馬可傳第三章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 新約聖書(ヘボン訳) > 馬可傳福音書
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

この翻訳には差別語が含まれていますが、歴史的著作物であることを考慮し、原文のまま掲載いたします。

第三章[編集]

[1] 耶穌またくわいどうにいるにかたてなへたるひとあり
2 あるひと耶穌をうつたへんためにこのひとあんそくにちなほすやとうかゞへり
3 耶穌なへたるひとにいひけるは たちてすゝめよ
4 またひと〴〵にいひけるは あんそくにちにはぜんをなすやあくをなすや またいけるをたすくるやころすや いづれをなすべきや かれらもくねんたり
5 耶穌そのこゝろのぐわんこなるをあはれいかりをふくんでかれらをまはし そのひとなんぢをのばせといひければ かれそのをのばしたるに すなはちほかのごとくなほれり
6 たゞちにパリサイの人とヘロデのともがらいでゝ いかにしてか耶穌をころすべきやとあひはかれり
7 また耶穌そのでしとともにうみべにしりぞきしに おほくのひと〴〵ガリラヤよりかれにしたがへり またユダヤ
8 ヱロソルモン イトマヤ ヨルダネのあなた またタイロー シト[ド]ンほとりよりひと〴〵耶穌のなせしことをきゝておびたゞしくぐんじうしてかれにきたれり
9 ひと〴〵のぐんじうによりて をしなやまされぬために耶穌こふねをそなへおくべしとそのでしにいふ
10 これかれがあまたのひと〴〵をいやせしゆゑに すべてやまひあるひと〴〵はにてさはらんとて かれにをしせまるゆゑなり
11 またあくきかれをみるときはそのまへにひれふしさけびて あなたはかみなりといへり
12 耶穌 われをあらはすことなかれと きびしくかれらをいましめし
13 さてやまにのぼりて こゝろにかなふものをよびしかば かれにきたれり
14 すなはちおのれとともにをり またをしへをのぶるためにおくり
15 かつやまひをいやしおにをおひいだすのけんいをもつためにじうににんたてたり
[16] シモンペテロとなづけ
17 またゼベダイヤコブヤコブきやうだいヨハンネ これらをホ[ボ]アンネルゲとなづけたり これをやくしてかみなりといふ
18 またアンデレヤ ピリッポ バルトロマィ マッタヨ トマ アルパヨの子ヤコブ タダヨ カナシモン
19 またイスカリオテユダ これはすなはち耶穌をわたせしものなり
20 これらはいへいりしにしよくじするひまもなきほどひと〴〵またきたりあつまり
21 そのみうちきゝて かれはきちがひなりといひて とらへんとていでし
22 またヱロソルモンよりくだりたるがくしやいひけるは ベルゼブルにとりつかれたり またおにのかしらをつかふておにをおひいだすなり
23 耶穌これらをよんでたとへをもつていひけるは サタナはいかゞしてサタナをおひいだしうるや
24 もしくにあひもとらば そのくにたもつべからず
25 またいへあひもとらば そのいへたもつべからず
26 もしサタナおこりてみづからにもとらば 彼たもつべからず かへつてをはりあるものなり
27 たれにてもつよきものいへにいりてそのと[ど]うぐをうばふに まづつよきものをしばらざればうばふことあたはず しばりてのちにこそそのいへをうばふべけれ
28 われまことになんぢらにつげん ひとのすべてのつみあくこうはこと〴〵くゆるさるべし
29 しかしながらせいれいあくこうするものは いつまでもゆるさるべからず かへつゑいきうつみせらるゝものなり
30 これ耶穌をあくきとりつかれたりといへばなり
31 そのきやうだいはゝときたり そとたち ひとをつかはして耶穌をよばせたり
32 おほくのひと〴〵耶穌をとりまきせしが かれにいひけるは みよなんぢはゝきやうだいそとにてなんぢをたづぬ
33 耶穌これらにこたへていひけるは わがはゝわがきやうだいはたれぞや
34 まはりにするひと〴〵をまはしていひけるは みよ わがはゝとわがきやうだい
35 それかみむねにしたがふものはこれわがきやうだいわがしまいわがはゝなり