銅板墓誌文禰麻呂、慶雲四年九月廿一日卒在銘

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

原文[編集]

壬申年將軍左衛士府督正四󠄂位上文祢麻

呂忌寸慶雲四󠄂年歳次丁未九月廿一日卆

書き下し文[編集]

壬申年将軍、左衛士府督、正四位上、文禰麻呂忌寸、慶雲四年、歳次丁未、九月廿一日卒える。

現代語訳[編集]

壬申年の将軍[1]や、左衛士府督を勤め、正四位上に叙される文禰麻呂忌寸[2]は、慶雲四年、丁未の年、九月二十一日[3]に亡くなられた。

脚注[編集]

  1. ユリウス暦672年に起きた壬申の乱天武天皇側の将軍であったことを指す。
  2. 書根麻呂のこと。忌寸は八色の姓の一つ。
  3. ユリウス暦707年10月21日を指す。
この文書は翻訳文であり、原文から独立した著作物としての地位を有します。翻訳文のためのライセンスは、この版のみに適用されます。
原文:

この著作物は1925年1月1日より前に発行され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。

 
翻訳文:

原文の著作権・ライセンスは別添タグの通りですが、訳文はクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスのもとで利用できます。追加の条件が適用される場合があります。詳細については利用規約を参照してください。