飛行船に乗って火星へ/第1章

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


第1章
計画
[編集]

「教授の手腕には敬意を表しますが、その計画は......まあ、"独創的 "と言ってもいいのではないでしょうか?」

「いいえ、あなた。普通の人間には本当に大胆すぎます!」

「有名な天文学者であるマーカス・ストーン教授が不治の病として精神病院に収容されたという悲しいニュースをお伝えしなければならないことを、私はすでに心の中で理解しています。」

4人目の男性が提案したことに心よく賛同した3人の紳士は、それぞれが全く違う存在だった。

最初に発言したのは、土木技師のジョン・ハイド氏。彼は、いわゆる「真の英国人」で、静かで控えめな人だった。彼の顔は、広くて強いあごを持ち、意志とエネルギーを感じさせた。

もう一人の発言者は、明らかに将校であった。健康的で新鮮な色をした丸くて気さくな顔と、強くてしなやかな体は、彼が時間の大半を野外での運動に費やしていることをはっきりと示していた。また、スポーツにも興味があり、スポーツが行われる場所は彼のお気に入りの場所でもあった。それ以外にも、彼はユーモアのセンスがあり、気性も穏やかだった。

友人たちからは「リトル・ディック」と呼ばれていたが、他人に紹介されるときには、海軍の一等中尉、リチャード・S・ディリングヘイムと呼ばれていた。

3人目は、曲がった椅子に座って小柄な体を伸ばしており、ディリングヘイムよりもやや年上だった。彼は、シャープな顔立ちで、金色の眼鏡の奥に明るい灰色の目を輝かせている、威厳のある人物だった。名刺には「Dr. med」と書かれていた。ウィリアム・バード氏、そして彼の名前が他のものであったと考える理由はないのである。

それどころか、マーカス・ストーン教授は、教授であるがゆえに、有名であるがゆえに、そして、最も大きな声を出し、ほとんど息をすることなく、絶え間なく話し続けることができるという理由で、この小さな会社の中で、圧倒的に目立つ存在であった。彼はその優れた能力で科学界では有名であったが、いつも不愉快で、言葉を交わすとすぐにいたずらをするので、恐れられていたのである。

「しかし、火星への航海となると、今のままではとても無理だと思います。それはあまりにも幻想的な考えです。」

「良い天国だ!これはジュール・ヴェルヌの空想ではなく、理論的に解明され、実践的に詳細に説明された科学的な実験であることを、どれだけ説明すればいいのだろうか。しかし、当然ながら一定のリスクはあります。」

「エッフェル塔から落ちるときにも "多少のリスク "はある」と博士は言った。「It's Hip as Hap!」

「でも、ここには分別のある人がいないのでは?」 と、天を仰いだ目でストーン氏がうめいた。

「いや、この計画が正気であれば、我々はバカだ。そういえば、最初からそう言ってくれていたのに、なんで今更?もし我々が死んだら...」とディリングヘイムは断言した。

「それじゃ、科学の犠牲者になってしまうじゃないか」とストーン氏は熱弁をふるった。

「それでは、あなたを信頼していた我々が犠牲になってしまいます。しかし、計画を聞かせてください。批判はその後にしましょう。」とバード氏は言った。

「もちろん、ハイド氏の飛行船を使います。どのような方法かは、これから説明する光栄に浴します。」

ストーン教授は、内ポケットから紙束を取り出して説明を始めた。

「皆さん、ご存知の通り、というか、知っておくべきですが、地球は太陽の周りを楕円で回っています。地球以外にも太陽の周りを回る惑星は非常に多く、その中で最も近いのは火星で、最も近い時には我々から1,500万マイルも離れています。この軌道の原因は、ニュートンの法則で決められている、いわゆる「万有引力」です。このことについては、私一人が詳しく知っているので、これから私の理論を展開していきます。」

「ご存知のように、この引力は電気の単位として定義されています。」

「もう少し大衆的な表現ができないのですか?あとは、惑星が一般的に回っていれば十分なので、理屈は抜きにして頂きたい。どうやって火星に連れて行くつもりなのか、すぐに教えてください。」とディリングヘイムが口を挟んだ。

ストーン氏は、「論理的な展開にはあまり興味がないのか」といぶかしんだ。

「私は、ある一定の位置にある惑星から別の惑星へと電流が流れることを発見しました。両者が異なる位置にある場合、電流は一方から他方へと流れます。地球の中にある電気体は、その質量と地球の質量の比の2乗の3乗に反比例した速度で動くことになります。」

「私の計算によれば、この電力はスタッファ島から発せられ、10月17日に最大の効果を発揮することになります。」

「適当な重さの体があれば、火星との交通が可能になります!」

ストーン氏は黙って周囲を見回した。ハイド氏は紙を持って、このアトラクションのイメージを膨らませていた。ディリングヘイムは、才能があるというよりも、彼の理解を超えていた。

長い沈黙があった後、バード氏が話した。

「それが本当なら、なぜその理論を発表しないのですか?」

ストーン氏は彼に軽蔑の目を向けた。

「私が何でも中途半端にすると思っているのですか?命題があれば、その証明が必要です。私の理論は誰も確認できませんが、もし私が火星に行って帰ってくることができれば、それは紛れもない証拠ではないでしょうか。」

「そうだね、できればね」とバード氏が言うと、ストーン氏は一瞬にして正気を取り戻したような笑顔を見せた。

彼は立ち上がり、「できます!私はできます。あなたとハイド氏とディリングヘイムは私と一緒に来てください。ハイド氏は我々に手段を与えてくれる。」と言った。

「その旅に私の飛行船を使えると本当に思っているのか?」 ハイド氏が尋ねた。

「あなたが残してくれた図面やスケッチを見ると、この船は重量、容積、構造の点で、硬化した鉄板で作られており、私の計画を実行するのに適していることがわかります。約24週間後の9月23日午前1⁵⁷にスタッファから上昇した場合、1日に約1,363,636,₃₆₄マイルの速度で、約11日で火星に到達することができます。4ヵ月後には、2つの惑星が再び離れていくことで、力の向きが逆になります。」

「仮にそれが可能であったとしても、他の理由ではできないでしょう。彼らは、宇宙空間に存在する無限に低い温度を忘れている。大気圏外に出るとすぐに凍死してしまうし、その上、船内の空気をすぐに消費してしまう。」とバード氏は上から目線で言った。

「それらはすべて考慮されています!船と電気部品の摩擦により、内部では18⁷⁶度の温度が発生するという。しかも、この船は25日分の空気を封じ込めることができる構造になっているのです。」と、ストーン氏は語気を強めて誇らしげに語った。

「でも、火星の大気で息ができるのかい?」とハイド氏が尋ねた。

「惑星大気のスペクトル分析に関する私の著作を読んでいれば、第7巻の347ページの下に、火星の大気には地球の大気と同じ物質、すなわち酸素、窒素...が含まれていると書いてあったはずです。」とストーン氏は上から目線で答えた。

「ありがとう!私は確信している。」とハイド氏は言った。

「そしてあなた、博士。他に異議はありませんか? "とストーン氏は尋ねた。

「いいえ、そんなことはありません。私はあなたの計画に完全に魅了されています。」

「順調にいけば、それはそれでいい。名声の分け前を得ることができるし、そうでなければ、前に教授が言ったように、科学の犠牲者になるだけだ。」

「だから、真剣に、皆さん、やってみませんか?」 ストーン氏は厳粛に尋ねた。

「了承した!」と、他の3人は口をそろえて叫んだ。

「別れる前に、時間をかけて荷物の見積もりをしましょう。それに、この船をもっとよく知ったいと思わないかい?」

ストーン氏は座ったまま、ハイド氏に話を任せた。

彼は立ち上がり、一枚の紙を取り出してテーブルの上に広げた。

それは、彼の飛行船を断面で見た単純な絵だった。

「この船は、薄くて硬い鉄板でできていて、現代の潜水艦によく似た形をしています。」とハイド氏。「頂上には甲板(P)があり、そこからドア(D)を通って塔(T)に入り、操舵機構(L)と小型機関銃(K)が設置されている。塔からは階段(6)で内部に降りることができ、2階建てになっています。上の階には、使用人のための大きなハッチ(7)があります。続いて大きな部屋、というか応接室(S)と、ブース(R)を備えた展望室(O)があります。下の階には倉庫(F)、リビングルーム(1、2、3、4)、そして調理場(5)があります。」

「一番船尾にはエンジン(M)があります。船は大きな垂直方向の舵(R)によって操縦され、強力に構成されたスクリュー(Skr.)のシステムによって空中で上方および前方に推進されます。この機械は、石炭で駆動して電気を生み出すのだが、その説明は割愛する。石炭は、空気中の二酸化炭素から得られ、機械自体で石炭と酸素に分解される。このようにして、我々は新しい酸素を得て、それを肺の中で炭酸に「変換」します。非常に独創的な原理ですね。」

周りの人たちもうなずいていた。

「天文台に行って、私がいない間、私の代わりになる新しい助手に天文学を教えなければならないのです。空の旅をしている間も、地球上の科学をおろそかにしてはいけない。月曜日にもう一度ここで会って、さらに計画について話し合うことを提案します。」

3人の紳士はストーン氏に同意し、ストーン氏は短い "グッバイ!"で彼らと別れた。

「彼は偉大な人だ。彼の計画が本当に実行されるのかどうか。火星がどのようなものかを知るのは興味深いことだ。とバード氏は言った。

「この計画を考えただけで気が遠くなりそうだ。私は飛行機で空を飛んだことがあるが、今回、飛行船では宇宙を飛ぶ。- 今の私には理解できないことばかりだ。」とハイド氏は言った。

「もし、あそこでいい狩りができるなら、私は嬉しいよ。幻想的な森の中で、珍しい未知のゲームや、おそらく猛獣のために狩りができることは、戦いと興奮の原因となるかもれない。」とディリングヘイムは言った。

この時、彼は遠い惑星でどんな手に汗を握る戦闘シーンが待っているのかを知る由もなかった。

訳注[編集]