馬可傳第一章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 新約聖書(ヘボン訳) > 馬可傳福音書
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

この翻訳には差別語が含まれていますが、歴史的著作物であることを考慮し、原文のまま掲載いたします。

第一章[編集]

[1] かみイエスキリシトのふくいんのはじめ
2 よげんしやのしるされしごとく みよわれなんぢかほのまへにわがつかひをつかはさん これなんぢまへにみちをまうくべし
3 によべるひとのこゑありて しゆみちすぢよういしてそのみちすぢをまつすぐにせよとなり
4 さてヨハンネにおいてせんれいつみをゆるさるゝためにくひあらたむるのせんれいいひひろめたり
5 ユダヤこくちうおよびヱルソルモンひと〴〵かれにきたり おの〳〵そのつみはくじやうしてヨルダネといふかはにてせんれいをうけたり
6 ヨハンネらくだけごろも こしかわおびをむすび いなごのみつしよく
[7] いひひろめていひけるは われよりすぐれたるもの われのちにきたるべし われかゞめてそのぞうりひもをとくにもたらざるほどのひとなり
8 われはみづにてなんぢらをせんれいせしが そのひとせいれいにてなんぢらをせんれいすべし
9 そのころ耶穌ガリラヤナザレよりきたりて ヨルダンにおいてヨハンネせんれいをうけたり
10 たゞちにみづよりあがるとき てんのひらけてみたまはとのかたちにて その身のうへにくだるをみし
11 またこゑてんよりありて なんぢはわがこゝろにかなふたるわがあいしなりと
12 しかしてただちにみたま耶穌をにゆかしむ
13 しじうにちをり サタナにこゝろみられ けものとともにをれり またてんつかひこれにつかへり
14 ヨハンネとらへられしのち 耶穌ガリラヤにいたり かみくにふくいんをいひひろめて
15 こくげんみてかみくにはちかし なんぢらこゝろをあらためてふくいんしんぜよといへり
16 耶穌ガリラヤみづうみのほとりをあゆむとき シモンとそのきやうだいアンデレヤがみづうみにあみうつをみる それかれらはすなどるものなればなり
17 耶穌これらにいひけるは われにしたがひきたれ われなんぢらをひとをすなどるものになすべし
18 ただちにそのあみをすてゝこれにしたがへり
19 こゝよりすこしすゝみゆきしに ゼベダイヤコブそのきやうだいヨハンネふねにあつてあみをつくろふをみて
20 ただちにかれらをよびしかば そのちちゼベダイやとひびととともにふねにおきてかれにしたがひゆけり
21 かれカペナオムにいたりしかば 耶穌ただちにあんそくにちくわいどうにいりて をしへをなせしに
22 ひと〴〵そのをしへをおどろきあへり いかんとなればけんいもちたるひとのごとくひと〴〵ををしへてがくしやのごときにあらざればなり
23 そのくわいどうにてあくきにとりつかれたるひとさけんで
24 いひけるは あゝナザレの耶穌か われらにおいてなにこ[ご]とぞや われをほろぼさんとてきたるや われなんぢたれなるをしる すなはちかみせいなるものなり
25 耶穌これをいましめていひけるは だまれ これをはなれよ
26 あくきそのひとをひきつけさせ おほこゑにさけんでかれをはなれたり
27 ひと〴〵みなおどろきたがひにろんじていひけるは これいかなることぞや これいかなるあたらしきをしへぞや それあくきにさへもけんいをもつてめいじてあくきこれにふくすればなり
28 ただちに耶穌のきこえガリラヤこくちうにひろがりし
29 かれらたゞちにくわいどうをいでゝヤコブヨハンネとともにシモンアデレヤいへにいたるに
30 シモンしうとめねつやみふしたりしに あるひとたゞちにこのことを耶穌につげたり
31 耶穌ゆき そのをとつておこしければ ねつたちまちさりぬ しかしてそのをんなかれらにつかへし
32 ゆふがたいりとき すべてのやみたるものとおににとりつかれたるものとを耶穌につれきたれり
33 ぜうかこぞりてもんにあつまれり
34 耶穌いろ〳〵のやまゐをやみたるおほくのひと〴〵をなほし またおほくのおにをおひいだし おにのものいふことをゆるさず それおにこれをしればなり
35 耶穌よあけのまへにはやくおきていで ひとなきところにゆきて そこにいのれり
36 シモンおよびこれとともにありしものどもかれのあとをしたひてゆけり
37 たづねみいだしてかれにいひけるは ひと〴〵みななんぢをさがす
38 耶穌かれらにいひけるは われはをしへをのぶるためになんぢらとともにきんべんのむら〳〵へゆくべし いかにとなればわれはそのためにきたればなり
39 耶穌ガリラヤこくちうめぐり そのくわいどうにてをしへをのべ かつおにをおひいだしぬ
40 らいべうのものひとりかれにきたり ひざまづきねがふていひけるは もしみこゝろにかなはゞよくわれをきよくしたまふべし
41 耶穌あはれみをのばし かれにつけていひけるは わがこゝろにかなふ きよくなれと
42 いふやいなやたちまちらいべうはなれて そのひときよくなれり
43 耶穌きびしくいましめ これをさらしめて
44 いひけるは つゝしんでなにもひとにいふなかれ たゞゆきておのれのことさいしにみせ なんぢきよくなりしことについてモーセめいぜしところのそなへものをさゝげて かれらにしようこをなせよ
45 されどもそのひといでゝ まづおおひにいひふらし そのことをひろくへうばんせしかば 耶穌こののちおほやけにぜうかいりがたくして たゞひとなきところにたりしが ひと〴〵しほうよりかれにきたりし