すべてのひとあおくさのうへにくみにてせしめよとめいし[じ]ければ
40 ひとひやくにんあるひごじうにんづゝならびせり
41 耶穌そのいつゝぱんふたつうをとをとり てんをあふぎしやしてぱんをわり ひとのまへにおくためにでしにあたへ またふたつのうをひとごとにわけあたへし
42 ひとみなしよくしてけり
43 のこりたるぱんうをのくずをひろひてじうにかごにみてり
44 ぱんしよくせしものおよそごせんにんなりし
45 たゞちに耶穌し[じ]ぶんひとをかへせしうちにでしをしひてふねにのせ さきにむかふのきしベツサイダにわたらしめたり
46 かれはひとをかへしていのるためにやまにゆけり
47 くれてふねうみのなかにあり 耶穌ひとりおかにありし
48 かぜさからふゆゑにでしがふねをこぐにつかれたるをみて あけなゝどきごろ耶穌かいし[じ]やうをあゆみきたりて かれらをすぎんとするに
49 でしかれがかいし[じ]やうをあゆむをみてへんぐゑのものとおもひてさけびたり
50 それでしみなこれをみておのゝきければなり たゞちに耶穌かれらにかたりいひけるは こゝろやすかれ われなり おそるゝな
51 耶穌ふねにのほ[ぼ]りしかば かぜやみし かれらしんちうにことのほかおどろきあやしめり
52 これそのこゝろにぶくして ぱんのふしぎをもいまださとらざるなり
53 すなはちわたりてゲネサレといふにいたりてふながゝりせり
54 かれらふねをいづるに たゞちにひと]耶穌をしりて
55 あまねくそのあたりのとちをはしりて 耶穌のあるところをきゝいだして ねどこのまゝにてやみたるものをになひきたりし
56 およそ耶穌のいたるところ あるひはむらあるひはぜうかあるひはざいひとやみたるものをいちばにおきてそのころものはじにてもさはらせたまへとかれにねがへり すなはちさはるほどのものはみないえたり