馬可傳第五章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 新約聖書(ヘボン訳) > 馬可傳福音書
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第五章[編集]

[1] かれらうみをわたりてガダレネとちにいたり
2 耶穌ふねよりあがるとき たゞちにあくきにとりつかれたるひとはかはらよりいでゝ かれにあひし
3 このひとはかはらにすまゐして くさりにてもこれをしばりうるものなし
4 これたび〴〵あしかせとくさりをもつてしばらるれども くさりをうちきりあしかせをうちくだきければなり またたれもこれをとりおさゆるものなし
5 つねにちうややまはかはらにおいてさけび またいしをもつておのれがをきづゝけし
6 そのひとはるかに耶穌を はしりてこれをはい
7 おほごゑにさけんでいひけるは いたつてたかきかみの子耶穌よ あなたわれにおいてなにごとぞや われあなたをかみちかはせてわれをくるしむるなからんことをねがふ
8 これ耶穌さきに あくきよ 人よりいでよといひければなり
9 耶穌かれになんぢはなにととふに こたへていひけるは われら大ぜいあるゆゑに わが名レギヨンといへり
10 しきりにこのとちよりこれらをおひいだすなかれと耶穌にねがひし
11 さてそこにやまのちかくにかひたるぶたおほむれあり
12 すべてのあくきかれにねがひていひけるは われをぶたいれわせたまへ
13 耶穌たゞちにかれらにゆるしければ 惡鬼ゆきてぶたに入しがは[かば] およそにせんびきばかりのむれはげしくぜつぺきをかけくだりてうみにはまりて おぼれしたり
14 ぶたかひしものどもにげまちいなかにこのことをつげければ ひと〴〵そのありしご[こ?]とをみんとていできたり
15 耶穌にきたれば あくきのレギヨンにとりつかれし人がいふくしてたしかなるこゝろにてゐるをみておそれあへり
16 このことを見しものと[ど]も あくきにとりつかれしものゝこととぶたのことをかれらにつげければ
17 耶穌にそのさかひをいづることをねがひはじめたり
18 耶穌ふねにのるとき あくきにとりつかれたりしもの これとともにあることをねがひし
19 されども耶穌ゆるさずしてかれにいひけるは なんぢいへかないのものどもにゆきて しゆのなんぢにおこなひしおほいなること また汝をあはれみしことをかれらにつげよ
20 そのひとゆきて耶穌のおのれにおこなひし大なることをデカポリスにのべければ ひと〴〵 みなおどろきあへり
21 耶穌ふねにのりて またうみのあなたにわたりしとき おほぜいの 人〴〵かれにあつまりければ 耶穌うみにちかくありし
22 みよ くわいどうのつかさヤイルといふ人きたり 耶穌をみてその足もとにふし
23 ひたすらにねがふていひけるは わがいとけなきむすめ まさになんとす これをすくはんためにきたりてをかれにつけたまへ さらばむすめいくべし
24 耶穌かれとともにゆきしに おほぜいの人〴〵したがひてかれをおしあひし
25 こゝに十二年ちろうをわづらひたる女あり
26 この女おほくのいしやのためにはなはだくるしめられ おのれのしんざいをもこと〴〵くつひやしけれども なにのかひもなくして かへつてなほあしくなりしが
27 耶穌のことをきゝ ぐんじゆのうしろよりきたり 耶穌ころもにさはれり
28 これそのころもにさはるばかりにても たすかるべしといへばなり
29 たゞちにのいづることとまりし そのやまひすでにいえたりとのかげんにてしれり
30 たゞちに耶穌ちからのおのれよりいづることをみづからにてしり おほぜいの人〴〵にふりかへりていひけるは わがころもにさはるものはたれぞや
31 でしかれにいひけるは ぐんし[じ]ゆひと〴〵におしあひたるをみて われをさはりしものはたれぞやといふや
32 耶穌これをなしたるをんなをみんとまはすに
33 をんなおそれおのゝき じぶんになせしことをしりてきたり かれのまへにふし こと〴〵くありのまゝをつげたり
34 耶穌これにいひけるは むすめよ なんぢしんなんぢをすくひたり あんしんしてゆけ なんぢのやまひにおいていゆべし
35 耶穌これをいひてをるうちに くわいどうのつかさのいへよりひと〴〵きたりていひけるは なんぢのむすめすでにせり なんぞまたくろうをかけるや
36 耶穌つげしことをきゝつけてくわいどうのつかさにいひけるは おそるゝなかれ たゞしんかうせよ
37 耶穌ペテロヤコブきやうだいヨハンネのほかはたれをもともにゆくをゆるさず
38 くわいどうのつかさのいへにきたるをんなどもさわぎ またはなはだなげなきさけぶをみる
39 いりてかれらにいひけるは なんぞさわぎかつなげくや むすめごするにあらず たゞいねたるなり
40 かれら耶穌をあざわらへり 耶穌すべてのひと〴〵をいだし むすめのちゝはゝとまたともにありしものと[ど]もをひきいれて むすめのふしたるところにはいり
41 むすめのをとりてこれにいひけるは タリタクミ これをやくすればすなはち 女子よ われおきよとなんぢにいふなり
42 たゞちに女子おきてあゆめり それかれはとしじうにさいなればなり かれらはなはだおと[ど]ろきたり
43 耶穌 このことをひとにしらしむるなかれと かれらにきびしくいましめ またむすめにしよくもつをあたへよとめいぜり