飛行船に乗って火星へ/第12章

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動



第12章
奇妙な発見 ディリングヘイムの冒険
[編集]

火星人の追跡を逃れた翌日、彼らは視界の端から端まで一直線に伸びる広い森の渓谷の真ん中に、良い降下場所を見つけた。 側面は険しい岩の壁で囲まれていた。 翌朝には、バード氏、ストーン氏、ディリングヘイム、レスリーの4人が参加する新しい小旅行が計画された。最後の最後に、不屈の精神を持つエセルが志願して参加することになりた。ディリングヘイムにとっては喜ばしいことですが、ストーン氏にとってはもっと悔しいことだった。 今回の旅は、これまでのように森の中を通るわけではなかったので、教授には不満があったのかもしれません。 しかし、あまりにも急で通れなさそうな丘を越えるため、レスリーは一行にロープと鶴嘴を用意し、正式な登攀を試みた。 ハイド氏と残った3人に別れを告げて、彼らは出発した。 最初の1マイルは比較的簡単だったが、渓谷の側に近づくにつれ、侵入するのが難しくなってきた。 火山活動の痕跡が色濃く残るこの地域では、大きな岩があちこちに散らばっていたり、溝があったりして道が塞がれ、鍬やロープを使って橋をかけなければならなかったのである。 ディリングヘイムは、エセルが男性と同じように早く立ち直れるようにと、手助けをしてくれた。 進めば進むほど、地下の轟音がはっきりと聞こえ、岩の裂け目からは煙の柱がいくつも出ていて、空気中にはかすかな硫黄臭が漂っていた。 ストーン氏は、ピックで岩を叩いた。 それは、空洞でブーイングのような音だった。 ここは、液体のマグマが染み出した、固まった溶岩の薄い殻の上であることは明らかだからだ。 足の感触を確かめながらゆっくりと進み、一歩ごとにかかとで岩を叩いていく。

この方法では、鍬の打撃で壊れた薄い覆いの間から落ちるのを何度か防ぐことができた。

遂に、森の上に垂直にそびえ立つ大きな崖にたどり着いた。それを乗り越えるのはとても無理なので、この小旅行はここで終わりにしようと思っていたが、ストーン氏が他のメンバーの注意を引いて、彼らが立っている場所から数ヤードのところにある崖の大きな裂け目を見つけた。

「トラブルに巻き込まれないようにしたい。もし、その散歩がブラインドで終わったらどうする?」と、バード氏は言った。 「それでは引き返さなければならない。しかし、他の手段では先に進めないので、試してみる価値はある。」とストーン氏は言った。

洞窟に入ると、かなり高い位置にある長い通路で、暗い半闇の中にいた。

通路はあちこちに曲がっていて、時には巨大なトンネルになり、時には四つん這いになるほど狭くなっていた。

入り口では新鮮で冷たかった空気が、だんだんと温かくなり、さらに奥に行くほど明るくなっていくのには驚かされた。

続いて、「これで横の通路に出た」と、ストーン氏はまだ先導していた。角を曲がったところで、驚きの声を上げた。

彼らは皆、彼のもとに駆け寄り、驚きと感嘆の声を上げた。

彼らの目の前には、長くて広い、高い通路があった。100メートルほど離れた通路の反対側に、巨大な釜があり、沸騰しているように見えた。

強烈な炎が次々と上がり、赤から黄色、そして紫へと変化している。恐ろしい空洞がうめき声を上げ、通路や洞窟の色とりどりの石が輝く光に照らされてキラキラと輝いている。

猛烈な暑さにもかかわらず、遠く離れていても、今までに見たこともないような壮大で魔法のように素晴らしい光景に、しばらくの間、皆が見とれていた。

彼らの中で最も平凡な性格のストーン氏が、まず沈黙を破った。

「今我々は進まなければならない!」彼は命じた。

しかし、言うは易く行うは難しであった。これまで辿ってきた道は、バード氏が恐れていたように行き止まりで、長い探索の末にようやく通れる道を見つけた。

やや急な上り坂ではあったが、30分ほど歩くと広い空の下に出た。今、彼らは急な斜面に沿って広がる森に覆われた広い台地にいる。

このようにして、彼らは森の中をどんどん進んでいった。木々はいたるところでクリーパーの鎖で覆われ、林床は柔らかい草で覆われていた。

大きな虫や蝶が群がってくると、ストーン氏とバード氏はすぐに網を出して、野生の狩りが始まった。

レスリーは全力で協力したが、ストーン氏は釣った標本をすべて処分したと言っていた。

エセルとディリングヘイムは静かに並んで歩いていた。

エセルは時折、大きな着生植物から花を摘んでいた。ディリングヘイムは、今こそ自分がどれほど彼女を大切に思っているかを伝える絶好の機会だと考えていたが、すぐ近くでストーン氏の声が聞こえた。

ディリングヘイムは草木をかき分けて「さあ、他の人から身を隠そう。」と言った。

彼女は微笑みながら彼の後を追いかけたが、葉っぱが後ろに閉まったとき、驚きのあまり立ち止まってしまった。

彼らは、20フィートほどの大きさの丸い場所に入ってきた。

そこには植物の痕跡が全くなく、柔らかい草が垂れ下がった蔓の下で足元を支えていた。

白骨化した骨が、広場全体を厚く覆っている。

しかし、彼女が最も注目したのは、広場の中央だった。

ここには、大きなココナッツほどの大きさの丸い石が置かれていて、暗闇の中で燐のように淡い光を放っていた。

エセルは近くに行こうとしたが、ディリングヘイムがそれを止めた。

「ここにいてください。あの骨が全部見えますか?石に近づきすぎた動物や地球上の生き物のもののようです。」と言った。

エセルは息を呑んだ。「誰があの石を丸い広場の真ん中に置いたのですか?」と聞いてきた。

「誰もやっていません。」というストーン氏の声が背後から聞こえてきた。

ディリングヘイムは悩んでいた。いつもストーン氏はエセルと彼を邪魔していた。

不機嫌そうに答えていた。

「天からの声を聞く宇宙体だ。」とストーン氏が教えてくれた。

「でも、どうしてこんな小さな丸い場所の真ん中に落ちてくるんだろう、不思議ですよね。」とエセルが尋ねた。

「あなたは原因と結果を混同していますよ、お嬢さん。その石は何らかの方法で森に落ち、その放射性物質によってすぐ近くの植物の成長が不可能になった。」とストーン氏は言った。

「でも骸骨はどうなのですか?」とディリングヘイム氏が尋ねた。

それを受けてストーン氏は、網の柄を輪の中に突っ込むと、黄色い竹の杖がゆっくりと焦げていくのを見た。

ディリングヘイムはリボルバーを抜き、岩石に狙いを定めた。

「気が狂ったのか?自分が何に晒されているか分かっているのか?」 ストーン氏は叫んだが、彼がディリングヘイムを止める前に銃声が響いた。

炸裂音がしたかと思うと、石や砂利、骨の破片などが乱舞し、彼らの上に降り注いだ。丸い岩石は消えていて、周囲数メートルにわたって、激しい砲撃を受けた後のように大地が乱れていた。

ディリングヘイムは「これで悪魔はもう悪さはできない」と言った。

ストーン氏は広場を横切り、身を投げ出して、岩石が置かれていた場所を拡大鏡で調べた。

「跡形もなく、全部粉々になってしまった」と呟きながら、小さな不格好な塊をディリングヘイムの足元に投げつけた。

「それは何ですか?」 と後者に尋ねた。

「それはあなたの砲塔です」とストーン氏は答えた。

そして、再び虫眼鏡を使って作業を始め、バード氏とレスリーが到着してから、彼を取り除くことに成功したのである。

帰り道を考えた二人は、火山の中の道を避けて渓谷に降りられる場所を探して、急な坂道を何度も歩いた。

下り始めるまでに長い距離を歩かなければならなかったが、これが非常に困難で、ようやく谷間に降り立ったときには、出発点から遠く離れてしまっていた。

森を抜けて、できれば暗くなる前に船にたどり着くしかないのである。

ディリングヘイムはまたしてもエセルの背後に回り込み、今度はアルヴォルに違いない、と思ったのだ。木々を見上げ、それが役に立たないので地面を見下ろすと、そこには自分の温かい気持ちの対象を一瞬忘れてしまいそうなものがあった。

彼らが歩いていた道を横切るようにまっすぐ進むと、今まで何度も無駄にしてきた動物のはっきりとした足跡があり、しかもそれはとても新鮮なものだった。

ストーン氏に声をかけたが、ストーン氏は奇妙な石に思考の糸を切られてしまい、全く無表情でストーン氏を見つめるしかなかった。ストーン氏は、ディリングヘイムが怒って彼の腕を取り、地面を指差しながら、自分が話しかけられていることに気付き、怒ってどうしたのかと尋ねた。

「怪物の新しい痕跡がある。」とディリングヘイムは答えた。

「それは私にとって何ですか?」 とストーン氏は言った。

「いずれにしても、私には関係があります。」 ディリングヘイムはしっかりと言い、「私はそれに従います。」

「しかし、船は4日後の7時ちょうどに火星からここを出発することになっており、我々と一緒に行きたければそれまでに戻ってこなければならない。」

エセルはとても心配していた。

「獣を追いかけて一人で出かけるのはやめた方がいい。どんな危険に遭遇するかわからないし、仮に時間に戻ることができなかったとしたら?」 と心配そうに言っていた。

ディリングヘイムは微笑んだ。「私は武器を持っていますので、私のことは心配しないでください。見ての通り、痕跡は非常に新鮮です。追跡は明日の朝を越えられないでしょう。実際、私はそのずっと前に戻ってくるでしょう。」

「同行してもいいですか?」 レスリーが尋ねた。

ディリングヘイムは首を振った。「もし機会があれば、私はこの動物を一人で狩ろうと決めています。そして、遅くとも明日の朝には、獲物の切断された耳をあなたの足元に置く栄誉を得よう」と、エセルに頭を下げた。

反対を押し切って、彼は席を立ち、木々の間に消えていった。

他の人たちが冒険をせずに船に戻ったように、我々はディリングヘイムが怪物を探す姿を追います。

湿地帯が増えてきて、土が柔らかくなってきたので、トレイルを辿るのが楽になってきた。

沼地はしばらくすると低木に変わり、ここでも踏みつけられた草や折れた枝が道をはっきりと示していた。

彼は1時間ほど地面を見ながら歩いていたが、突然低木がなくなり、代わりに植物はほとんどないが大きな石がたくさんある、太陽の光を浴びた裸の場所が現れた。地面は非常に硬く乾いていて、もちろん跡形もなくなっていた。

歩いてその場所を越えると、そこからまた森が始まり、しばらく探し回った後、偶然にも道を見つけることができた。

そして、谷を越えて反対側に回ったのだ。

また、三方を高い崖に囲まれ、低木が生い茂る丸い場所で止まった。彼がいた4面は、森に向かって開かれていた。

暗くなってきたが、彼は巨像にたどり着いたことを確信していた。軌道から判断して、巨像は崖の壁の向こうの背の高い硬い草の中にあるはずだ。

箱を用意して、彼は数分立って周りを見回した。

その時、彼の目に飛び込んできたのは、自分が立っている場所のちょうど反対側にある、崖の巨大なくぼみだった。

その動物はおそらくそこにいたのだろう。そこでは何かガサガサとした音が聞こえたような気がした。

一歩一歩、慎重に近づいていく。

広場の中央にたどり着いたとき、背後から背筋が凍るような轟音が聞こえてきた。


本能のままに飛び出したが、足を踏み外して銃を落としてしまった。

その瞬間、彼が立っていた場所の草は力強い足で踏みにじられ、嫌な臭いを感じながら、獲物は不器用な疾走で森の中に消えていった。

彼が再び立ち上がってトランクを見つけたとき、怪物は見えなくなっていたが、不器用な足の音が聞こえた。

怒りを抑えるように歯を食いしばって、明るい月明かりの中で一晩中、追跡を続けた。

翌朝、太陽が昇ったとき、ディリングヘイムは小さな低木の丘の上にいて、彼の前の十数キュビトには追われた者が立っていた。

彼は顔をしかめ、緑の目につぶらな瞳をして、激しいランニングで疲れ果て、狙い澄た弾丸の格好の餌食となって立ち尽くしていた。

ディリングヘイムは銃を構え、静かにスタートした。すると、丘の側の草むらでガラガラと音がして、「人」と呼ばれる人影が彼に向かって忍び寄ってきた。

彼は稲妻のような速さで狙いを変え、彼は命を失って倒れた。

2発目のライフルで1人を追い払ったが、さらに多くの人が彼に向かって群がってきた。

彼はリボルバーを取り出した。4発が命中し、2発が通過した後、最も近い敵の前に投げ出され、ディリングヘイムは圧倒されてしまったのだ。

丈夫な木綿で縛って、荒々しく引きずって行きた。

彼は、コートの中の腰ポケットに入れていたもう一丁のリボルバーを必死になって取り出そうとしたが、無駄だった。

闘争で動物が吹き飛ばされたのだ。

今の彼にはどうでもいいことだった。

訳注[編集]