飛行船に乗って火星へ/第13章

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動



第13章
野生の狩猟
[編集]

「我々の絶望的な状況を知らないのか?」 ディリングヘイムがいなくなって3日目の夜、ストーン氏は仲間にこう言った。

「我々は3月13日の地球時間の後に今日を書いています。3月14日の木曜日には、順調にいけば7時ちょうどに火星を出発し、出発点に着陸することになります。その時までにディリングヘイムが来ていなければ、彼は残らなければならない。」

ハイド氏は「ここにいなければならない、つまりストーン氏のことですね」と言った。

「一人の人間の愚かさのために、ここでの研究成果、そして私の過去の人生におけるすべての労苦と努力が破壊されるのは、私には耐えられない。成功してもしなくても、科学的にはほとんど、というか全く重要ではないこのような事業に乗り出すことを、私は彼が去る前に警告した。そして、何時に出発するかをしっかりと伝えた。自分に降りかかることの責任は自分だけにあり、すべての人は自分の行動の結果をどこにいても背負わなければならない。」

「私にとってディリングヘイムは、これまで善悪を共にしてきた仲間であり、もし彼が死んだことを知らずにここを去るとしたら、私は生涯彼の死に罪悪感を抱くことになるでしょう。あなたは研究成果を失うとおっしゃいますが、私と私の飛行船が地球に戻れば待っている名誉と富を放棄することが簡単だとお考えですか?私は若くて野心的なので、人生とその誘惑を捨てなければならないのは決して容易なことではありませんが、同志の臆病さと惨めな欺瞞によってそれを買うことは、私にはできません。残ることが我々の義務だと思っている。」

ストーン氏は、自分自身との闘いのようだった。」ディリングヘイムを見捨てるのは、私にとってとても辛いことだと思いませんか...... "と口ごもったが、それを遮ったのは、二人と一緒に青ざめて静かに座っていたエセルであった。

彼女は祈りに満ちた表情で立ち上がり、ストーン氏のところに行って、彼の片手を両手で挟んだ。

「親愛なる教授、彼女は優しく言った。「問題をひっくり返してみてください。我々は遠足に来ていますが、あなたは見たこともないような素晴らしい蝶に出会っています。あなたはそれがどうしても欲しい、手に入れなければならない、それは気まぐれな翼であなたの前に誘惑的に飛んでくる、その翼は金のように輝いている。レスリーはあなたを助けることを申し出たが、あなたはあえて彼にそれを捕まえさせない。残った者に船に戻るように言うと、すぐについてくる。我々はあなたに従い、あなたは狩りを続けますが、迷子になったり、洞窟の住人の手に落ちたりします。なんとか解放されたが、1時間遅かった。船と仲間に会えると思って急いで行ったのに、何があったんだ?糧食、武器、必需品、そして友人からの手紙、別れを惜しみ、自分の不幸は自分のせいだと知らせるもの。じゃあ、我々のことをどう思っているんだろう?」

それまで冷静に話していたエセルは、涙を流しながらストーン氏の手を離し、激しく動揺した状態で話を続けた。

「しかし、それではダメだ。聞いての通り、ハイド氏はここに留まるだろうし、ディリングヘイムもそうだろう。私は彼と一緒にいたいが、これ以上地球に降りてこなくても、失うものはほとんどない。」

ここで彼女は両手で顔を覆い、心の喜びに涙を流した。

その言葉を聞いたストーン氏は、目に見えて衝撃を受けた。

ざわめきが起こり、それをレスリーが遮った。

「提案してもいいですか?みんなで好きなものに投票して、それぞれが自分の信念を貫けばいいのではないでしょうか?- 私は技師と一緒にいます!」

「私も残って主人を待ちます!」ハンダーソンが口を挟むと、ビルは「仲間から離れない。」と宣言した。

続いて、穏やかで抑制された博士の声が聞こえてきた。

「はい、そうしましょう。帰りなさい 帰りなさい、教授。帰って、祝ってもらって、大英博物館で、科学のために帰った一人の男と、友達のために残った6人の男と一人の女について講義してください。」

「私は船を操縦できません。」とストーン氏は低くつぶやいた。

「すぐにわかるよ」とハイド氏が答えた。

しかし、エセルと博士の言葉が心に響いた。

「私は留まるだろう。」ストーン氏は言った。

「ありがとうございます、教授」とハイド氏は手を差し伸べた。

ストーン氏は「ああ、お願いします」と短く言って、差し伸べられた手を取らずにハッチの中に消えていった。

この戦いが続いている間、問題の1つは滴石の洞窟に横たわっていたが、これは不吉な生物の住処になっていたことを示している。

真っ暗闇の中に横たわっていたが、周りでは単調に降ってくるドラゴンの水しぶきが絶え間なく聞こえ、鍾乳洞に違いないと確信した。

彼自身はかなり乾いた場所に寝ていたので、非常に長い間隔でしか龍が降ってこなかった。

どのようにしてそこにたどり着いたのかはわからなかった。

気を失っていたのか?このような鉄のような強さを持つ男のことを、ほとんど馬鹿にしていた。

眠っていたのだろうか。その方が合理的だった。獣の捜索は非常に骨の折れる作業だった。しかし、どのくらい眠っていたのだろうか。彼にはわからなかった。彼は信じられないほど空腹で、喉が渇いていた。

少しずつ記憶が戻ってきた。彼は大きな森を通って、火星人の生き物がたくさん集まっている場所に連れて行かれ、そこで彼らの中に寝かされ、彼らはおしゃべりなオウムのように、ときにはゼーゼー、ときにはシュワーッと叫んでいた。

しかし、どのようにして洞窟に降りたのかは覚えていない。

洞窟の中はまだ暗く、昼と夜の区別がなかったので、どれくらい寝ていたかはわかりなかった。

一つだけわかったことがある。それは、自分が異常に狡猾な方法で縛られているということだった。

両手首には、短い紐を挟んだカフのようなものが付いていて、この紐は少し伸ばすことができるが、手首のバンドは伸びない。足も同じように縛られていた。そのため、彼は強いバンドを緩めることを諦めなければならなかった。

その後、彼は再びじっとしていたが、空腹と渇きに悩まされ、その度合いは増していった。

それは松明を持った「人」が洞窟に入ってくる音だった。さらに俵に火をつけ、洞穴の反対側から大きな石を転がして煙を出した。

やがて、彼の目の前で繰り広げられている異様な光景がはっきりと見えてきた。

この一団の中にはかなりの数の、より小さいがより難しい生き物がいた。ディリングヘイムは彼らが女性であることを確信していたが、彼らは皆、優雅でぐにゃぐにゃの布でできた、ぴったりとした水着のような形の同じ服を着ていた。

大人のモンスターを忠実に再現した子供たちもいたが、彼らの虚ろな目には表情がなく、態度にも子供らしさがなかった。

彼らが持っていたのは、彼が火星での最初の狩りで殺したような動物だった。驚くべき速さで皮を剥ぎ、大きな破片を切り取って大きなフォークに乗せ、火の上に置いて何度も何度も回す。ある者は大きな粗いボウルに水を入れて持ってきたし、ある者は梨の形をしているが、ほとんどザクロのような形をした果物を持ってきた。

大人たちが食べ終わると、ディリングヘイムが横たわっている場所からは見えない別の通路に移動していった。誰も彼を見ていない。子供たちは、その豊かな食材に身を投じ、殴る蹴るを繰り返して大きな破片を手に入れようとした。

このような食料争奪戦の最中に、大きな燃える木の塊がバアルから押し出され、ディリングヘイムに向かって直進してきたが、彼は努力の末、手と足の間のバンドを焼かれることに成功した。

慎重に立ち上がり、手足の感覚が戻ったところで、洞窟の床に転がっていた奇妙な果物をこっそりと2つ取った。酸っぱくてさわやかな味だったが、空腹を満たすことはできなかった。彼が人間に戻るためには、肉を食べ、水を飲まなければならない。

彼はバアルに近づき、小さなモンスターのそばに転がっていた良い肉を手に取った。

彼はそれを美味しそうに食べ、お椀の1つを飲み干した。

子供たちは彼を発見したのか、じっと座って硬い丸い目で彼を見つめていた。

ディリングヘイムは満足すると、食事中に座っていた岩の上から勢いよく立ち上がり、入り口に向かって全力で走っていった。

ディリングヘイムが再び日の当たる場所に出た瞬間、洞窟の中から恐ろしい遠吠えが聞こえてきて、必死の追跡が始まった。

彼の前には毛むくじゃらの平地が広がっており、ディリングヘイムは肘を脇に押し付け、頭を後ろにして敵の前に逃げ出した。

そのうちに溝が現れ、そこに飛び込み、落ちて、また立ち上がり、反対側に向かって疾走した。

追いかけてきた人たちは、すぐに追いついてきた。2人が倒れ、1人が起き上がり、もう1人は吠えていた。

そして、その先へ。ディリングヘイムはさらに前進していたが、平原が低くなり、低木地帯が目の前に広がっていた。火星人は勝利の雄叫びを上げた。今の敵は十分に安全で、藪の中ではすぐに逃げられないだろう。

ディリングヘイムはできるだけ早く雑木林にたどり着き、追っ手から身を隠せる場所を探そうとしたが、追っ手は彼の考えを察したかのように歩調を速め、彼が森にたどり着いてから1分後、最初の敵が密集した雑木林に入ってきたところで枝が折れた。

ディリングヘイムは木の根や切り株に何度も躓き、硬い草や低く垂れ下がったクリーパーが彼の行く手を阻み、一方、追手はこの場所を熟知しているため、あらゆる困難を回避する術を知っていた。

そして、ついにディリングヘイムがやや広い狭い道にたどり着いたとき、彼らは彼のすぐそばにいた。その時、雑木林の中から重たいギャロップが聞こえてきて、木の幹の間から、軽蔑するような顎と輝く目を持った怪物のような人物が出てきた。それは彼の獲物だった。怪物だ。

何というか、運命的なものを感じますよね。

獣は真っ直ぐに突進してきて、その後ろには追っ手がいる。両サイドのクレストが近すぎて、彼が侵入することはできなかった。彼は一瞬、立ち止まった。怪物に降伏するべきか、それとも獣に踏み潰されるべきか。

彼が行動を起こす前に激しい衝撃を受けた。大きな獣が彼に近づき、低くなった額が彼を恐ろしい力で叩き、彼は空中に投げ出され、太くて広い背中に着地した。

動物にしがみつき、長い剛毛を掴んで体を支えるだけの力が残っていた。

轟音がして、敵の塊が船首の波のように2つに分かれているのが見えた。

そして、目を閉じ、歯を食いしばり、手足を使ってしがみつきながら進んでいった。

枝が顔に当たり、服がはためき、遠くから火星人の遠吠えが聞こえてきた。

すぐに森が見えてきた。

黄昏が訪れ、夕方になろうとしていたが、彼の恐ろしい猛獣は衰えることなく歩みを続けていた。

前方に赤黄色の炎が煙の柱に囲まれているのが見え、雷のような轟音が聞こえてきた。

それは魔女の大釜だった。ディリングヘイムは自分がどこにいるのかを知った。彼らは、船が置かれている谷間を囲むように急峻な崖がある台地にいた。

彼は新たな恐怖に襲われた。

怯えた動物は、当然のことながら、目的もなく走り出し、真っ直ぐに奈落の底へと向かっていくのだが、今はそこから何百ヤードも離れていない。

その動物はスピードを落とさず、どうすればいいのか。

彼はふと、捕まった時に持っていたリボルバーを思い出した。

奪われてしまったら、もう終わりだ。

片手で動物を掴んでいたのを解き、コートの外側を触ってみた。何もなかった-はい-それはあった。しかし、オンドリはベルトに巻き込まれたに違いありません、それは解放されるべきではなかった。

彼は引き裂いて滑ったが、服は強すぎた。

あと半ヤードしかなかった。

額には汗が滲んでいた。「エセル! エセル!」と呟いていた。

今ではわずか数メートル。

衣服が翻り、リボルバーが出てきて、立て続けに2発の銃声が鳴り響いた。

怪物はよろめき、倒れ、地面に沿って流され、断崖絶壁に頭をつけて横たわっていた。

Frelst!

解放されたディリングヘイムは、しばらく呆然と立ち尽くしていたが、もう時間がないということで、先に進むことにした。

彼が立っていた場所は、崖が急すぎて下れなかったので、彼は断崖絶壁に沿って歩き、急ではあるが、多くの突起物があるので、冒険することが可能な場所にたどり着いた。

慎重に、ゆっくりと、そして無限の困難を乗り越えて、彼は下降することに成功した。しかし、見捨てられ、疲れ、そして惨めな彼は、その後何時間も船にたどり着くことができなかった。その時はかなり暗かったので、不屈のレスリーがライトボックスを使っていなければ、彼はそこにたどり着けなかっただろう。

よろよろと甲板に上がると、仲間たちが歓声を上げて迎えてくれた。

彼はまっすぐにエセルのところに行き、彼女にお辞儀をしようとしながら、彼女の足元に2つの丸い、負荷のかかった、血の出た皮膚のパッチを置いた。獣の耳である。

そして、ストーン氏に向かって問いかけた。

「私は間に合っていますか?」

ストーン氏が言うには、「あなたは1時間遅れで、ここから出ようと思うのは15年後になるでしょう」とのこと。

と言って、踵を返して塔に入っていった。

ハンダーソンが駆けつけてくれなければ、ディリングヘイムは茫然自失となり、よろめきながら倒れていただろう。

「この人は運動と空腹と喉の渇きでかなり消耗しているのがわかるだろう、一刻も早く下に降りて治療を受けなければならない。」

そう言って、博士とハンダーソンはディリングヘイムを客間に案内し、エセルとハイド氏もそれに続いた。

レスリーはホームに一人残された。彼は空を見上げ、その目は星の間をさまよっていた。その中でも特に大きな明るい星があり、その星を見つめていた。それは空の低い位置にあり、ほとんど視界の端にあった。彼は思わずため息をついた。ストーン氏は以前、「家に帰れるのは15年後だ」と言っていた。彼にとっては、すべてが不思議なことだった。あの小さな光の点が、本当は地球全体のものであるはずだ。突然、低い雑木林から聞こえてきた嗄れた鳴き声が、彼の考えを遮りた。彼は手すりを握り、身をかがめて暗闇を見つめていた。100メートルも離れていないところに火星人が立っていて、船を見つめている。続いて、もう一人、そしておそらく一人。瞬間、彼らの群れができた。彼は塔に行き、ドアを開けた。

"彼らはそこにいる" "火星人だ!"と叫んでいた。2分後には全員が甲板に出てきた。

訳注[編集]