馬可傳第二章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 新約聖書(ヘボン訳) > 馬可傳福音書
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第二章[編集]

[1] 耶穌をへて またカペナオムきたりしに
2 かれはうちにありときこえたりければ たゞちにおほくのひと〴〵もんないにさへもいるべきばしよもなきほどにつどひよれり 耶穌これらにをしへをのべし
3 ひと〴〵ちうぶをやみたるものをよにんにかつがせ 耶穌にきたりしか[が]
4 ぐんじゆによつて耶穌にちかよりか[が]たかりければ かれのゐるところのやねをはぐりあけて ちうぶひとねどこのまゝつりおろしたり
5 耶穌そのしんずるをみて ちうぶの人にいひけるは よ なんぢのつみはゆるさる
6 がくしやすにんこゝにたりしが しんちうにおもひけるは
7 いかにこのひとはかくあくこうをいふや かみにあらさ[ざ]れば たれかつみをゆるしうべきやと
8 耶穌たゞちにかれらがしんちうにかくのごとくろんずるをみづからこゝろにさとりてかれらにいひけるは なんぢらなんぞしんちうにかゝることをろんずるや
9 ちうぶひとなんぢのつみゆるされたりといふと またはおきてなんぢねどこをとりてゆけといふと いづれかやすきや
10 されどもひとてつみをゆるすのけんいをもつことをなんぢらにしらせんとて すなはちちうぶひとにいふは
11 われなんぢにいふ おきてねどこをとり いへにかへれといひければ
12 そのひとたちまちおき ねどこをとりて ひと〴〵のまへにいでければ みなおどろきかみをあがめていひけるは われらいまだかつてかくのごときのことをみずと
13 またうみへ[べ]にゆきしに ひと〴〵みなかれにつきければ これらををしへ
14 ゆきかゝるときアルパヨーレウヒ[ビ]みつぎをおさむるところにするをみて われにしたがへといひければ かれたつて耶穌にしたがへり
15 さて耶穌そのいへにおいてぜんにつくとき おほくのみつぎとりつみあるひとも耶穌とそのでしとともにぜんにつきたり それこれらはおほくにして耶穌にしたがひしものなり
16 がくしやパリサイひとかれがみつぎとりおよびつみあるひととともにしよくするをみて そのでしにいひけるは 耶穌のみつぎとりつみあるひととともにくひのみするはなにこ[ご]とぞや
17 耶穌きゝてかれらにいひけるは すこやかなるものはいしやがいらず たゞやまゐあるものゝみいる われたゞしきひとをまねくためにきたらず つみあるひとくひあらためさせんためなり
18 それヨハンネのでしとパリサイひとだんじきするれいありければ かれら耶穌にきたりいひけるは ヨハンネのでしとパリサイひとだんじきするに なんぢでしだんじきせざるはなにゆゑぞや
19 耶穌かれらにいひけるははなむことともにをるあひだそのともだちだんじきすべきや かれらはなむことともにをるあひだだんじきすることあたは
20 かれらはなむことわかるゝいたらん そのにこそだんじきすべけれ
21 あたらしきつぎをふるききものぬひつくるものなし おそらくはそのあらたにおぎなふものふるきをほころばして そのやぶれなほあしくなる
22 またふるきかわふくろにあたらしきぶどうさけをいるゝものなし おそらくはあたらしきぶどうさけふくろをはりさき ぶどうざけこぼれてふくろもまたむなしかるべし あたらしきさけはかならずあたらしきふくろにいるべきものなり
23 さて耶穌あんそくにちはたけとほりしに そのでしゆきかゝりをつみはじめたり
24 パリサイひとかれにいひけるは みよ かれらはあんそくにちにおいてなすべからざることをなすはいかゞぞや
25 耶穌かれらにいひけるは ダビデおよひ[び]そのともとともくしてうゑしときなせしことをいまだよまざるか
26 すなはちさいしのをさアビアタルのときしんでんにいり さいしのほかしよくすべからざるそなへたるぱんをたべ またそのともにあるものにあたへし
27 またかれらにいひけるはあんそくにちひとのためにまうけられて ひとあんそくにちのためにまうけらるゝにあらず さればひとあんそくにちにさへもしゆたるなり