飛行船に乗って火星へ/第4章

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


第4章
宇宙を通して!?
[編集]

「流星号」が地球の大気圏から無限の宇宙へと飛び出して間もない頃、教授は観測室の机に駆け寄った。厳寒の中、鉄板がきしむ音に耳を傾けていた。

一瞬、関節が壊れるのではないかと不安になったが、それは無駄な不安だった。鉄は持ちこたえ、音はどんどん弱くなり、ついには完全になくなってしまった。しかし、そこから新しいことが始まった。何百万、何千万という限りなく小さな体が、外からものすごい力で船に突き刺さってくるような、単調な音がした。

それは、減ることも増えることもなく、変わらない奇妙な鳴き声だった。

教授は頭を両手で支えて長い間座って聞いていた。このリズミカルな歌声は、彼らを遥か彼方の世界へと導く力の存在を知らせてくれた。それは彼の理論や計算の正確さを証明するものであり、彼の耳には、彼が経験すべき出来事や見るべきものを予言する、繊細でメロディアスな声のように聞こえた。

彼の唇はかすかに微笑んでいた。

扉が開いて、博士が入ってきた。

「さて、ここに座っている教授は、一人で自分の考えに耽っている。」我々の美しい乗客を忘れてしまったのか?」と。

教授はその質問に答えなかった。彼の魂はまだ思考の迷宮の中にいるのだ。

「君にはそれが聞こえるかい?」 と、ゆっくりと博士の方に顔を向けて尋ねた。

「あの歌うような音は、寒さで鉄が壊れたのだろう。」とバード氏は答えた。

ストーン氏は瞬時に自分を取り戻した。

「寒さに負けない鋼」彼から出た言葉は、「エーテルのパーツが船の金属板に当たった時の衝撃です。私の理論の正しさを証明するのに、これほど美しいものはありません!」

「あなたがここに座っている間、他の人たちはミス・グレイの経歴を学んでいたのです。彼女自身がすべてを語ってくれた。とてもかわいそうなことをしたと思います。肌は完全に彼女に逆らっている。私は、他の人たちと同様に、彼女が告発され、有罪判決を受けた罪を犯すことはあり得ないと確信しています。」

「彼女は何かをしたに違いない。完全に無実の人を殺人罪で有罪にすることはできません。それはあまりにも - - -」とストーン氏は言った。

「彼女は有罪になったんだよ」と博士は鋭く突っ込んだ。彼女が看病した叔父はほぼ回復したが、突然、再発して死んでしまったのだ。彼女は一晩中、彼の部屋にいた。死因はモルヒネの過剰摂取だった。ほとんど空になったグラスにはモルヒネが入っており、彼女の隠し場所には、1つで3人を殺せるモルヒネの粉末が2つあった。そして、この腹違いの従兄弟は、窓から彼女がガラスに粉を入れているのを見ている。」

ストーン氏は、博士の話を真剣に聞いていた。その後、しばらく沈黙が続き、再びエーテルの単調な音が聞こえてきた。

「彼女は完全に正常ですか?」 ストーン氏は突然尋ねた。

「正常だ!」バード氏は驚いて、「彼女はあなたと私のように清廉潔白だ。」と答えた。

ストーン氏は、「それでは、今まで聞いたこともないような奇妙な事件だ」と言い、「彼女の罪を信じることはできない。完全に正常な人が、そんな非論理的な行動をとるはずがない。考えてみると、あるもの(この場合は遺産)が欲しいと思い、それを得るための手段を考えます。しかし、この手段は、使うことで希望を失うだけでなく、不幸に陥るような性質のものでもあります。知っていますか?裁判官や陪審員が理性的に判断できないのは、私の責任である。」

バード氏は、「まあ、あなたが裁判官だったら、私はそう考えるべきです - - -」

「彼女が犯人として訴えられたのは偶然ではなく、彼女が邪魔になることに関心を持つ人がいるはずだ」とストーン氏は続けた。「そして、そこには論理がある。この人は、遺産を手に入れたいと思っている。彼の前に立ちはだかる彼女を排除することで......! そうだ、そうに違いない」と彼は自分の話を中断した。「彼女がふさわしくない場合、相続すべき人がもう一人いて、そのもう一人がとても......。」

「おじさんを殺して、彼女の邪魔をしないという一石二鳥の効果があった」と博士は続けた。「ストーン氏、君は正真正銘のシャーロック・ホームズだ!」

ここで、彼はしばらくの間、立ち止まった。

「しかし、それはすべて憶測に過ぎない」と彼はため息をついた。「彼女は有罪判決を受けており、我々が戻ってきたときに再び事件を解決できるかもしれないが、彼女は刑務所に入らなければならない。マック・カーティは、一度手にした獲物を忘れない男だ。」

ストーン氏が答えようとすると、ドアが開き、ディリングヘイムとハイド氏を伴って、評判の高い若い女性が入ってきた。

ハイド氏は「これが観察室です」と言い、「この計画を考えたストーン教授を紹介しましょう」と言った。

ストーン氏は立ち上がり、お辞儀をして、彼女を鋭く見ていた。

彼は彼女の美しさに圧倒されたのか、すぐにテーブルの上に置いてある様々な楽器を見せて説明した。

彼がちょうど分光器を使っているときに、客間の時計が3回鳴った。その声が消えるやいなや、中の椅子に座っていたハンダーソンから、大きな声で心のこもった挨拶があった。

これは、ディリングヘイムがストーン氏の話を中断して、少女にルカフを差し出す絶好の機会だった。彼自身は、博士の小屋のソファに感謝して行くだろう。

彼女は笑顔で彼に感謝し、すぐに彼らは「夜」のために落ち着いたが、船は名前の由来となった流星のように無限の宇宙を進んでいた。

翌朝10時になると、ディリングヘイムはその様子を見ていた。

彼はまず、いつものように、朝の飲み物を鳴らすための鈴の弦に手を伸ばした。半分起きた状態で、呪われた使用人を祝福していたが、すぐに、自分が引いているのが本当に自分の馬具であることに気がつきた。

飛び降りるようにして床に出た。

「そんなことはすっかり忘れていた」と彼は叫んだ。- 立ち上がらなければなりません。頼むよ、熱い髭剃りの水がないんだ。全部が全部、不可能なんだ。」ここで彼の声はうなり声になり、とてもじゃないが再現できないようなプライベートな発言をした。そして、急いで服を着て、髭剃りの水がないにもかかわらず、トイレを済ませた。

客間に行くと、他の人たちが昼食用のテーブルを囲んでいた。

"おはようございます。」 博士は言った。」今日は随分と早く来たね。」

ディリングヘイムは敬礼して座った。

彼らがコーヒーを飲んでいると、教授が立ち上がった。」失礼します。」 "楽器のところに行かなくてはなりません。」と言った。そして、彼は天文台の中に消えていった。

「彼はなんて勉強熱心なんだろう。」と少女は言った。「彼が説明してくれたことをもう少し理解できたらいいのに。」と思った。

「天文学を知らなくても、(a + b)⁶が何であるかを知らなくても、幸せな人生を送ることができます。」

「この地球上でどこに行けるかというと、火星ではないでしょうか?」 エセルは、博士に向かって尋ねた。

「教授の計算によると10日で...」と答えています。ここでストーン氏に邪魔され、まるで箱から出てきたトロールのように天文台から飛び出してきた。

「その人は狂っている!」彼は「我々を破滅させる」と叫んだ。

この奇妙な言葉を残して、彼はロケットのようにドアを出て行き、ランチテーブルをほとんど倒してしまった。他の人たちは茫然と座っていた。最後に、博士が話した。

「彼が的確に表現している自分ではないので、何か問題があるに違いない。」

全員が立ち上がり、ドアから塔へと急いだところで、教授の怒声が聞こえてきた。

不思議な光景が目に飛び込んできた。

レスリーは壁に背を向けて立っており、その前で教授は、野生のズールー族の猿も真っ青になるような、純粋な戦争の踊りを踊っていた。

「あなたは狂っていますか?」 彼は、「自分がすべてを台無しにしていることを知っているのか。我々は救いようがありません・・・。」と叫んだ。

「教授、一体何が起こったのですか?」 と、バード氏は叫んだ。

「天文台に座っていると、突然、窓から光が差し込んでくるのが見える。隕石に光線が当たると、「隕石は方向を変えて、元の軌道とは垂直になる」ということを、ここで彼は無意識に講義の石になってしまったのです。つまり、一瞬にして船と衝突し、我々は救われないまま迷子になってしまうのだ!」

他の人たちは呆然と立ち尽くしていた。教授はこれまで一度も計算を間違えたことがなかったので、これで終わりだ。-

この決定的な瞬間に、ディリングヘイムは自分の能力を発揮する機会を得たのである。

すべての科学的理論の前では、彼はむしろ理解できない存在であったが、ここでは現実的な事例である。数年前、南洋に遠征した際に氷山に衝突して、自分も仲間も壊滅の危機を免れた時のことを思い出した。

今では彼だけが大人になっていた。混乱の中で、誰も電気を消すことを考えなかった。彼は落ち着いて手を伸ばし、コードを引き寄せた。やがて、大きなアークランプが消えた。その1、2秒後には音がして、船全体がギシギシと揺れた。

"全ての神々は我々と共に!" とバード氏は不本意ながらも叫んだ。

それからの数分間は、深い沈黙が続いた。驚いたことに、何も起こらなかった。

レスリーは「舵が狂ったに違いない」と言った。

技師はスピーカーのところへ行った。

「エンジン始動!」と叫んでいた。

しばらくして、エンジンの音が聞こえてきた。

「それは良い! もう一回止めて!- 神様ありがとうございます。ネジは大丈夫ですよ」と安堵していた。

「教授のネジが1本も壊れていないことを祈ります」とディリングヘイムは言った。

そのように思えたのは、衝撃音が鳴ったとき、ストーン氏が立ち上がり、よろめきながらドアから出てきたからである。

「降りて行って見てみよう」と博士が言った。

驚いたことに、ストーン氏は居間に座り、健康でよく休んでいて、若い娘と深く話していた。他の人が入ってくると、すぐに話を切り上げて別の話を進め、すぐに立ち上がって観察室に入っていった。

慌てて後を追うと、彼は顔を手で隠して机に座っていた。

扉が閉まると、彼は姿勢を正して入館者に向かっていった。

「理解できない」と額に手をやりながら、「彼女とこの相続について話していたんだ。」と言った。

バード氏は興奮気味に、「さて、何か興味あることを学んだか?」と尋ねた。

「このいとしさを聞いたんだよ。私は彼女に、彼がおじさんを継ぐことになったのかどうか教えてくれと頼んだ。」

「そして彼女は何と答えたのですか?」

「彼女は確かに "ノー "と答えた」とストーン氏は言う。

博士は首を横に振った。

「最も複雑な問題だ」と彼は言った。「しかし、教授! 哀れな少女のためにできることをし、再び地上に戻ってきたら彼女の無実を証明するために戦うことをお互いに約束しよう。」

ストーン氏は手を差し出した。バード氏はそれを握りしめ、2人は互いの目をじっと見つめ合った。

その後、博士は他のメンバーと合流した。

しばらくして、教授も現れた。

「私は、あなたがそんなに計算が得意だとは思わなかったよ。」ディリングヘイムは椅子に座って、「流星が光から逃れたなら、あんなに急いで流星の式を解くことはできなかった」と言った。

「数式」と聞いて、ディリングヘイムは驚いた。「私は数式など作っていない。流星を引き寄せる光の話を聞いたのです。だから、誰でもオフにできます。」

「間違った! 全くの間違いです。結果はたまたま正しかったが、あなたの理論はすべて間違っています。彼ら...」とストーン氏は言った。

「肝心なのは、我々が無事に脱出できたということです。」

ストーン氏は何かをつぶやいていたが、彼が「言葉の戦い」を放棄する気がないことは明らかだった。喧嘩が収まったのは、若い女性の働きかけによるものだった。

翌日からは、新しい環境にも徐々に慣れ、いつも通りの生活ができるようになった。肝心な時に突然現れた少女のおかげで、既知の世界から未知の世界への移行がスムーズに行われた。

彼らは皆、彼女のことで頭がいっぱいで、今もそうだが、薄い金属の壁で隔てられているだけで、四方八方から押し寄せてくる重苦しい不安を忘れてしまっているようだった。

外の寂しさ、寒さ、暗さが濃密なベールに包まれたように目の前にあり、何かがあると分かっていても、それを考えようとしなかった。何も起こらず、順調に進んでいれば、何も恐れることはない。そして、万が一のことがあれば、すべての救いの希望は取り返しのつかないことになり、絶対に無駄になってしまう。-

11日目には全員が立ち上がった。ハイド氏自身も操縦室で舵輪を握っていた。他の人たちは待機していた。教授はクロノメーターを手に持ち、秒針の進み具合を熱心に見ていた。

「今だ!」彼は突然叫んだ。

「出力全開!」ハイド氏は機械に向かって叫んだ。

「後退!」ストーン氏が叫んだ。

技師がホイールを回した。それが船全体に衝撃を与え、全員が転倒してしまったのだ。ストーン氏は瞬時に立ち上がった。

「前進!」と叫んでいた。

そして、再びホイールを回した。一瞬の静寂の後、スクリューが回転する深い音が聞こえてきた。

ストーン氏はホッと一息ついた。

「遂に来た!」彼は「今、我々は火星にいるんだ!」と叫んだ。

訳注[編集]